商品情報

いいねしたくなるものを集めました。

エアコン

DBR-4KZ400とDBR-M4010の違いを比較!レグザブルーレイ口コミや仕様を調査

投稿日:2022年1月28日 更新日:

 

東芝レグザブルーレイ4TB 3番組同時録画モデルDBR-4KZ400とDBR-M4010の違いを比較します。

 

4K放送から地デジまでをハイブリッド自動録画 録る・見る・高画質を存分に楽しむプレミアムモデルDBR-4KZ400の口コミや仕様を紹介します。

 

 

DBR-4KZ400とDBR-M4010の主な違いは

 

DBR-4KZ400は

より高画質の映像を楽しめる。

VODサービスが付いている。

4K放送を2番組同時録画できる。

 

DBR-M4010は

価格が安い。

スマホで録画番組持ち出しなどができる。

録画編集機能が豊富。

機能が豊富。

より省エネです。

 

つまり

DBR-4KZ400はきれいな映像をいろいろ楽しめ4K放送もダブル録画できるのでおすすめです。

DBR-M4010は価格やスマホで録画番組持ち出しなどを重視するならいいでしょう。

 

 

DBR-4KZ400の口コミは

 

過去番組を見るのは私より家族がハマって、ライブで良い地デジ放送が無い時は、とても活躍しています!容量は3TBと迷いましたが、思い切って4TBにして容量も心配無しです。とてもおすすめですよ♪

外付けHDDの3TBを一台+4TBを一台増設し使っています。6CHをタイムシフト録画で使用していますが、設定を練りに練っておよそ1か月分自動録画できています。初期投資のわりに便利なので3か月以上経過しましたが今のところは大満足です。

 

などのDBR-M4010の口コミからも期待できます♪

 

 

DBR-4KZ400の口コミや仕様を含めて詳細は本文をご覧ください。

 

 

 

こちらのリンク先で

DBR-4KZ400を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

東芝ハイブリッド自動録画 4Kレグザブルーレイ 4TB 3番組同時録画モデル DBR-4KZ400
created by Rinker

DBR-M4010を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

東芝レグザタイムシフトマシン まるごと録画「時短」 4TB 3番組同時録画モデル DBR-M4010
created by Rinker

DBR-4KZ400とDBR-M4010の違いを比較

 

東芝レグザブルーレイ4TB 3番組同時録画モデルDBR-4KZ400とDBR-M4010の違いをそれぞれの主な良いところを示して比較します。

 

DBR-4KZ400は

より高画質の映像を楽しめる。

VODサービスが付いている。

4K放送を2番組同時録画できる。

 

DBR-M4010は

価格が安い。

スマホで録画番組持ち出しなどができる。

録画編集機能が豊富。

機能が豊富。

より省エネです。

 

 

それでは詳細を確認しましょう。

 

 

DBR-4KZ400の良いところ

より高画質の映像を楽しめる

 

レグザレコーダーエンジンRR1

 

信号処理技術をレコーダー用にカスタマイズしたエンジンで、4Kアップコンバート出力したりして、精細感・臨場感のある高画質を楽しめます。

 

 

クラウドAI高画質連携

 

視聴番組のジャンルやコンテンツに合わせ、クラウドから適切なAI高画質処理を行うことで、高精細でリアルな映像を実現します。

 

 

表現力豊かな映像を再現できるUltra HD Blu-rayを使うことができます。

 

(代わりにDBR-M4010にはDVD-RAMが再生できるということがありますが、特に映像が優れるということはありません。)

 

 

VODサービスが付いている

 

 

動画配信サービスのNet.TV・dTV・U-NEXTの3つのサービスを利用できます。

 

プロバイダーや回線事業者との契約・使用料が必要です。内容により利用できない場合もあり得ます。

 

 

4K放送を2番組同時録画できる

 

 

放送時間の重なった新4K衛星放送2番組の同時録画が可能です。(内蔵HDおよび外付けUSBHDにも可能)

 

DBR-M4010の良いところ

価格が安い

 

DBR-M4010はDBR-4KZ400よりも約3万5千円安い。(2021年12月28日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値より)

 

価格はタイミングなどで変動するので、1つの参考にしてくださいね。

 

2021年12月28日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値

DBR-4KZ400:115,300円

DBR-M4010:80,800円

 

スマホで録画番組持ち出しなどができる

 

スマホで録画番組持ち出し、録画番組再生(宅内/屋外)、放送中の番組視聴(宅内/屋外)ができます。

 

 

スマホでもタイムシフトマシンの過去番組表にも対応。

 

スマホで音声検索で番組探したり・音声操作することなども可能。

 

 

録画編集機能が豊富

 

ケーブルテレビの多彩なコンテンツを手軽に録画できるCATV LAN録画ができます。

 

スカパー!プレミアムサービスの多彩な映像コンテンツをスカパープレミアムサービスLINKにて録画できます。

 

USB以外にSDカードにも対応していて、それを用いてAVCHDカメラのデーターを内蔵HDへ取り込んで編集してブルーレイディスクにダビングできます。

 

ブルーレイディスクにダビングした番組をハードディスクに戻し再編集できます。

 

 

機能が豊富

 

ドライブ状態・チューナー受信状態・ネット接続状態・USB機器の接続状態などを簡単にチェックできる自己診断モードに対応してます。

 

ブルーレイ3Dディスクの再生に対応しています。今はあまり普及していないですけどね。

 

 

レグザリンク・シェアでは2台同時配信可能です。(DBR-4KZ400は1台だけです。)

 

ゆっくり再生(0.8倍速)・追っかけ再生もできます。

 

より省エネです

 

年間消費電力量が約24.3kWhなので、DBR-4KZ400(約53.5kWh)よりも29.2kWh少なくて済みます。

 

1kWh27円と仮定すれば、年間電気代は656.1円となり、DBR-4KZ400(1444.5円)よりも788.4円安くなります。

誤差範囲かどうかは個人差がありそうですね。

 

 

 

 

もう一度確認すると

DBR-4KZ400はきれいな映像をいろいろ楽しめ4K放送もダブル録画できるのでおすすめです。

DBR-M4010は価格やスマホで録画番組持ち出しなどを重視するならいいでしょう。

 

 

DBR-4KZ400を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

東芝ハイブリッド自動録画 4Kレグザブルーレイ 4TB 3番組同時録画モデル DBR-4KZ400
created by Rinker

DBR-M4010を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

東芝レグザタイムシフトマシン まるごと録画「時短」 4TB 3番組同時録画モデル DBR-M4010
created by Rinker

DBR-4KZ400の口コミについて

 

東芝レグザブルーレイ4TB 3番組同時録画モデルDBR-4KZ400の直接の口コミはまだないです。

 

比較的似ているDBR-M4010の口コミをみてみると

 

番組表は、遅くないと思います。 過去番組表も、普通の速度で見れます。 タイムシフト中でも、気にならないくらい 普通に色々操作出来ます。 屋外での視聴は、 持ち出しのみ見れてます。 色々な機能がある割には、説明書が薄いです。 今のところ、大満足です。

出典:Yahoo!ショッピング

過去番組を見るのは私より家族がハマって、ライブで良い地デジ放送が無い時は、とても活躍しています!容量は3TBと迷いましたが、思い切って4TBにして容量も心配無しです。とてもおすすめですよ♪

出典:Yahoo!ショッピング

外付けHDDの3TBを一台+4TBを一台増設し使っています。6CHをタイムシフト録画で使用していますが、設定を練りに練っておよそ1か月分自動録画できています。初期投資のわりに便利なので3か月以上経過しましたが今のところは大満足です。

出典:Yahoo!ショッピング

リモコンの反応が少し鈍いのが若干ストレスです。立ち上がりのスピードももう少し早いと嬉しい。タイムシフトが便利そうだなぁと思って購入したのですが、想像通り録画予約し忘れたものが見られるのは便利です。

出典:Yahoo!ショッピング

既存のHDDに録画していた番組をディスクに焼いたり、別の端末で観ることができることに重宝してます。外観もスッキリしてて気に入ってます。

出典:Yahoo!ショッピング

 

などがあります。

 

画質がアップし4K放送録画にも対応したDBR-4KZ400の口コミも良いことが見込めますね。

 

DBR-4KZ400を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

東芝ハイブリッド自動録画 4Kレグザブルーレイ 4TB 3番組同時録画モデル DBR-4KZ400
created by Rinker

DBR-M4010を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

東芝レグザタイムシフトマシン まるごと録画「時短」 4TB 3番組同時録画モデル DBR-M4010
created by Rinker

DBR-4KZ400の仕様について

 

東芝レグザブルーレイ4TB 3番組同時録画モデルDBR-4KZ400の仕様をDBR-M4010と対比して以下の表で示します。

 

 

 DBR-4KZ400DBR-M4010
タイプブルーレイレコーダー同じ
HDD容量4TB同じ
チューナー地デジ/BSデジタル/110度CSデジタルx2
地デジx3(タイムシフトマシン用)
地デジ/BSデジタル/110度CSデジタルx1(兼用)
地デジ/BSデジタル/110度CSデジタル/BS4K/110度CS4Kx2(通常録画用)
地デジ/BSデジタル/110度CSデジタルx3
地デジx1(タイムシフトマシン用)
地デジ/BSデジタル/110度CSデジタルx3(通常録画用)
録画時間目安4K:254時間
ハイビジョン:494時間(地デジ)/350時間(BSデジタル)
ハイビジョン:520時間(地デジ)/369時間(BSデジタル)
DLNAレグザリンク・シェア同じ
Wi-Fi Direct対応
3D対応
プログレッシブ対応同じ
入出力端子HDMI端子x2
LAN端子x1
USB端子x2
HDMI端子x1
LAN端子x1
USB端子x3
対応SDカードSD/SDHC/SDXC
スマートスピーカー連携
ハイレゾ
録画可能番組数3番組同じ
4K録画対応
外付けHDD録画同じ
チャンネル録画数最大6チャンネル最大7チャンネル
スカパー!プレミアムサービスLink
ハイビジョン録画同じ
長時間録画16倍録画12倍録画
早見再生1.3倍速同じ
ゆっくり再生0.8倍速
追っかけ再生
同時録画再生同じ
スマホ・タブレット連携リモート録画予約録画番組持ち出し
リモート録画予約
録画番組再生(宅内/屋外)
放送中の番組視聴(宅内/屋外)
対応OS(スマホ・タブレット)iOS Android同じ
VODサービスNet.TV dTV U-NEXT
SeeQ Vault対応同じ
再生可能メディアUltra HD Blu-ray BD-R BD-R DL BD-R XL BD-RE BD-RE DL BD-RE XL DVD-R DVD-R DL DVD-RWBD-R BD-R DL BD-R XL BD-RE BD-RE DL BD-RE XL DVD-R DVD-RW DVD-R DL DVD-RAM
録画可能メディアBD-R BD-R DL BD-R XL BD-RE BD-RE DL BD-RE XL DVD-R DVD-RW DVD-R DL DVD-RAM同じ
無線LAN同じ
定格消費電力44W41W
待機時消費電力0.8W0.05W
年間消費電力量約53.5kWh約24.3kWh
年間電気代1444.5円656.1円
サイズmm
(幅x高さx奥行)
430x59x270430x59x219
重さ3.7kg3kg

 

 

 

それでは、その他の主な特徴などを紹介します。

 

ハイブリッド自動録画

 

最大6chをまるごと録画するタイムシフトマシンと好きなテーマを自動で録画するおまかせ録画のハイブリッドで楽しめます。

 

 

時短再生

 

らく見・らく早見・飛ばし見を選べ、自分の都合に合わせて時短で録画番組を確認できます。

 

 

シーン検索

 

録画番組の中から、見たいシーンにすぐにアクセスできます。

 

 

レグザリンク・ダビング

 

レグザリンク・ダビング対応機種で録画した番組をLAN接続している本機のハードディスクへ無劣化でダビングが可能です。

 

 

容量が多い(6TB)のがお望みなら以下の参考記事をご覧ください。

参考記事⇒参考記事⇒DBR-4KZ600とDBR-4KZ400の違いを比較!4Kレグザブルーレイ口コミや仕様を調査

 

 

容量が2TBでもいいなら以下の参考記事をご覧ください。

参考記事⇒DBR-4KZ200とDBR-M3010の違いを比較!レグザブルーレイ口コミや仕様を調査

 

 

DBR-M4010については以下の参考記事をご覧ください。

参考記事⇒DBR-M4010とDBR-M4008の違いを比較!タイムシフトマシン口コミ・仕様を調査

 

まとめ

 

東芝レグザブルーレイ4TB 3番組同時録画モデルDBR-4KZ400とDBR-M4010の主な違いは

 

DBR-4KZ400は

より高画質の映像を楽しめる。

VODサービスが付いている。

4K放送を2番組同時録画できる。

 

DBR-M4010は

価格が安い。

スマホで録画番組持ち出しなどができる。

録画編集機能が豊富。

機能が豊富。

より省エネです。

 

つまり

DBR-4KZ400はきれいな映像をいろいろ楽しめ4K放送もダブル録画できるのでおすすめです。

DBR-M4010は価格やスマホで録画番組持ち出しなどを重視するならいいでしょう。

 

 

DBR-4KZ400の口コミは

 

過去番組を見るのは私より家族がハマって、ライブで良い地デジ放送が無い時は、とても活躍しています!容量は3TBと迷いましたが、思い切って4TBにして容量も心配無しです。とてもおすすめですよ♪

外付けHDDの3TBを一台+4TBを一台増設し使っています。6CHをタイムシフト録画で使用していますが、設定を練りに練っておよそ1か月分自動録画できています。初期投資のわりに便利なので3か月以上経過しましたが今のところは大満足です。

 

などのDBR-M4010の口コミからも期待できるでしょう。

 

 

DBR-4KZ400を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

東芝ハイブリッド自動録画 4Kレグザブルーレイ 4TB 3番組同時録画モデル DBR-4KZ400
created by Rinker

DBR-M4010を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

東芝レグザタイムシフトマシン まるごと録画「時短」 4TB 3番組同時録画モデル DBR-M4010
created by Rinker

-エアコン
-

執筆者:

関連記事

MSZ-S2221とMSZ-S2220の違いを比較!三菱ルームエアコン口コミ・仕様を調査

  三菱電機 寝室や子供部屋にちょうどいいルームエアコン 霧ヶ峰 6畳用 MSZ-S2221とMSZ-S2220の違いを比較します。   100V電源 清潔Vフィルター搭載MSZ- …

AN563ARPとAN56ZRPの違いを比較!18畳用ダイキンエアコン口コミや仕様を調査

ダイキン ルームエアコン「うるさらX(Rシリーズ)」18畳用 200Vタイプ AN563ARPとAN56ZRPの違いを比較します。 加湿・除湿能力がさらにアップ。換気機能搭載 AN563ARPの口コミ …

CS-TX253DとCS-TX252Dの違いを比較!ルームエアコン口コミや仕様を調査

パナソニック エオリア 「ナノイーX」搭載フル暖エアコン TXシリーズ 8畳用 CS-TX253DとCS-TX252Dの違いを比較します。 冬も夏も頼れる暖房強化コンパクトモデルフィルターお掃除ロボッ …

CS-J402D2とCS-J401D2の違いを比較!14畳用ルームエアコンエオリア口コミや仕様を調査

  パナソニック ルームエアコン「Eolia(エオリア)」Jシリーズ14畳用 CS-J402D2とCS-J401D2の違いを比較します。   新「ナノイーX」搭載、清潔スタンダード …

AN633ARPとAN63ZRPの違いを比較!20畳用ダイキンエアコン口コミや仕様を調査

ダイキン ルームエアコン「うるさらX(Rシリーズ)」20畳用 200Vタイプ AN633ARPとAN63ZRPの違いを比較します。 加湿・除湿能力がさらにアップ。換気機能搭載 AN633ARPの口コミ …

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくポチッとね♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村