商品情報

いいねしたくなるものを集めました。

イヤホン

TE-BD11tとTE-D01tの違いを比較!AVIOT完全ワイヤレスイヤホン口コミや仕様を調査

投稿日:2021年12月9日 更新日:

 

AVIOT完全ワイヤレスイヤホンTE-BD11tとTE-D01tの違いを比較します。

 

ハイエンドモデル凌駕する高音質と豊富な機能。次のステージの完全ワイヤレスのスタンダード、Wハイブリッドシステム搭載 TE-BD11tの口コミや仕様を紹介します。

 

 

TE-BD11tとTE-D01tの違いは

 

TE-BD11tは

より音質がいい。

ノイズキャンセリングがより進化した。

ケース込みの最大再生時間が長い。

イヤホン単体で電源オンオフできる。

サウンドコレクトモードがある。

 

TE-D01tは

価格が安い。

片耳モードがある。

 

つまり

TE-BD11tは音質とNCが進化して使い勝手も向上しているのでおすすめです。

TE-D01tは価格を重視するならどうぞ。

 

 

TE-BD11tの口コミは

 

ノイキャンが欲しい&自然な音質&コスパの良さ&日本メーカーという点で選びました。1万円ちょっとの値段でまあまあキレイな音質で曲を楽しむことができ、デザインも素敵で満足しています。コスパの良いイヤホンです。

コスパ最強、宝石みたいでこの価格帯では最強ノイキャンのイヤホン、イコライザで低音域を強調してあげることをおすすめする。

 

などのTE-D01t口コミからも期待できます♪

 

 

TE-BD11tの口コミや仕様を含めて詳細は本文をご覧ください。

 

 

 

こちらのリンク先で

TE-BD11tを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

AVIOT 完全ワイヤレスイヤホン TE-BD11t ドーンブルー・ダークルージュ・ポーラーホワイト・ディープブラック
created by Rinker

TE-D01tを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

AVIOT 完全ワイヤレスイヤホン TE-D01t ブラック・レッド・ホワイト・ネイビー
created by Rinker

TE-BD11tとTE-D01tの違いを比較

 

AVIOT完全ワイヤレスイヤホンTE-BD11tとTE-D01tの違いをそれぞれの良いところを示して比較します。

 

TE-BD11tは

より音質がいい。

ノイズキャンセリングがより進化した。

ケース込みの最大再生時間が長い。

イヤホン単体で電源オンオフできる。

サウンドコレクトモードがある。

 

TE-D01tは

価格が安い。

片耳モードがある。

 

 

それでは詳細を確認しましょう。

 

 

TE-BD11tの良いところ

より音質がいい

 

 

ハイブリッド・デュアルドライバー搭載

バランスド・アーマチュアドライバーと10㎜ダイナミックドライバーをハイブリッドさせることで、音楽性豊かに、かつ解像度の高い音楽再生を実現しました。

 

ノイズキャンセリングがより進化した

 

Socのグレードアップとエンジニアによる緻密な設定によりノイズキャンセリングの精度がより向上しました。

 

ノイズの低減が最大55dB超にも及ぶ静寂さを実現し、圧倒的な没入感にひたることができます。(TE-D01tは最大50dBでした)

 

ケース込みの最大再生時間が長い

 

イヤホン単体では最大18時間と同じですが、チャージングケースとの併用で、最大60時間の再生が可能になりました。(TE-D01tは最大50時間まで)

 

チャージングケースで持ち出せばチャージするまでかなりの余裕がありますね。

 

イヤホン単体で電源オンオフできる

 

イヤホン単体の電源オンオフも可能なので、チャージングケースなしでイヤホンだけを持ち歩きできるようにもなりました。

 

気軽にかさばらずに持ち出せるのがいいですね。

 

サウンドコレクトモードがある

 

従来の外音取込モード以外に、遠くの声を集音・増幅することが可能な「サウンドコレクトモード」が搭載されました。

 

少しぐらい離れても会話をちゃんと聞き取ることができるのでストレスフリーです。

 

TE-D01tの良いところ

価格が安い

 

TE-D01tはTE-BD11tよりも約4千円安い。(2021年12月8日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値より)

 

価格はタイミングなどで変動するので、1つの参考にしてくださいね。

 

2021年12月8日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値

TE-BD11t:13,860円

TE-D01t:9,801円

 

片耳モードがある

 

通話などの場合、片耳だけ装着しておけば使用することができる「片耳モード」があります。

 

手軽に便利使いできるのでいいですね。

 

 

 

 

もう一度確認すると

TE-BD11tは音質とNCが進化して使い勝手も向上しているのでおすすめです。

TE-D01tは価格を重視するならどうぞ。

 

 

TE-BD11tを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

AVIOT 完全ワイヤレスイヤホン TE-BD11t ドーンブルー・ダークルージュ・ポーラーホワイト・ディープブラック
created by Rinker

TE-D01tを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

AVIOT 完全ワイヤレスイヤホン TE-D01t ブラック・レッド・ホワイト・ネイビー
created by Rinker

TE-BD11tの口コミについて

 

AVIOT完全ワイヤレスイヤホンTE-BD11tの直接の口コミはまだないです。

 

類似のTE-D01tの口コミをみてみると

 

コスパ最強、宝石みたいでこの価格帯では最強ノイキャンのイヤホン、イコライザで低音域を強調してあげることをおすすめする。

出典:価格.com

細かい音までしっかり聞かせてくれるので、こんな音まで入っていたのかと感じられる。

出典:価格.com

私が耳が小さめですが、良い感じにフィットしています。たまに取れそうになりますが一度も取れたことはありません。

出典:価格.com

ケースのしっとり感が気に入っています。かばんに入れて持ち運ぶので、特に問題ありません。

出典:価格.com

ノイキャンが欲しい&自然な音質&コスパの良さ&日本メーカーという点で選びました。1万円ちょっとの値段でまあまあキレイな音質で曲を楽しむことができ、デザインも素敵で満足しています。コスパの良いイヤホンです。

出典:価格.com

 

などがあります。

 

音質・ノイズキャンセリングが進化して、使い勝手も向上していることから考えれば、口コミもより良くなることは間違いないでしょう。

 

 

TE-BD11tを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

AVIOT 完全ワイヤレスイヤホン TE-BD11t ドーンブルー・ダークルージュ・ポーラーホワイト・ディープブラック
created by Rinker

TE-D01tを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

AVIOT 完全ワイヤレスイヤホン TE-D01t ブラック・レッド・ホワイト・ネイビー
created by Rinker

TE-BD11tの仕様について

 

AVIOT完全ワイヤレスイヤホンTE-BD11tの仕様をTE-D01tと対比して以下の表で示します。

 

 

 TE-BD11tTE-D01t
イヤホンタイプカナル型カナル型
ドライバーΦ10mmダイナミック型同じ
ハイレゾ
音質調整・イヤホン探知機能・風雑音抑制モード他搭載AVIOT SOUND MEアプリ同じ
最大入力5V/450mA同じ
防水規格IPX4同じ
バッテリー容量イヤホン片耳85mAh / ケース600mAh同じ
通話時間最大9時間同じ
再生時間最大連続18時間 本体のみ
最大連続60時間 ケース込
最大連続18時間 本体のみ
最大連続50時間 ケース込 
充電時間(イヤホン本体)約1.5時間1~2時間 
急速充電15分で最大3時間再生同じ
対応コーデックAAC, SBC同じ
対応プロファイルA2DP, HFP, HSP, AVRCP同じ
充電ポートUSB Type C同じ
Bluetooth Version5.2同じ
Bluetooth マルチペアリング8デバイス同じ
Bluetooth マルチポイント対応
ノイズキャンセリング〇Wハイブリッドアクティブノイズキャンセリング(マイク4基搭載)〇ハイブリッドアクティブノイズキャンセリング(マイク4基搭載)
外音取り込み機能同じ
Google Fast Pair対応同じ
ゲームモード(低遅延)同じ
片耳モード
操作性(本体:ボリューム調整や再生、停止など)タッチ同じ
ワイヤレス充電(充電ケース)同じ
本体重量不明不明
ケース込重量不明不明
付属品USB Type C ケーブル 1本
標準イヤーピース S/M/L 各サイズ1ペア
ユーザーマニュアル
製品保証登録カード
USB Type C ケーブル 1本
標準イヤーピース S/M/L 各サイズ1ペア
ユーザーマニュアル
製品保証登録カード

 

 

 

 

まとめ

 

AVIOT完全ワイヤレスイヤホンTE-BD11tとTE-D01tの違いは

 

TE-BD11tは

より音質がいい。

ノイズキャンセリングがより進化した。

ケース込みの最大再生時間が長い。

イヤホン単体で電源オンオフできる。

サウンドコレクトモードがある。

 

TE-D01tは

価格が安い。

片耳モードがある。

 

つまり

TE-BD11tは音質とNCが進化して使い勝手も向上しているのでおすすめです。

TE-D01tは価格を重視するならどうぞ。

 

 

TE-BD11tの口コミは

 

ノイキャンが欲しい&自然な音質&コスパの良さ&日本メーカーという点で選びました。1万円ちょっとの値段でまあまあキレイな音質で曲を楽しむことができ、デザインも素敵で満足しています。コスパの良いイヤホンです。

コスパ最強、宝石みたいでこの価格帯では最強ノイキャンのイヤホン、イコライザで低音域を強調してあげることをおすすめする。

 

などのTE-D01t口コミからも期待できるでしょう。

 

 

TE-BD11tを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

AVIOT 完全ワイヤレスイヤホン TE-BD11t ドーンブルー・ダークルージュ・ポーラーホワイト・ディープブラック
created by Rinker

TE-D01tを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

AVIOT 完全ワイヤレスイヤホン TE-D01t ブラック・レッド・ホワイト・ネイビー
created by Rinker

-イヤホン

執筆者:

関連記事

AirPods ProとAirPods 2の違いを比較!口コミレビュー・イヤーチップを調査

    AppleのワイヤレスイヤホンAirPods ProとAirPods 2の違いを比較します。   Apple AirPods Proの口コミレビュー・イヤーチップ …

Liberty Air 2 ProとLife A2 NCの違いを比較!イヤホン口コミ・仕様を調査

  Anker 完全ワイヤレスイヤホン Soundcore Liberty Air 2 ProとSoundcore Life A2 NCの違いを比較します。   ワイヤレス充電対応 …

LIVETW150NCとAirPods Proの違いを比較!口コミレビュー・仕様を調査

完全ワイヤレスイヤホンLIVETW150NCとAirPods Proの違いを比較します。   Nakamichi完全ワイヤレスイヤホンLIVETW150NCの口コミレビュー・仕様を紹介します …

HA-A8TとHA-A7Tの違いを比較!JVCワイヤレスイヤホン口コミや仕様を調査

  JVC完全ワイヤレスイヤホンHA-A8TとHA-A7Tの違いを比較します。   ストレスフリーな開放型完全ワイヤレスイヤホンHA-A8Tの口コミや仕様を紹介します。 &nbsp …

HP-V700BTとSport Earbudsの違いを比較!イヤホン口コミ・仕様を調査

  完全ワイヤレスイヤホンHP-V700BTとSport Earbudsの違いを比較します。   パワフルでキレのある重低音の完全ワイヤレスイヤホンHP-V700BTの口コミ・仕様 …

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくポチッとね♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村