商品情報

いいねしたくなるものを集めました。

ミキサー

SKS-R100とSKS-G700の違いを比較!タイガーミルつきミキサー口コミや仕様を調査

投稿日:

タイガー魔法瓶ミルつきミキサー SKS-R100とSKS-G700の違いを比較します。

食卓に彩りをプラス。素材の栄養は、そのまま手軽に。タイガー独自の“トルネード水流”+チタンコート6枚刃。強力ミル機能つき<TIGER5value+>SKS-R100の口コミや仕様を紹介します。

SKS-R100とSKS-G700の違いは

 

SKS-R100は

容量が大きい。

より硬いものが粉砕できる。

ミキサーカップ・ミキサーふたは食洗器対応。

トライタン製(樹脂製)カップ採用。

 

SKS-G700は

価格が安い。

スムージースティック・ヘラつきブラシ付属。

 

つまり

SKS-R100は容量や利便性などを重視するならいいでしょう。

SKS-G700は価格やスムージースティック・ヘラつきブラシを重視するならどうぞ。

 

SKS-R100の口コミは

スムージーの出来上がりは、以前のよりパワーがあり短時間で出来上がり満足しています。

余分な機能は付いていないので、操作は簡単で、機能性も充分です。 シンプルなので掃除もしやすく手軽に使えます。

などのSKS-G700の口コミからも期待できます♪

 

SKS-R100の口コミや仕様を含めて詳細は本文をご覧ください。

 

こちらのリンク先で

SKS-R100を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

タイガー魔法瓶 ミルつきミキサー 1.0L SKS-R100 シルキーホワイト・ディープブラック
created by Rinker

SKS-G700を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

タイガー魔法瓶 ミルつきミキサー 0.7L SKS-G700 ブラック・ボルドー
created by Rinker

SKS-R100とSKS-G700の違いを比較

タイガー魔法瓶ミルつきミキサー SKS-R100とSKS-G700の違いをそれぞれの良いところを示して比較します。

 

SKS-R100は

容量が大きい。

より硬いものが粉砕できる。

ミキサーカップ・ミキサーふたは食洗器対応。

トライタン製(樹脂製)カップ採用。

 

SKS-G700は

価格が安い。

スムージースティック・ヘラつきブラシ付属。

 

それでは詳細を確認しましょう。

SKS-R100の良いところ

容量が大きい

容量が1000mlあるので、SKS-G700(700ml)よりも300ml大きい

より硬いものが粉砕できる

ハイパワーと、ステンレス素材にチタンをコーティングしたチタンコート6枚刃が硬いものも粉砕します。

ミキサーカップ・ミキサーふたは食洗器対応

ミキサーカップ・ミキサーふたは食洗器に対応しているので、丸洗いできて、ニオイや汚れもすっきりラクラク!

 

代わりに、SKS-G700にはクリーニング時に、水またはぬるま湯がどれくらい入れたらいいのかの目安で「クリーニング水量表示」があります。

トライタン製(樹脂製)カップ採用

軽くて丈夫なトライタン製(樹脂製)カップで、毎日の取り扱いが楽になります。

SKS-G700の良いところ

価格が安い

SKS-G700はSKS-R100よりも8千円~9千円くらい安い。(2022年7月20日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値より)

価格はタイミングなどで変動するので、1つの参考にしてくださいね。

 

2022年7月20日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値

SKS-R100:14,800円

SKS-G700:6,195円(ボルドー)

SKS-G700:7,147円(ブラック)

スムージースティック・ヘラつきブラシ付属

スムージーを作る際に、葉野菜が浮き空回りすることがあれば、運転を停止し、ミキサーカップふたを外さずにふたキャップを外してスムージースティックで整えることが可能です。

また、お手入れに便利なヘラつきブラシも付属してます。

 

 

もう一度確認すると

SKS-R100は容量や利便性などを重視するならいいでしょう。

SKS-G700は価格やスムージースティック・ヘラつきブラシを重視するならどうぞ。

 

SKS-R100を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

タイガー魔法瓶 ミルつきミキサー 1.0L SKS-R100 シルキーホワイト・ディープブラック
created by Rinker

SKS-G700を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

タイガー魔法瓶 ミルつきミキサー 0.7L SKS-G700 ブラック・ボルドー
created by Rinker

SKS-R100の口コミについて

タイガー魔法瓶ミルつきミキサー SKS-R100の直接の口コミはまだないです。

 

SKS-G700の口コミをみてみると

洗うパーツの外し方、付け方も簡単にでき、清潔に使用できると思います。

出典:Yahoo!ショッピング

スムージーの出来上がりは、以前のよりパワーがあり短時間で出来上がり満足しています。

出典:Yahoo!ショッピング

今までの安価な物に比べたらスイッチ1つでサッとスムージーができるので、とても時短になっています。

出典:Yahoo!ショッピング

音も前の物に比べたら全然小さいです。

出典:Yahoo!ショッピング

余分な機能は付いていないので、操作は簡単で、機能性も充分です。 シンプルなので掃除もしやすく手軽に使えます。

出典:Yahoo!ショッピング

などがあります。

SKS-R100は容量や利便性などが向上しているので、より良い口コミが想像できます。

 

SKS-R100を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

タイガー魔法瓶 ミルつきミキサー 1.0L SKS-R100 シルキーホワイト・ディープブラック
created by Rinker

SKS-G700を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

タイガー魔法瓶 ミルつきミキサー 0.7L SKS-G700 ブラック・ボルドー
created by Rinker

SKS-R100の仕様について

タイガー魔法瓶ミルつきミキサー SKS-R100の仕様をSKS-G700と対比して以下の表で示します。

 

 SKS-R100SKS-G700
ミキサータイプミルつきミキサー同じ
設置タイプ据え置き同じ
容量1.0L0.7L
回転数約9500回/分(1000mL水負荷時)約12000回/分(HI運転、700mL水負荷時)
定格時間(連続使用時間)ミキサー:30分(4分間運転、2分間停止のくり返しを5回まで)
ミル・お茶ミル:1分(くり返し時は30分以上あける)
ミキサー:連続(4分間運転、2分間停止のくり返し)
ミル・お茶ミル:1分(くり返し時は2分以上あける)
消費電力275W250W
コード長1.2m同じ
きざむ同じ
つぶす・おろす
スライス・せん切り
こねる
ジューサー同じ
泡立てる
サイズmm(幅x奥行x高さ)184x166x345(ミキサー使用時)202x166x364(ミキサー使用時)
重量2.2kg(ミキサー使用時)2.9kg(ミキサー使用時)

 

それでは、その他の主な特徴などを紹介します。

 

「強力ミル機能」&「お茶ミルカップつき」

専用の「ミルカップ」で「アーモンドパウダー」「コーヒー粉」などをかんたんに作れます。

「お茶ミルカップ」では粉末緑茶などを作れます。

ミルカップ、お茶ミルカップ兼用の白い保存ふたもついてます。

 

お手入れ簡単

カッターとカップ台の取り外しも簡単に行うことが可能ですから、お手入れラクチン!

 

「HI」・「LOW」・「Flash」スイッチ

「HI」スイッチで皮や種もまるごと切削でき、フードロス削減にも貢献できます。

「Flash」スイッチで簡単にいつでも撹拌できます。

 

コードリール

コードも簡単にセッティング、すっきり収納できます。

 

ダブルの安全構造

カップセットとふたをセットしないと作動しないので安全です。

 

value+Products(バリュープラスプロダクツ)シリーズのミキサーとしてこの記事のSKS-R100以外にSKR-W400とSKT-G100が発売されました。

ブラックチタンコート4枚刃を採用した0.4LのモデルSKR-W400

タイガー魔法瓶 ミキサー 0.4L SKR-W400 シルキーホワイト・ディープブラック
created by Rinker

参考記事⇒SKR-W400とSKR-V250の違いを比較!タイガーミキサー口コミや仕様を調査

ブラックチタンコート6枚刃を採用した1.0LのモデルSKT-G100

タイガー魔法瓶 ミキサー 1.0L SKT-G100 シルキーホワイト
created by Rinker

参考記事⇒SKT-G100とSKT-A100の違いを比較!タイガーミキサー口コミや仕様を調査

まとめ

タイガー魔法瓶ミルつきミキサー SKS-R100とSKS-G700の違いは

 

SKS-R100は

容量が大きい。

より硬いものが粉砕できる。

ミキサーカップ・ミキサーふたは食洗器対応。

トライタン製(樹脂製)カップ採用。

 

SKS-G700は

価格が安い。

スムージースティック・ヘラつきブラシ付属。

 

つまり

SKS-R100は容量や利便性などを重視するならいいでしょう。

SKS-G700は価格やスムージースティック・ヘラつきブラシを重視するならどうぞ。

 

SKS-R100の口コミは

スムージーの出来上がりは、以前のよりパワーがあり短時間で出来上がり満足しています。

余分な機能は付いていないので、操作は簡単で、機能性も充分です。 シンプルなので掃除もしやすく手軽に使えます。

などのSKS-G700の口コミからも期待できるでしょう。

 

SKS-R100を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

タイガー魔法瓶 ミルつきミキサー 1.0L SKS-R100 シルキーホワイト・ディープブラック
created by Rinker

SKS-G700を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

タイガー魔法瓶 ミルつきミキサー 0.7L SKS-G700 ブラック・ボルドー
created by Rinker

-ミキサー
-

執筆者:

関連記事

BM-SA10とBM-RF08の違いを比較!象印ミキサー口コミや仕様を調査

  象印ミキサーBM-SA10とBM-RF08の違いを比較します。   ファミリーからパーソナルまで幅広いシーンで活躍するシンプルなミキサーBM-SA10の口コミや仕様を紹介します …

SKT-G100とSKT-A100の違いを比較!タイガーミキサー口コミや仕様を調査

タイガー魔法瓶ミキサー容量1.0L SKT-G100とSKT-A100の違いを比較します。 食卓に彩りをプラス。素材のおいしさそのまま、なめらか仕上げ。タイガー独自の“トルネード水流”+ブラックチタン …

BM-SS10とBM-RT08の違いを比較!ミルつきミキサー口コミや仕様を調査

  象印ミルつきミキサーBM-SS10とBM-RT08の違いを比較します。   ファミリーからパーソナルまで幅広いシーンで活躍するシンプルなミルつきミキサーBM-SS10の口コミや …

SKR-W400とSKR-V250の違いを比較!タイガーミキサー口コミや仕様を調査

タイガー魔法瓶ミキサーSKR-W400とSKR-V250の違いを比較します。 食卓に彩をプラス。コンパクトなのにしっかり本格派。<TIGER6value+>SKR-W400の口コミや仕様を紹介します。 …

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくポチッとね♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村