商品情報

いいねしたくなるものを集めました。本ページはプロモーションが含まれています。

オーブンレンジ

NE-BS5BとNE-UBS5Aの違いを比較!パナソニックオーブンレンジ口コミや仕様を調査

投稿日:

パナソニック オーブンレンジ ビストロ NE-BS5BとNE-UBS5Aの違いを比較します。

「よく使う機能を凝縮した」「ビストロ」の毎日使いやすい26Lのエントリーモデル NE-BS5Bの口コミや仕様を紹介します。

NE-BS5BとNE-UBS5Aの違いは

 

NE-BS5Bは

お急ぎあたため機能搭載。

グリル皿付属。

ロック機能搭載。

メニューボタンあり。

より庫内が広い。

 

NE-UBS5Aは

価格が安い。

IoT対応。

ヒーター出力が大きい。

より省エネです。

 

つまり

NE-BS5Bはお急ぎあたため機能・ロック機能・グリル皿付属を重視するならどうぞ。

NE-UBS5Aは価格・IoT対応・ヒーター出力を重視するならどうぞ。

 

NE-BS5Bの口コミは

特別ハイパワーではないが日常の調理において不足することはなく十分な性能だと言える。

ヒーター部には上位モデルと同様に、フラットヒーターが採用されており、庫内のお手入れがしやすいのも特長。

などのNE-UBS5Aの口コミからも期待できます♪

 

NE-BS5Bの口コミや仕様を含めて詳細は本文をご覧ください。

 

こちらのリンク先で

NE-BS5Bを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

パナソニックオーブンレンジ Bistro NE-BS5B ホワイト
created by Rinker

旧型のNE-UBS5Aを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

パナソニックオーブンレンジ Bistro「マイスペック」NE-UBS5A ホワイト
created by Rinker

NE-BS5BとNE-UBS5Aの違いを比較

パナソニック オーブンレンジ ビストロ NE-BS5BとNE-UBS5Aの違いをそれぞれの良いところを示して比較します。

 

NE-BS5Bは

お急ぎあたため機能搭載。

グリル皿付属。

ロック機能搭載。

メニューボタンあり。

より庫内が広い。

 

NE-UBS5Aは

価格が安い。

IoT対応。

ヒーター出力が大きい。

より省エネです。

 

それでは詳細を確認しましょう。

NE-BS5Bの良いところ

お急ぎあたため機能搭載

手動あたためをスタートしてからスピードボタンを押すと、高出力に切り替えてあたため時間を最大約38%短縮できます。

例としては、市販の弁当あたためで4分30秒から2分46秒になることがある。

うまく使えば、時短に貢献しますね。

お急ぎあたためは、手動レンジ500W/600W、30秒~10分00秒以内のあたためにおいて働き、連続加熱では使えない場合があります。ご注意を!!

グリル皿付属

ヒートグリル皿が初めから付属しているので、追加購入する必要がない。

グリル機能が不要なら無駄になります。

ロック機能搭載

初期画面の状態で「スピード」ボタンを3秒押すとピッと鳴り、画面に「L」が表示されロック状態になります。

自動電源オフ機能が働いても、電源プラグを抜いてもロックは継続されます。

 

解除するには「L」表示の状態で「スピード」ボタンを3秒押せばピッと鳴り、ロックが解除されます。

メニューボタンあり

メニューボタンがあり、主な機能を簡単に操作ができます。

(NE-UBS5Aはダイヤルで操作を選択しシンプルに操作できます。)

より庫内が広い

容量が26Lで、NE-BS5B(25L)よりも1L広いことになります。

それほど差があるようには思えません、庫内の幅や奥行は同じで、高さが8㎜低いことになります。

NE-UBS5Aの良いところ

価格が安い

NE-UBS5AはNE-BS5Bよりも約1万1千円安い。(2023年9月3日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値より)

NE-UBS5Aは旧型なので、より経年変化があることを理解しておきましょう。

価格はタイミングなどで変動するので、1つの参考にしてくださいね。

 

2023年9月3日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値

NE-BS5B:50,315円

NE-UBS5A:39,600円

IoT対応

「キッチンポケット」アプリに対応しているので、スマホにインストールすれば、

1.別売りのアタッチメント(グリル皿・スチームポット)を購入して、自分仕様に機能をアップデートできます。

2.スマホのアプリから興味があるキーワードを選択すれば、それに合ったメニューが提案され、気に入ったメニューを本体に送信すれば調理できます。日々の食事づくりを助けてくれます。他企業とのコラボメニューも配信されるので、随時メニューがひろがります。

 

NE-BS5Bのメニューは、レシピブックが86種、自動調理可能な内蔵メニューが58種あります。それらから選択して調理します。

ヒーター出力が大きい

ヒーターの出力が1.33kWで、NE-BS5B(1.20kW)よりも0.13kW強い。

ただ、グリルの場合NE-BS5Bは新たな遠赤Wヒーターなのでそれほど大差はないようです。

 

オーブン出力(加熱方式)

NE-BS5B:1.20kW(上下ヒーター)

NE-UBS5A:1.33kW(上下ヒーター)

グリル出力(加熱方式)

NE-BS5B:1.20kW(遠赤Wヒーター)

NE-UBS5A:1.33kW(大火力平面ヒーター)

より省エネです

年間消費電力量(50/60Hz)が70.4kWh/年で、NE-BS5B(73kWh/年)よりも2.6kWh少なくて済みます。

1kWh27円とすれば、年間電気代は1,900.8円で、NE-BS5B(1,971円)よりも70.2円安くなります。

誤差ですね。

 

 

もう一度確認すると

NE-BS5Bはお急ぎあたため機能・ロック機能・グリル皿付属を重視するならどうぞ。

NE-UBS5Aは価格・IoT対応・ヒーター出力を重視するならどうぞ。

 

NE-BS5Bを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

パナソニックオーブンレンジ Bistro NE-BS5B ホワイト
created by Rinker

旧型のNE-UBS5Aを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

パナソニックオーブンレンジ Bistro「マイスペック」NE-UBS5A ホワイト
created by Rinker

NE-BS5Bの口コミについて

パナソニック オーブンレンジ ビストロ NE-BS5Bの直接の口コミはまだないです。

 

旧型のNE-UBS5Aの口コミをみてみると

昔使ったのは普通のレンジなので比べたらややうるさい。ただそれが排熱排気とかなんとかの機能らしいので不満はない。

出典:価格.com

なんか、仕上がりが早いです。あたためすぎず適正な温度に温めてくれるから早いのかしら?

出典:価格.com

特別ハイパワーではないが日常の調理において不足することはなく十分な性能だと言える。

出典:価格.com

オーブンレンジとしての基本性能はビストロシリーズと共通なので不足もない。

出典:価格.com

ヒーター部には上位モデルと同様に、フラットヒーターが採用されており、庫内のお手入れがしやすいのも特長。

出典:価格.com

 

などがあります。

お急ぎあたため機能・ロック機能などを考慮すれば、NE-BS5Bの口コミも推測できます。

 

NE-BS5Bを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

パナソニックオーブンレンジ Bistro NE-BS5B ホワイト
created by Rinker

旧型のNE-UBS5Aを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

パナソニックオーブンレンジ Bistro「マイスペック」NE-UBS5A ホワイト
created by Rinker

NE-BS5Bの仕様について

パナソニック オーブンレンジ ビストロ NE-BS5Bの仕様をNE-UBS5Aと対比して以下の表で示します。

 

 NE-BS5BNE-UBS5A
総庫内容量26L(フラット庫内)25L(フラット庫内)
使用人数3人2人
オーブン・グリル加熱方式上下ヒーター式(1段調理)・遠赤Wヒーター/両面グリル上下ヒーター式(1段調理)・大火力平面ヒーター/両面グリル(グリル機能のご使用にはグリル皿の購入が必要)
オーブン温度調節範囲80~250℃/発酵(35・40℃)同じ
レンジ出力1000:最大3分(600)/800・600・500・300・150相当 同じ
ヒーター1200W1330W
省エネ設計省エネ基準達成
自動電源オフ機能
同じ
掲載メニュー数(自動メニュー数)86(58)スマホアプリで取得。
庫内有効寸法(mm)
(幅x奥行x高さ)
319x350x215319x350x223
外形寸法(mm)
(幅x奥行x高さ)
500x400x347同じ
質量14.4kg14.3kg
電源AC 100V
(50Hz-60Hz共用)
同じ
定格消費電力レンジ1,430W
オーブン1,220W
グリル1,220W 
レンジ1,430W
オーブン1,350W
グリル1,350W 
年間消費電力量(50/60Hz)73kWh/年70.4kWh/年
年間消費電力量(50/60Hz)
レンジ機能部分
59.0kWh/年57.3kWh/年
年間消費電力量(50/60Hz)
オーブン機能部分
14.0kWh/年13.1kWh/年
年間消費電力量(50/60Hz)
待機時部分
0.0kWh/年同じ
搭載センサースイングサーチ赤外線センサー同じ
2段熱風コンベクション
トースト機能オプション(グリル皿別売り)
スチーム機能オプション:スチームポット別売り
スチーム給水方式グリル皿式(スチームポット式)
スチームあたため
解凍解凍解凍(全解凍/半解凍)
庫内コーティング側面・奥面:フッ素加工同じ
自動お手入れ
脱臭同じ
液晶ブラックバック液晶フルドット液晶
スマホ連携操作
音声設定(スマートスピーカー)
後ろピッタリ置きOK同じ
付属品グリル皿(幅333mm×奥行339mm)1枚
取説 
角皿(幅333mm×奥行320mm)1枚
取説

 

NE-UBS5Aについては以下の参考記事をご覧ください。

参考記事⇒NE-UBS5AとNE-MS268の違いを比較!オーブンレンジ口コミや仕様を調査

まとめ

パナソニック オーブンレンジ ビストロ NE-BS5BとNE-UBS5Aの違いは

 

NE-BS5Bは

お急ぎあたため機能搭載。

グリル皿付属。

ロック機能搭載。

メニューボタンあり。

より庫内が広い。

 

NE-UBS5Aは

価格が安い。

IoT対応。

ヒーター出力が大きい。

より省エネです。

 

つまり

NE-BS5Bはお急ぎあたため機能・ロック機能・グリル皿付属を重視するならどうぞ。

NE-UBS5Aは価格・IoT対応・ヒーター出力を重視するならどうぞ。

 

NE-BS5Bの口コミは

特別ハイパワーではないが日常の調理において不足することはなく十分な性能だと言える。

ヒーター部には上位モデルと同様に、フラットヒーターが採用されており、庫内のお手入れがしやすいのも特長。

などのNE-UBS5Aの口コミからも期待できるでしょう。

 

NE-BS5Bを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

パナソニックオーブンレンジ Bistro NE-BS5B ホワイト
created by Rinker

旧型のNE-UBS5Aを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

パナソニックオーブンレンジ Bistro「マイスペック」NE-UBS5A ホワイト
created by Rinker

-オーブンレンジ
-

執筆者:

関連記事

ER-W60とER-V60の違いを比較!東芝スチームオーブンレンジ口コミや仕様を調査

  東芝 庫内容量23L「石窯オーブン」角皿式スチームオーブンレンジER-W60とER-V60の違いを比較します。   和食メニューが追加されたコンパクトでワイド&フラットな角皿式 …

ER-W16とER-T16の違いを比較!東芝オーブンレンジ口コミや仕様を調査

  東芝オーブンレンジ コンパクトなフラット庫内モデルER-W16とER-T16の違いを比較します。   「ホワイトバックライト液晶・庫内灯」だから見やすいER-W16の口コミや仕 …

ER-WD3000とER-VD3000の違いを比較!過熱水蒸気オーブンレンジ口コミや仕様を調査

  東芝過熱水蒸気オーブンレンジ「石窯ドーム」ER-WD3000とER-VD3000の違いを比較します。   石窯おまかせ焼きが追加され便利になった熱風2段のスタンダードモデルER …

RE-WF183とRE-WF182の違いを比較!シャープオーブンレンジ口コミや仕様を調査

シャープオーブンレンジ「PLAINLY」シリーズ RE-WF183とRE-WF182の違いを比較します。 シンプルで使いやすいコンパクトサイズのオーブンレンジRE-WF183の口コミや仕様を紹介します …

ER-WD80とER-VD80の違いを比較!過熱水蒸気オーブンレンジ 口コミや仕様を調査

  東芝過熱水蒸気オーブンレンジ「石窯ドーム」総庫内容量26L ER-WD80とER-VD80の違いを比較します。   2022年1月発売予定、ワイドでフラットな過熱水蒸気モデルE …

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくポチッとね♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村