商品情報

いいねしたくなるものを集めました。

電気ケトル

PTQ-A100とPCK-A080の違いを比較!タイガー電気ケトル口コミや仕様を調査

投稿日:2022年3月9日 更新日:

 

タイガー蒸気レス電気ケトルPTQ-A100とPCK-A080の違いを比較します。

 

安心・安全と使い心地を追求したハイエンドモデルPTQ-A100の口コミや仕様を紹介します。

 

 

PTQ-A100とPCK-A080の違いは

 

PTQ-A100は

温度調節機能がある。

保温機能がある。

簡単にふたが外せます。

お湯漏れ対策がより充実してる。

続けて沸かしやすい。

 

PCK-A080は

価格が安い。

沸とう時間目盛りがある。

 

つまり

PTQ-A100は温度調節や保温ができたり利便性がアップしているのでおすすめです。

PCK-A080は価格と沸とう時間目盛りを重視するならどうぞ。

 

 

PTQ-A100の口コミは

 

お湯が湧いても外側が全く熱くない安全性はとても良く、横倒しになってもお湯が漏れてきません。

湯沸かし速度も文句なく、気がついたら沸いています。というか沸く音も小さすぎて沸いたことに気が付かないレベル。

 

などのPCK-A080の口コミからも期待できます♪

 

 

PTQ-A100の口コミや仕様を含めて詳細は本文をご覧ください。

 

 

 

こちらのリンク先で

PTQ-A100を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

タイガー 電気ケトル 1.0Lサイズ PTQ-A100 オニキスブラック・ルビーレッド・スレートグレー
created by Rinker

PCK-A080を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

タイガー 電気ケトル 0.8Lサイズ PCK-A080 マットホワイト・マットブラック
created by Rinker

PTQ-A100とPCK-A080の違いを比較

 

タイガー蒸気レス電気ケトルPTQ-A100とPCK-A080の違いをそれぞれの良いところを示して比較します。

 

PTQ-A100は

温度調節機能がある。

保温機能がある。

簡単にふたが外せます。

お湯漏れ対策がより充実してる。

続けて沸かしやすい。

 

PCK-A080は

価格が安い。

沸とう時間目盛りがある。

 

 

それでは詳細を確認しましょう。

 

 

PTQ-A100の良いところ

温度調節機能がある

 

取っ手のダイヤルで50・60・70・80・90・100℃の6段階に調節できます。

 

ダイヤルで設定温度を選び、ダイヤルを上から押さえスイッチオンして簡単に沸かせます。

 

保温機能がある

 

アディショナルヒート機能がついていて、設定温度で湯沸かし後、設定温度を下回ったときはヒーターによる約5分間の保温をしてくれます。(50・60・70・80・90℃設定の場合)

 

簡単にふたが外せます

 

イージープルアップ構造なので、ふたとっ手を持ち上げるだけで、簡単にふたが外せます。

 

お湯漏れ対策がより充実してる

 

お湯漏れ対策に追加で「傾斜ふたロック」があって、

 

本体が傾いたり、倒れると、傾斜検知ユニットが働いてふたが開かないようにロックがかかります。

 

続けて沸かしやすい

 

はずすとロックという機能がついています。

 

はずすとロックは、給湯ロックボタンがロック解除状態になっていても、中に水がなくなってお湯を沸かすためにふたを外して給水する際に自動でロックがかかって、そのまま湯沸かしができます。

 

いちいち湯沸かしの時に給湯ロックボタンをロックする必要がないので便利です。

 

PCK-A080の良いところ

価格が安い

 

PCK-A080はPTQ-A100よりも約9千円くらい安い。(2022年3月7日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値より)

 

発売が2019年6月21日のPCK-A080は、より経年変化があることを理解しておいてください。

 

価格はタイミングなどで変動するので、1つの参考程度にとらえておいてくださいね。

 

2022年3月7日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値

PTQ-A100:15,800円

PCK-A080:6,464円(マットホワイト)

PCK-A080:6,501円(マットブラック)

 

沸とう時間目盛りがある

 

これぐらいなら何分というように沸かす時間が推測できる目盛りがついているので便利です。

 

 

 

 

もう一度確認すると

PTQ-A100は温度調節や保温ができたり利便性がアップしているのでおすすめです。

PCK-A080は価格と沸とう時間目盛りを重視するならどうぞ。

 

 

PTQ-A100を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

タイガー 電気ケトル 1.0Lサイズ PTQ-A100 オニキスブラック・ルビーレッド・スレートグレー
created by Rinker

PCK-A080を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

タイガー 電気ケトル 0.8Lサイズ PCK-A080 マットホワイト・マットブラック
created by Rinker

PTQ-A100の口コミについて

 

タイガー蒸気レス電気ケトルPTQ-A100の直接の口コミはまだないです。

 

PCK-A080の口コミをみてみると

 

お湯が湧いても外側が全く熱くない安全性はとても良く、横倒しになってもお湯が漏れてきません。

出典:価格.com

湯沸かし速度も文句なく、気がついたら沸いています。というか沸く音も小さすぎて沸いたことに気が付かないレベル。

出典:価格.com

ほぼコーヒーを淹れる専用に使っています。注ぎ口の形状が細めのお湯が注げるようになっているので重宝しています。沸かして少し水を差して温度を下げて淹れています。

出典:価格.com

割と短時間で沸くし、シンプルなデザインでインテリアにとけ込むし、いい買い物でした。

出典:価格.com

取り外しができるので、中をスポンジで洗う事ができます。

出典:価格.com

 

などがあります。

 

PCK-A080に比べ、PTQ-A100はいろいろ使いやすくなっているので、より良い口コミが推測できますね。

 

 

PTQ-A100を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

タイガー 電気ケトル 1.0Lサイズ PTQ-A100 オニキスブラック・ルビーレッド・スレートグレー
created by Rinker

PCK-A080を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

タイガー 電気ケトル 0.8Lサイズ PCK-A080 マットホワイト・マットブラック
created by Rinker

PTQ-A100の仕様について

 

タイガー蒸気レス電気ケトルPTQ-A100の仕様をPCK-A080と対比して以下の表で示します。

 

 

 PTQ-A100PCK-A080
タイプ電気ケトル同じ
容量1.0L0.8L
材質
出湯方式
温度設定
沸騰時間カップ1杯(140ml):約45秒(室温23℃・水温23℃の場合)
満水:約5分(室温23℃・水温23℃の場合)
カップ1杯(140ml):約45秒(室温23℃・水温23℃の場合)
満水:約4分(室温23℃・水温23℃の場合)
保温機能50℃~90℃
保温時間5分
注ぎ口形状三角口同じ
電源コード1.3 m同じ
湯沸し時消費電力1300 W同じ
消費電力1300 W同じ
目盛付き窓
蒸気レス同じ
蒸気セーブ
転倒湯漏れ防止 同じ
空焚き防止同じ
二重構造同じ
コードレス出湯同じ
カルキ抜き機能
再沸騰機能
節電タイマー
キッチンタイマー
浄水機能
蓋の取り外し同じ
本体丸洗い
コードリール
その他機能給湯ロックボタン
通電⾃動オフ
節電沸とう
注ぎなめらか
傾斜ふたロック
はずすとロック
イージープルアップ構造ふた
アディショナルヒート機能
給湯ロックボタン
通電⾃動オフ
節電沸とう
注ぎなめらか
カチットロック
ワンタッチ着脱ふた
静音設計
サイズ㎜
(幅x高さx奥行)
154x212x264(本体のみ)
154x230x264(電源プレート含む)
143x204x250(本体のみ)
159x220x250(電源プレート含む)
重さ1.1㎏0.85㎏

 

 

 

それでは、その他の主な特徴などを紹介します。

 

スピード沸騰

 

カップ1パイが約45秒でわかせます。

 

 

7つの安心・安全構造

 

転倒お湯もれ防止構造・・・倒れてもお湯漏れを最小限に抑える構造になっています。

給湯ロックボタン・・・ロックすれば倒れても注ぎ口からのお湯漏れを防ぎます。

本体二重構造・・・本体が熱くなりにくい二重構造です。

カラだき防止・・・カラだきを検知して自動オフします。

通電自動オフ・・・設定温度に到達した5分後に自動で通電オフになります。

蒸気レス・・・蒸気を外に出さない構造になっています。

傾斜ふたロック・・・傾斜検知ユニットが働き、ふたが開かないようにロックがかかります。

 

 

注ぎなめらか構造

 

少しの傾きで楽に注げる構造になっています。

 

 

 

まとめ

 

タイガー蒸気レス電気ケトルPTQ-A100とPCK-A080の違いは

 

PTQ-A100は

温度調節機能がある。

保温機能がある。

簡単にふたが外せます。

お湯漏れ対策がより充実してる。

続けて沸かしやすい。

 

PCK-A080は

価格が安い。

沸とう時間目盛りがある。

 

つまり

PTQ-A100は温度調節や保温ができたり利便性がアップしているのでおすすめです。

PCK-A080は価格と沸とう時間目盛りを重視するならどうぞ。

 

 

PTQ-A100の口コミは

 

お湯が湧いても外側が全く熱くない安全性はとても良く、横倒しになってもお湯が漏れてきません。

湯沸かし速度も文句なく、気がついたら沸いています。というか沸く音も小さすぎて沸いたことに気が付かないレベル。

 

などのPCK-A080の口コミからも期待できるでしょう。

 

 

PTQ-A100を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

タイガー 電気ケトル 1.0Lサイズ PTQ-A100 オニキスブラック・ルビーレッド・スレートグレー
created by Rinker

PCK-A080を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

タイガー 電気ケトル 0.8Lサイズ PCK-A080 マットホワイト・マットブラック
created by Rinker

-電気ケトル
-

執筆者:

関連記事

ジャスティン プラス KO49とジャスティン プラス KO34の違いを比較!電気ケトル口コミや仕様を調査

  ティファール電気ケトル軽量シンプルタイプ 1.2L ジャスティン プラス KO49とジャスティン プラス KO34の違いを比較します。   2021年9月からリニューアル発売さ …

PCM-A061とPCM-A060の違いを比較!タイガー電気ケトル口コミや仕様を調査

タイガー電気ケトル 0.6Lサイズ PCM-A061とPCM-A060の違いを比較します。 パーソナルに使えるコンパクト&シンプルデザイン、すぐに沸く、だけじゃない。安全最優先のタイガーケトル<5SA …

PCM-A081とPCM-A080の違いを比較!タイガー電気ケトル口コミや仕様を調査

タイガー電気ケトル 0.8Lサイズ PCM-A081とPCM-A080の違いを比較します。 パーソナルに使えるコンパクト&シンプルデザイン、すぐに沸く、だけじゃない。安全最優先のタイガーケトル<5SA …

PCL-A121とPCL-A120の違いを比較!タイガー電気ケトル口コミや仕様を調査

タイガー電気ケトル 1.2Lサイズ PCL-A121とPCL-A120の違いを比較します。 やわらかなカラーのシームレスデザインで大容量、すぐに沸く、だけじゃない。安全最優先のタイガーケトル<5SAF …

PCJ-A102とPCJ-A101の違いを比較!蒸気レス電気ケトル口コミや仕様を調査

タイガー蒸気レス電気ケトルPCJ-A102とPCJ-A101の違いを比較します。 「蒸気レス電気ケトル<6SAFE+>」シリーズ 容量1L PCJ-A102の口コミや仕様を紹介します。 PCJ-A10 …

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくポチッとね♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村