商品情報

いいねしたくなるものを集めました。

テレビ

75M550Kと75M540Xの違いを比較!75V型 4K液晶レグザ口コミや仕様を調査

投稿日:2021年8月8日 更新日:

 

TOSHIBA 4K液晶レグザ 75V型 75M550Kと75M540Xの違いを比較します。

 

放送番組やネット動画、ゲームをさらに高画質に録画画機能も充実してる75M550Kの口コミや仕様を紹介します。

 

 

75M550Kと75M540Xの違いは

 

75M550Kは

より高画質です。

より高音質です。

オートゲームアジャスト機能搭載。

ボイス機能搭載。

より省エネです。

USB端子が多い。

 

75M540Xは

価格が安い。

ダブルウインドウ対応。

より連携できることが多い。

シンクロドライブ対応。

SeeQVault™対応。

 

つまり

75M550Kは高画質・高音質・ゲームの快適性を重視するならおすすめです。

75M540Xは価格や連携機能を重視するのならどうぞ。

 

 

75M550Kの口コミは

 

映画やスポーツなどの鑑賞がメインで画質に拘りがあったり、流行りの有機ELが欲しい方には不向きかもしれませんが、ドラマやバラエティーがメインで普通レベルの画質で、大きな画面でゆったり観たい方にはオススメできるテレビです。

倍速機能はないですが、BSのSTARチャンネルでBad Boys、JSPORTSでバレーボール、GT選手権を見ましたが残像感は感じられませんでした。

 

などの75M540Xの口コミからも期待できます♪

 

 

75M550Kの口コミや仕様を含めて詳細は本文をご覧ください。

 

 

 

こちらのリンク先で

75M550Kを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

TOSHIBA 4K液晶テレビ REGZA 75V型 75M550K
created by Rinker

75M540Xを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

TOSHIBA 4K液晶テレビ REGZA 75V型 75M540X
created by Rinker

75M550Kと75M540Xの違いを比較

 

TOSHIBA 4K液晶レグザ 75V型 75M550Kと75M540Xの違いをそれぞれの良いところを示して比較します。

 

75M550Kは

より高画質です。

より高音質です。

オートゲームアジャスト機能搭載。

ボイス機能搭載。

より省エネです。

USB端子が多い。

 

75M540Xは

価格が安い。

ダブルウインドウ対応。

より連携できることが多い。

シンクロドライブ対応。

SeeQVault™対応。

 

 

それでは詳細をみていきましょう。

 

 

75M550Kの良いところ

より高画質です

 

レグザエンジンZRⅠ

 

進化した高画質映像処理エンジンで、高速レスポンス、ノイズリダクションの進化、36色の多色軸処理、快適な操作性をもたらし、地デジ、4K放送、ネット動画もより楽しめます。

 

新開発の全面直下LEDバックライトを採用しているので、様々なコンテンツをあざやかに高コントラストで楽しめます。

 

高コントラストなHDR映像にも対応しています。(75M540X、65M540X、55M550XはHDR10とHLGのみです。)

 

より高音質です

 

レグザ重低音立体音響システム

 

実用最大出力40Wのマルチアンプで、新開発バスレフボックススピーカー、重低音バズーカなどのスピーカー(合計3つのスピーカー)を駆動し、パワフルで臨場感あふれるサウンドをもたらします。

 

立体音響技術「Dolby Atmos」にも対応しているので、映画館のような迫力のあるサウンドを楽しむことができます。

 

 

75M540Xは実用最大出力26Wのマルチアンプで、スピーカーが2つになります。「Dolby Atmos」にも対応してません。

(65M540X、55M540Xは実用最大出力20W)

 

オートゲームアジャスト機能搭載

 

ゲーム機を接続すれば、自動で機器を判別して、最適な映像をレグザが自動調整し、より美しく楽しむことができます。(機器によっては動作しないこともあります。)

 

自動で設定してくれるのはありがたいですね。

 

ボイス機能搭載

 

テレビに「OK Google!」と話しかけるか、リモコンのGoogleアシスタントボタンを押してからリモコンに向かって話しかけることで、見たいコンテンツを探したりテレビの操作ができます。

 

ネットに接続している必要がありますが、特に追加購入で用意するものはありません。

 

より省エネです

 

75M550Kの年間消費電力量は123kWh/年で、75M540X(133kWh/年)よりも10kWh少なくて済みます。

 

電気料金を1kWh27円と仮定すると、年間電気代は3,321円で75M540X(3,591円)よりも270円安くなります。

 

誤差範囲と言えますね。

 

USB端子が多い

 

75M550K(65M550K、55M550K)にはUSB端子が3つ(録画専用1/汎用2)あります。

 

75M540X(65M540X、55M540X)は2つ(録画専用1/汎用1)なので、1つ同時接続できる機器が増えます。

 

75M540Xの良いところ

価格が安い

 

75M540Xは75M550Kよりも約2万9千円安い。(2021年8月5日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値より)

 

価格はタイミングなどで変動するので、1つの参考にしてくださいね。

 

2021年8月5日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値

75M550K:229,000円

75M540X:199,700円

 

ダブルウインドウ対応

 

放送番組を2番組か、放送番組1番組と外部入力を同時に見ることができます。

 

画面の拡大・縮小は3段階ででき、左右画面の入れ替えも簡単にできます。

 

ただ、4K放送は左のみの表示になります。

 

より連携できることが多い

 

レグザリンク・ダビング

 

75M540X(65M540X、55M540X)に接続したUSB HDに録画した番組を、レグザタイムシフトマシン/レグザブルーレイのハードディスクにダビングしたり、ブルーレイディスクにダビング/ムーブできます。

 

 

レグザリンク・シェア

 

75M540X(65M540X、55M540X)に接続したUSB HDに録画した番組を、別の部屋にある対応したテレビで楽しめます。

 

 

スマートスピーカー連携

 

Googleアシスタント搭載スピーカー、Amazon Alexa搭載デバイス、LINE CLOVA搭載スピーカーのスマートスピーカーに連携でき、スマートスピーカーに話しかけるだけでレグザの様々な操作をハンズフリーで行えます。

 

それぞれが、対応する別売りの機器が必要になります。

 

シンクロドライブ対応

 

テレビスピーカーをレグザサウンドシステムRSS-AZ55と連携してより高音質化できます。

 

レグザサウンドシステム RSS-AZ55
created by Rinker

 

別売りですので、追加で費用が発生します。

 

SeeQVault™対応

 

録画したSeeQVault™対応USBハードディスクを他の対応機器でも使えます。(4K放送はできません)

 

 

 

 

もう一度確認すると

75M550Kは高画質・高音質・ゲームの快適性を重視するならおすすめです。

75M540Xは価格や連携機能を重視するのならどうぞ。

 

 

75M550Kを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

TOSHIBA 4K液晶テレビ REGZA 75V型 75M550K
created by Rinker

75M540Xを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

TOSHIBA 4K液晶テレビ REGZA 75V型 75M540X
created by Rinker

75M550Kの口コミについて

 

TOSHIBA 4K液晶レグザ 75V型 75M550Kの直接の口コミはまだないです。

 

75M540Xの口コミをみてみると

 

綺麗です、これで画質が悪いという人はそういないのでは、有機ELと並べて見たりしたわけではないのでそのあたりには劣るかもしれませんが4KのYoutube動画をみると「おお~」ってなります。

出典:価格.com

音はけっこういい。特にイコライザーで低音全開に調整すればかなり低音もくるし外付けをつけなくてもこれで十分。

出典:価格.com

主にドラマやバラエティー番組を観てるので気にならない。偶にニュースなどでスポーツの動きの早いシーンを観ても気にならない。

出典:価格.com

映画やスポーツなどの鑑賞がメインで画質に拘りがあったり、流行りの有機ELが欲しい方には不向きかもしれませんが、ドラマやバラエティーがメインで普通レベルの画質で、大きな画面でゆったり観たい方にはオススメできるテレビです。

出典:価格.com

倍速機能はないですが、BSのSTARチャンネルでBad Boys、JSPORTSでバレーボール、GT選手権を見ましたが残像感は感じられませんでした。

出典:価格.com

 

などがあります。

 

画質・音質ともにアップしている75M550Kの口コミも良いことが想像できます。

 

 

75M550Kを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

TOSHIBA 4K液晶テレビ REGZA 75V型 75M550K
created by Rinker

75M540Xを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

TOSHIBA 4K液晶テレビ REGZA 75V型 75M540X
created by Rinker

75M550Kの仕様について

 

TOSHIBA 4K液晶レグザ 75V型 75M550Kの仕様を75M540Xと対比して以下の表で示します。

 

 

 75M550K75M540X
画面サイズ75V型同じ
パネル方式4K液晶パネル(全面直下LEDバックライト)4K液晶パネル
画素数(水平×垂直)3840×2160 [4Kパネル]同じ
画面寸法(cm)幅×高さ/対角165.0×92.8/189.3同じ
質量(kg)(卓上スタンド含む/本体のみ)30.0/29.329.5/28.5
消費電力 定格動作時(リモコン待機時/機能動作時)248W(0.5W/21W)250W(0.5W)
年間消費電力量(省エネ基準達成率)123kWh/年(309%)133kWh/年(286%)
チューナー新4K衛星放送 2
地上デジタル 3
BS・110度CSデジタル 3
同じ
映像処理エンジンレグザエンジンZR ⅠレグザエンジンCloud
4K有機ELパネル
4K高画質4Kビューティ4KビューティX
美肌高画質ナチュラル美肌トーン美肌リアライザー
地デジ高画質地デジAIビューティZRⅠ地デジAIビューティX
ネット動画高画質ネット動画ビューティZRⅠネット動画ビューティ
HDR高画質HDRオプティマイザー同じ
HDR対応HDR 10+/HDR 10/HLG HDR/DOLBY VISION/DOLBY VISION IQHDR 10/HLG HDR
広色域復元同じ
カラーイメージコントロール〇36色軸〇9色軸
おまかせオートピクチャーおまかせAIピクチャーZRⅠおまかせAIピクチャー
倍速対応
動画応答性4Kパネル4K ダイレクトモーション120
タイムシフトマシン[過去番組表]
始めにジャンプ
ざんまいスマートアクセス同じ 
タイムシフトリンク同じ
おまかせ録画同じ
USBハードディスク録画「4Kダブルチューナーウラ録」「BSも地デジも3チューナーW録」対応同じ
SeeQVault™対応
簡単連ドラ予約同じ
マジックチャプターWマジックチャプター同じ
スロー再生対応同じ
みるコレ同じ
ゲーム機能瞬速ゲームモード4K瞬速ゲームダイレクト
ネット動画同じ
ボイス機能
レグザリンク・ダビング
家庭内LAN動画配信(DTCP-IP対応)レグザリンク・シェア
家庭内LAN動画視聴(DTCP-IP対応)レグザリンク・シェア
レグザリンク・コントローラ同じ
高速レグザ番組表〇(4K解像度対応)同じ
ダブルウィンドウ
レグザボイス/Alexa機能
スマートスピーカー連携
音響システムレグザ重低音立体音響システムレグザパワーオーディオシステム
シンクロドライブ対応
おまかせサウンド同じ
レグザサウンドプロセスVIR同じ
音声実用最大出力(JEITA)40W (10W+10W+20W)26W (13W+13W)
スピーカー(個数)フルレンジ:2個
ウーファー:2個 
フルレンジ:2個
HDMI®入力端子[1080p(60p/24p)入力対応]4(オーディオリターンチャンネル、コンテントタイプ連動対応)同じ
HDMI®4K入力対応〇[3840x2160:60P/30P/24P 4096x2160:30P/24P] 同じ
ビデオ入力端子(映像入力/音声入力)映像:1/音声:1[L・R]同じ
HDMIアナログ音声入力端子
1(ビデオ入力端子(音声入力)1系統と兼用)
アナログ音声出力端子1(ヘッドホン端子兼用)
光デジタル音声出力端子1同じ
同軸デジタル音声出力端子
外部スピーカー端子
LAN端子[10BASE-T/100BASE-TX]1同じ
USB端子 3(録画専用1/汎用2)2(録画専用1/汎用1)
ヘッドホン端子11(アナログ音声出力端子兼用)
無線LAN内臓IEEE802.11a/b/g/n/ac同じ
ファンレス設計同じ
クリア音声同じ
色温度センサー同じ
付属品単四形乾電池(2本)
レグザリモコン
変換ケーブル(ビデオ入力端子用) 
電源コード
B-CASカード
同じ
転倒防止用クリップ(2本)
転倒防止用ネジ(長2本)同じ
転倒防止用ネジ(短2本)
転倒防止用バンド(2本)同じ

 


それではその他の主な特徴などを紹介します。

 

ネット動画

 

多彩なネット動画に対応しています。

 

 

レグザリンク・コントローラ

 

外部接続機器をレグザのリモコンで操作できます。

 

 

タイムシフトリンク

 

レグザタイムシフトマシンと接続すればテレビレグザのリモコンで操作ができます。

 

まとめ

 

TOSHIBA 4K液晶レグザ 75V型 75M550Kと75M540Xの違いは

 

75M550Kは

より高画質です。

より高音質です。

オートゲームアジャスト機能搭載。

ボイス機能搭載。

より省エネです。

USB端子が多い。

 

75M540Xは

価格が安い。

ダブルウインドウ対応。

より連携できることが多い。

シンクロドライブ対応。

SeeQVault™対応。

 

つまり

75M550Kは高画質・高音質・ゲームの快適性を重視するならおすすめです。

75M540Xは価格や連携機能を重視するのならどうぞ。

 

 

75M550Kの口コミは

 

映画やスポーツなどの鑑賞がメインで画質に拘りがあったり、流行りの有機ELが欲しい方には不向きかもしれませんが、ドラマやバラエティーがメインで普通レベルの画質で、大きな画面でゆったり観たい方にはオススメできるテレビです。

倍速機能はないですが、BSのSTARチャンネルでBad Boys、JSPORTSでバレーボール、GT選手権を見ましたが残像感は感じられませんでした。

 

などの75M540Xの口コミからも期待できるでしょう。

 

 

75M550Kを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

TOSHIBA 4K液晶テレビ REGZA 75V型 75M550K
created by Rinker

75M540Xを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

TOSHIBA 4K液晶テレビ REGZA 75V型 75M540X
created by Rinker

-テレビ

執筆者:

関連記事

2T-C19DEと2T-C19ADの違いを比較!液晶テレビ口コミ・仕様を調査

  シャープ Wチューナー搭載液晶ハイビジョンテレビ19V型 2T-C19DEと2T-C19ADの違いを比較します。   液晶ハイビジョンテレビ DEライン最小の19V型 2T-C …

8T-C70DW1と8T-C70BW1の違いを比較!シャープAQUOS8K口コミや仕様を調査

  シャープAQUOS8K液晶テレビ70V型8T-C70DW1と8T-C70BW1の違いを比較します。   8Kチューナー内臓8K液晶テレビDW1ライン70V型8T-C70DW1の …

2T-C22DEと2T-C22ADの違いを比較!液晶テレビ口コミ・仕様を調査

  シャープ AQUOS Wチューナー搭載液晶フルハイビジョンテレビ22V型2T-C22DEと2T-C22ADの違いを比較します。   液晶フルハイビジョンテレビ DEライン 2T …

75XUC35と75UB20の違いを比較!AIオート機能4K液晶テレビ口コミ・仕様を調査

  アイリスオーヤマ 4Kチューナー内蔵液晶テレビ75XUC35と75UB20の違いを比較します。   アイリスオーヤマ AIオート機能4Kチューナー内蔵液晶テレビ75XUC35の …

8T-C60DW1と8T-C60BW1の違いを比較!シャープAQUOS8K口コミや仕様を調査

  シャープAQUOS8K液晶テレビ60V型8T-C60DW1と8T-C60BW1の違いを比較します。   8Kチューナー内臓8K液晶テレビDW1ライン60V型8T-C60DW1の …

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくポチッとね♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村