商品情報

いいねしたくなるものを集めました。

家電

KPC-MA4とKPC-MA2の違いを比較!電気圧力鍋口コミレビュー・レシピを調査

投稿日:2020年7月30日 更新日:

 

アイリスオーヤマの電気圧力鍋のKPC-MA4とKPC-MA2の違いを比較します。

 

KPC-MA4の口コミレビュー・レシピについて紹介します。

 

 

アイリスオーヤマの電気圧力鍋の大容量4.0LのKPC-MA4の発売(2020年8月20日予定)が発表されました。

 

2.2LのKPC-MA2とどう違うか気になっている人がいそうなので比較します。

 

 

KPC-MA4とKPC-MA2の主な違いは

 

KPC-MA4はKPC-MA2(2.2L)よりも大容量になり4.0Lに増えた。

また、自動メニューも65から80種に増えた。

現時点で楽天最安値は、KPC-MA4は21,780円、KPC-MA2は12,800円となっている。

 

 

つまりは

 

KPC-MA4は一度にたくさんの量を調理できてKPC-MA2に比べほぼ倍の3~4人分の料理が作れる、便利な自動メニューも15種類も増え料理の幅が広がった。

それほど場所をとらないので、3人以上の家庭なら、よりおすすめですね♪

 

 

KPC-MA2は、購入価が約9,000円安くなる。

安い方が良い人はこちらをどうぞ!

 

 

 

アイリスオーヤマの電気圧力鍋のKPC-MA4の口コミは8月20日発売以降に少しづつわかってきますが、

今はKPC-MA2の口コミを参考にします。

 

KPC-MA2の口コミは

 

コンパクトでいい。

操作が簡単。

洗うのに手間がかからない。

メニューが豊富で良い。

リーズナブルな価格である。

 

 

など上々ですね、KPC-MA4の口コミが楽しみです♪

 

 

 

こちらのリンク先で

4.0LのKPC-MA4を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

 

2.2LのKPC-MA2を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

KPC-MA4とKPC-MA2の違いを比較

 

アイリスオーヤマの電気圧力鍋のKPC-MA4とKPC-MA2の違いをそれぞれの良い点を示して比較します。

 

 

KPC-MA4はKPC-MA2(2.2L)よりも大容量になり4.0Lに増えた。

また、自動メニューも65から80種に増えた。

KPC-MA4は出力が1000Wになった。(KPC-MA2は800W)

KPC-MA4はKPC-MA2よりも電源コードが1m伸びて2mになった。

 

 

現時点で楽天最安値は、KPC-MA4は21,780円、KPC-MA2は12,800円となっている。

 

 

KPC-MA4の良い点

大容量4.0L

 

ほぼKPC-MA2の倍の調理ができるようになりました。

 

大きさがそれほど変わらないので増えた割には場所もとらないのがいいです。

 

幅が約4cm、奥行きも約4cm、高さが約2cm大きくなっただけなので3人以上の家庭にはよりいいですね。

 

まあ、1~2人の世帯でもたくさん食べる人がいるなら余裕のあるこちらをどうぞ!

 

アイリスオーヤマらしくお客さんの声をとらえて、この製品を発表したのでしょう。

 

自動メニューが80種類ある

 

自動メニューなら、液晶操作で、誰でも、簡単に、調理ができるので種類が多い方が便利です。

 

15種類も増えれば十分でしょう。

 

主に魚介料理が増えている印象ですね。

 

詳細はレシピのところで確認してください。

 

出力が1000Wにアップ

 

KPC-MA2の倍の調理ができるためにも出力もアップしなければなりません。

 

調理のサポートのための必然の出力アップと言えます。

 

KPC-MA4:1000W

KPC-MA2:800W

 

電源コードが長い

 

電源コードの長さが1mから2mに伸びました。

 

これは、ご家庭によるかもしれませんが、電源コードが長いとよりコンセントから離れたところでも使えるので、より使いやすくなりました。

 

KPC-MA4:約2m

KPC-MA2:約1m

 

 

KPC-MA2の良い点

価格が安い

 

いつ買うかどこで買うかで定まらないですが

 

現時点で楽天最安値は、KPC-MA4は21,780円、KPC-MA2は12,800円となっています。

 

約9,000円安いことになります。

 

 

省エネである

 

出力が大きいと加熱が速く重宝する良い面があるのですが、

 

当然のことですが、出力が大きいとその分消費電力が多くなります。

 

消費電力は、KPC-MA4は1000W、KPC-MA2は800Wです。

 

状況に応じて消費電力は変化しているのですが、一応それぞれ1000W、800W常時消費しているとして考えます。

 

また、電気代は、地域や電力の契約などにより変化しますので参考程度のデーターなりますことをご了承ください。

 

1kWhの電気代が20円とすると

 

1時間の電気代は

KPC-MA4:20円
KPC-MA2:16円

 

3時間の電気代は

KPC-MA4:60円
KPC-MA2:48円

 

1日1時間を30日使った場合の電気代は

KPC-MA4:600円
KPC-MA2:480円

 

1日3時間を30日使った場合の電気代は

KPC-MA4:1,800円
KPC-MA2:1,440円

 

1日3時間使った場合は1ヶ月で360円くらいKPC-MA2の方が電気代が安くなります。

 

以上をおおよその目安として考えてください。

 

まあ、2倍の量の料理を作ればそれだけ電気代がかかるのは当然ですけどね。

 

 

 

3~4人の家庭か、たくさん食べる人がいる家庭は迷わずKCP-MA4を選びましょう。

 

 

 

4.0LのKPC-MA4を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

2.2LのKPC-MA2を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

電気圧力鍋KPC-MA4口コミレビュー

 

ここでは電気圧力鍋KPC-MA4口コミについて紹介していきたいと思います。

 

まだ、発売になっていないので、わかりしだいこちらで紹介していきますので、

 

とりあえずは、KPC-MA2の口コミについて紹介します。

 

 

良い口コミ

 

オシャレでキッチンに映える。

コンパクトでいい。

操作が簡単。

お手入れが楽。

洗うのに手間がかからない。

メニューが豊富で良い。

リーズナブルな価格である。

 

 

悪い口コミ

 

フタの置き場に困る。

 

 

確かに、炊飯器なら本体につけたままでいけますが、これは、フタを別のところに置く必要があります。

 

キッチンに余裕がない人には問題かもしれないですね。

 

まあ、どの圧力鍋でも同じことなので、これに限ったことではないですけどね。

 

 

 

KCP-MA2の口コミもいいので、KCP-MA4の口コミも期待できそうですよ!

 

 

 

4.0LのKPC-MA4を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

2.2LのKPC-MA2を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

KPC-MA4のレシピについて

 

レシピについては、オリジナルレシピがほぼ自動調理メニューに連動しているので自動調理メニューについて比較します。

 

KPC-MA4の自動調理メニューは80種類あります。

 

内訳は以下のようになります。

 

肉料理12種類

鶏肉料理7種類

魚料理13種類

野菜料理10種類

カレー3種類

スープ系10種類

鍋料理8種類

スイーツ5種類

その他12種類

 

 

KPC-MA2の自動調理メニューは65種類あります。

 

内訳は以下のようになります。

(ホームページのオリジナルレシピは64種類でした、黒豆が入っていて、白米と玄米が省かれていました。)

 

カレー・シチュー6種類

煮物25種類

米5種類

蒸しもの6種類

スープ8種類

発酵調理5種類

低温調理2種類

お菓子5種類

鍋3種類

 

 

KPC-MA4の自動調理メニューとKPC-MA2の自動調理メニューを比べると

分類はそれぞれで違うのですが

基本的にKPC-MA2の自動調理メニューは全てKPC-MA4の自動調理メニューに含まれています。

 

KP-MA2で「蒸しもの」に分類されていた「ゆで野菜(葉物)」「ゆで野菜(根菜)」がKPC-MA4では「野菜料理」に「蒸し野菜(葉物)」「蒸し野菜(根菜)」として入れられていることが変更点と言えます。

 

 

さて、増えた15種類の料理ですが。

 

肉料理

 

チャーシュー

 

 

魚料理

 

タコのやわらか煮

イカと里芋の煮物

鯛のアラ炊き

イワシの生姜煮

いかめし

 

野菜料理

 

黒豆

五目豆

 

鍋料理

 

しゃぶしゃぶ

キムチ鍋

鍋焼きうどん

みそ煮込みうどん

湯豆腐

 

その他

 

赤飯

炊き込みご飯

などがあります。

 

おいしそうですね。

 

KPC-MA4の仕様について

 

KPC-MA4の仕様についてKPC-MA2と比較するようにして以下の表で示します。

 

 KCP-MA4KCP-MA2
電源AC100V(50Hz/60Hz共用)AC100V(50Hz/60Hz共用)
消費電力1000W800W
最高圧力(圧力鍋)70kPa70kPa
炊飯容量白米6合、玄米4合白米3合、玄米2合
調理容量2.6L1.4L
満水容量4.0L2.2L
自動調理メニュー80種類65種類
手動メニュー圧力調理
温度調理
鍋モード
無水調理
蒸し調理
低温調理
発酵調理
圧力調理
温度調理
鍋モード
無水調理
蒸し調理
低温調理
発酵調理
予約調理12時間後まで設定可能12時間後まで設定可能
保温(自動)
(使用不可なモードあり)
最大12時間最大12時間
お手入れモード30分間、煮沸洗浄30分間、煮沸洗浄
サイズmm
(幅x奥行x高さ)
320x334x232282x286x213
質量4.5kg3.6kg
電源コード長さ約2m(マグネットプラグ)約1m(マグネットプラグ)
付属品電源コード
計量カップ
蒸しプレート
レシピブック
電源コード
計量カップ
蒸しプレート
レシピブック

 

鍋モード:高さが低く抑えられているので、グリル鍋として使用可、鍋料理やチーズフォンデュなどができる。

 

操作はいたって簡単です。

 

 

 

まとめ

 

アイリスオーヤマの電気圧力鍋のKPC-MA4とKPC-MA2の違いは

 

KPC-MA4はKPC-MA2(2.2L)よりも大容量になり4.0Lに増えた。

また、自動メニューも65から80種に増えた。

KPC-MA4は出力が1000Wになった。(KPC-MA2は800W)

KPC-MA4はKPC-MA2よりも電源コードが1m伸びて2mになった。

現時点で楽天最安値は、KPC-MA4は21,780円、KPC-MA2は12,800円となっている。

 

でした。

 

 

つまり、

 

KPC-MA4は一度にたくさんの量を調理できてKPC-MA2に比べほぼ倍の3~4人分の料理が作れる、便利な自動メニューも15種類も増え料理の幅が広がった。

また、電源コードが1m伸びてより使いやすくなっているので、たくさん食べる人がいるか3人以上の世帯なら、よりおすすめですね♪

 

 

KPC-MA2は、購入価が約9,000円安くなる。

安い方が良い人はこちらをどうぞ!

 

 

アイリスなので口コミも上々ですから安心です。

 

 

 

4.0LのKPC-MA4を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

2.2LのKPC-MA2を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

-家電

執筆者:

関連記事

F-VXT40とF-VXS40の違いを比較!加湿空気清浄器口コミ・仕様を調査

  パナソニック ナノイー 加湿空気清浄機F-VXT40とF-VXS40の違いを比較します。   ナノイー 加湿空気清浄機 お子さま応援タイプ F-VXT40の口コミ・仕様を紹介し …

SCD-120PとSCD-130Pの違いを比較!スティッククリーナー口コミや仕様を調査

  アイリスオーヤマ充電式サイクロンスティッククリーナー モップ付きSCD-120PとSCD-130Pの違いを比較します。   アイリスオーヤマ最軽量1.4kgパワフルサイクロンク …

PV-B300HとPV-B200Hの違いを比較!スティッククリーナー口コミや仕様を調査

  日立サイクロン式コードレススティッククリーナーPV-B300HとPV-B200Hの違いを比較します。   自走&2in1タイプのサイクロン式コードレススティッククリーナ …

SRK3621RとSRK36RYの違いを比較!ビーバーエアコン口コミ・仕様を調査

  三菱重工ビーバーエアコン コンパクト高機能モデル 12畳用SRK3621RとSRK36RYの違いを比較します。   ビーバーエアコンRシリーズ12畳用SRK3621Rの口コミ・ …

4B-C10DW3と4B-C10BT3の違いを比較!AQUOS4Kレコーダー口コミや仕様を調査

  シャープAQUOS4Kブルーレイレコーダー 1TBタイプ4B-C10DW3と4B-C10BT3の違いを比較します。   「新4K衛星放送」2番組を含む2番組同時に長時間録画でき …

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくポチッとね♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村