商品情報

いいねしたくなるものを集めました。

家電

タイガーJPI-AとJPC-Hとの違いを比較!炊きたて口コミレビューを調査

投稿日:2020年7月6日 更新日:

 

タイガー魔法瓶の圧力IHジャー炊飯器「炊きたて」新モデル「JPI-A」と従来モデル「JPC-H」の違いを比較します。

 

炊きたて「JPI-A」の口コミレビューを紹介します。

 

 

土鍋にこだわりおいしいご飯を追求し続けているタイガー、

象印と並び2大炊飯器メーカーの1つになります。

 

そのタイガーが新しい圧力IHジャー炊飯器を8月21日に発売予定と発表しました。

 

 

JPI-AとJPC-Hの違いについてですが、

 

JPI-Aは

内なべの特徴から、沸騰時の火力がより高くより土鍋に近い、美味しいご飯ができるようになっています。

 

また、使い勝手のための改良がいろんなところであります。

例えば、操作画面や内なべに水を入れるための目盛りが見やすかったり、分かりやすいボタン類になっている。

 

そして、ほんの少し省エネを実現しています!!

 

すしやカレー用のしゃっきりご飯を炊けたり、お米が少量でも美味しく炊ける(少量旨火炊き)ようにもなっています。

ただ、麦がゆというヘルシーメニューがなくなっているのは少し残念ですね。

 

 

JPC-Hは

内なべの特徴から、JPI-Aには劣りますが土鍋に近い炊き上げになります。

 

また、麦がゆというヘルシーメニューがありますが、新しい対応(すし・カレー用めし、少量旨火炊き)はできません。

 

ただ、すでにリーズナブルな価格で購入が可能になってます。

 

 

 

つまりは、

 

★JPI-Aは

よりおいしいご飯を作れる。

操作画面などに使い勝手がいい機能がたくさんある。

すし・カレーに適したご飯が作れる。

少量でもおいしいご飯が炊ける。

若干省エネである。

などに魅力を感じる人にはおすすめです!

 

★JPC-Hは

機能の割にはリーズナブルな価格で購入が可能です。(現時点で1万7千円以上は安いです)

麦がゆというヘルシーメニューがある。

などに魅力を感じる人にはおすすめです!

 

 

おおまかな内容はわかったけど、実際はどこまで美味しいのか、買ったあとの満足度はどれくらいなのかが知りたいですよね。

 

2大炊飯器メーカーの1つであるタイガーさんだから期待を裏切ることは考えにくいですが。

 

 

 

JPI-Aの口コミレビューを含め詳しい内容は本文をごらんください。

 

 

 

 

こちらのリンク先で、

価格や配送日を見比べて手続きできるので、

JPI-A100(5.5合炊き)のオフブラックを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

JPI-A100(5.5合炊き)のオフホワイトを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

 

JPI-A180(1升炊き)のオフホワイトを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

 

JPC-H100(5.5合炊き)のシルキーホワイトを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

JPC-H100(5.5合炊き)のディープブラウンを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

 

JPC-H180(1升炊き)のディープブラウンを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

タイガーJPI-AとJPC-Hとの違いを比較

 

タイガー魔法瓶の圧力IHジャー炊飯器「炊きたて」新モデル「JPI-A」と従来モデル「JPC-H」の違いをそれぞれの良い点を示して比較しますね。

 

JPI-A100は

よりおいしいご飯が食べられる。

使いやすさが進化している。(操作画面、ボタン類、内なべの目盛りなどがわかりやすい)

すしやカレー用の美味いご飯ができる。

少しのお米でも美味しく炊ける。

 

JPC-H100は

何と言ってもこれだけの機能が安く買える。

そして、ツナとトマトの麦がゆのようなメニューがある。

 

ということで詳細をみていきますね(^^♪

 

JPI-Aの良い点

 

内なべが遠赤9層土鍋かまどコートで9層遠赤特厚釜

 

 

沸騰時の火力が約13%アップ、土鍋の理想に近づく火力と泡立ちを高める加工を釜底にほどこし、うまみのあるご飯を、ふっくら美味しく炊き上げます。

 

 

文字くっきり液晶

 

大型クリア液晶(1.5倍)でわかりやすい!!

 

 

分かりやすいボタン類

 

ボタンの文字の大きさも約20%アップ!!

 

 

見やすい内なべの目盛り

 

見やすいように3ヶ所にも目盛りを配置して、文字も大きくしました。

 

 

 

メニューに「すし・カレー」「少量旨火炊き」が追加されている。

 

「すし・カレー」

すしやカレーではしゃっきりしたごはんが美味しさをもたらします。

そんなご飯が炊きたいならこのメニューです。

 

少量旨火炊き

0.5合だけごはんが食べたい、そんなときでも同じようなおいしさで炊き上げてくれます。

 

お茶椀1杯(0.5合)で最短約15分、1合を17分で炊ける。(JPI-A100のみ)

JPI-A180は最小2合を約2分で炊ける。

 

 

 

省エネ

 

メーカーの仕様には年間電気消費量が示されています。

 

これは省エネ法・特定機器「電気ジャー炊飯器」の測定方法によります。

 

各家庭の使い方により違ってくると思いますので参考程度でいいですね。

 

それぞれの年間電気消費量は以下のようです。

JPI-A100(5.5合):87.5kWh/年

JPI-A180(1升):140.0kWh/年

JPC-H100(5.5合):89.7kWh/年

JPC-H180(1升):142.6kWh/年

 

それから目安として単純に計算すると年間の電気代は(1kWhの電気代を20円とする)

JPI-A100(5.5合):1,750円/年

JPI-A180(1升):2,800円/年

JPC-H100(5.5合):1,794円/年

JPC-H180(1升):2,852円/年

 

となります。

 

 

 

JPC-Hの良い点

 

 

メニューに「麦がゆ」がある。

 

「麦がゆ」

体にもやさしくて、さらさらとおいしく食べられるメニューを実現しました。

例えば

「ツナとトマトの麦がゆ」などです。

 

*「麦めし(押麦)(もち麦)メニュー」はJPI-Aにもありますから。それでよければいいですよね。

 

 

値段がリーズナブル。

 

JPI-A100とJPC-H100では、

5.5合炊きだと最低でも1万7千円くらい安くなる。

 

JPI-A180とJPC-H180では、

1升炊きだと最低でも1万9千円くらい安くなります。

 

うまくすれば4~5万円は安くなりますよ~!

 

これは大きいですね。

 

 

 

ここでもう一度まとめてみますね、

 

JPI-A100は

よりおいしいご飯が食べられる。

使いやすさが進化している。(操作画面、ボタン類、内なべの目盛りなどがわかりやすい)

すしやカレー用の美味いご飯ができる。

少しのお米でも美味しく炊ける。

少しだけ省エネ。(参考程度)

などが魅力に感じる人におすすめです。

 

 

JPC-H100は

何と言ってもこれだけの機能が安く買える。

タイガーの圧力IHという名前にふさわしい実力なんですよ。

そして、ツナとトマトの麦がゆのようなメニューがある。

などに魅力を感じる人にはおすすめです。

 

 

 

 

JPI-A100(5.5合炊き)のオフブラックを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

Amazon  |    楽天市場  |  Yahoo!ショッピング

 

JPI-A100(5.5合炊き)のオフホワイトを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

Amazon  |    楽天市場  |  Yahoo!ショッピング

 

JPI-A180(1升炊き)のオフホワイトを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

Amazon  |    楽天市場  |  Yahoo!ショッピング

 

JPC-H100(5.5合炊き)のシルキーホワイトを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

JPC-H100(5.5合炊き)のディープブラウンを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

JPC-H180(1升炊き)のディープブラウンを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

炊きたて「JPI-A」の口コミレビュー

 

ここでは圧力IHジャー炊飯器「炊きたて」新モデル「JPI-A」の口コミレビューについて紹介していきます。

 

 

このクラスに興味がある人はおいしいご飯が食べたいと思っていますよね。

 

どれほど美味しいのか、使いやすくなっているか、高い金を出す価値はあるのかが知りたいでしょうね。

 

中にはタイガーのデザインが好きだからという人もいそうです。

 

今回の機種もタイガーさんらしいデザインで私は好きですね。

 

台所に置くと、映えますね。

 

液晶も大きく見やすくなってるし、ボタンや目盛りもわかりやすそう♪

 

タイガーの圧力IHと言えば、

 

土鍋で炊いたようなふっくらもっちりしたご飯が食べた~い!

 

と期待に胸膨らませている人がたくさんいそうです。

 

特にタイガーさんはふっくらご飯に強みがあると言われていますね。

 

老舗の2大炊飯器メーカーとしてはぬかりはないと思いますが。。。。

 

 

8月21日発売以降に実際の口コミも増えていきそうですので、その都度アップさせていただきますね。

 

従来のJPC-Hの口コミでは、

 

ご飯はほっくりで満足。

美味しいご飯が炊けて子供たちも良く食べます。

ふっくらして美味しい。

 

というふうに評判も上々ですから新製品はより期待できますね♪

 

 

JPI-A100(5.5合炊き)のオフブラックを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

Amazon  |    楽天市場  |  Yahoo!ショッピング

 

JPI-A100(5.5合炊き)のオフホワイトを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

Amazon  |    楽天市場  |  Yahoo!ショッピング

 

JPI-A180(1升炊き)のオフホワイトを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

Amazon  |    楽天市場  |  Yahoo!ショッピング

 

タイガーJPI-AとJPC-Hの仕様について

 

それぞれの製品にはカラーラインナップがあります。

新発売予定のJPI-A100とJPI-A180には

JPI-A100にはオフブラック、オフホワイト、

JPI-A180にはオフホワイト

 

また、旧製品のJPC-Hにも5.5合炊きのJPC-H100と1升炊きのJPC-H180があり

JPC-H100にはシルキーホワイト、ディープブラウン、

JPC-H180にはディープブラウン

 

 

タイガーの圧力IHジャー炊飯器「炊きたて」新モデル「JPI-A」と従来モデル「JPC-H」の仕様について下の表で示してみますね。

 

 

 JPI-AJPC-H
加熱方式可変W圧力
釜包みIH
JPI-Aと同じ
最大炊飯容量5.5合:1.0L
1升:1.8L
5.5合:1.0L
1升:1.8L
年間電気消費量5.5合:87.5kWh/年

1升:140.0kWh/年
5.5合:89.7kWh/年

1升:142.6kWh/年
1回当たりの
炊飯時消費電力量
5.5合:171kWh
1升:237kWh
5.5合:172kWh
1升:235kWh
1時間当たりの
保温時消費電力量
5.5合:17.2Wh
1升:22.8Wh
5.5合:18.1Wh
1升:23.9Wh
サイズ(約:cm)
幅x奥行x高さ
5.5合
25.2x30.2x21.1

1升
27.5x32.9x24.2
JPI-Aと同じ
質量(約)5.5合:5.4kg
1升:6.5kg
JPI-Aと同じ
内なべ遠赤9層土鍋かまどコート釜
9層遠赤特厚釜
(3年保証)
熱封土鍋コーティング
5層遠赤特厚釜
(3年保証)
内なべ特厚3mmJPI-Aと同じ
内なべ遠赤JPI-Aと同じ
内なべ洗米OKJPI-Aと同じ
内なべとっ手つきJPI-Aと同じ
大型調圧キャップJPI-Aと同じ
つや艶内ふたJPI-Aと同じ
24時間保温JPI-Aと同じ
予約吸水タイマーJPI-Aと同じ
炊き上がり予約タイマー2メモリーJPI-Aと同じ
保温時間経過表示JPI-Aと同じ
操作画面大型クリア液晶
(オレンジ)
クリア液晶
(オレンジ)
メニューエコ炊き、白米、
極うま、早炊き、
少量高速、
冷凍ご飯、
炊込み(おこげ)、
おかゆ、玄米、
雑穀米、
麦めし(もち麦)、
麦めし(押麦)、
おこわ、調理、
すし・カレー、
少量旨火炊き
エコ炊き、白米、
極うま、早炊き、
少量高速、
冷凍ご飯、
炊込み(おこげ)、
おかゆ、玄米、
雑穀米、
麦めし(もち麦)、
麦めし(押麦)、
おこわ、調理、
麦がゆ
お手入れ洗浄コース
お手入れシボフレーム
JPI-Aと同じ
カラー5.5合:
オフブラック
オフホワイト
1升:
オフホワイト
5.5合:
シルキーホワイト
ディープブラウン
1升:
ディープブラウン
参考価格5.5合:76,780円

1升:80,080円
5.5合:27,700~59,380円
1升:36,130~61,335円

 

 

 

ちょっとだけ詳しく説明しますね。

 

・大型調圧キャップ(内ぶた(着脱式))

 

取り外して洗うことができる。内なべとスチームキャップの3点でかんたんにお手入れができるんです。

スチームキャップは食器洗浄機でも洗えるしね。

 

・つや艶内ふた

 

 

内ぶたに親水効果のある加工をしています、しずくになりにくく保温効果ももたらされます。

 

 

・予約吸水タイマー

 

事前にお米に水を吸わせるためのタイマーです。

10、20、30、40、50、60分の設定ができます。

 

吸水後炊き始めます。お米に水を吸わせることでふっくらとした美味しいご飯ができあがります。

 

 

・炊き上がり予約タイマー2メモリー

 

設定予約した時刻に炊けるようにできます。

予約1と予約2の2通りの時刻が設定でき、それを記憶できます。

 

 

お手入れ

 

・洗浄コース

内なべに水を入れセットしコンセントにつなぐ。

メニューで「洗浄」を選択し次に「炊飯|無洗米」を押すと洗浄開始してくれます。

おこげが付いても洗いやすくなりますね♪

 

・お手入れシボフレーム

 

おねばがついてもお手入れのしやすい加工がされています。

 

 

まとめ

 

タイガー魔法瓶の圧力IHジャー炊飯器「炊きたて」新モデル「JPI-A」は

 

よりおいしいご飯が食べられて使いやすさが進化している。(操作画面、ボタン類、内なべの目盛りなどがわかりやすい)

 

すしやカレー用の美味いご飯ができるや少しのお米でも美味しく炊けるなど魅力があふれる新製品でした。

 

数値上は少しだけ省エネですが、各家庭の使い方でどうとでもなりそうなので参考程度にしましょう。

 

 

従来の製品の「JPC-H」も十分おいしいご飯が食べられるので、リーズナブルな値段で買えるのならお買い得といえますね。

 

 

JPI-A100(5.5合炊き)のオフブラックを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

Amazon  |    楽天市場  |  Yahoo!ショッピング

 

JPI-A100(5.5合炊き)のオフホワイトを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

Amazon  |    楽天市場  |  Yahoo!ショッピング

 

JPI-A180(1升炊き)のオフホワイトを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

Amazon  |    楽天市場  |  Yahoo!ショッピング

 

JPC-H100(5.5合炊き)のシルキーホワイトを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

JPC-H100(5.5合炊き)のディープブラウンを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

JPC-H180(1升炊き)のディープブラウンを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

-家電

執筆者:

関連記事

IB-NP9とIB-MP9の違いを比較!プラズマクラスタードライヤー口コミや仕様を調査

  シャーププラズマクラスタードライヤーIB-NP9とIB-MP9の違いを比較します。   風の力で美髪ケア。多彩なモードでヘアドライのIB-NP9の口コミや仕様を紹介します。 & …

SRK3621SとSRK36SYの違いを比較!ビーバーエアコン口コミ・仕様を調査

  三菱重工ビーバーエアコン ハイスペックモデル 12畳用SRK3621SとSRK36SYの違いを比較します。   ビーバーエアコンSシリーズ12畳用SRK3621Sの口コミ・仕様 …

KC-30T7とKC-N50の違いを比較!シャープ加湿空気清浄機口コミ・仕様を調査

  シャープ加湿空気清浄機KC-30T7とKC-N50の違いを比較します。   1人暮らし用のコスパの良いシャープ加湿空気清浄機KC-30T7の口コミ・仕様を紹介します。 &nbs …

NR-F557HPXとNR-F556HPXの違いを比較!6ドア冷蔵庫口コミ・仕様を調査

  パナソニック冷蔵庫「はやうま冷凍」搭載 幅68.5㎝奥行きスリム大容量550L NR-F557HPXとNR-F556HPXの違いを比較します。   Iot対応冷蔵庫NR-F55 …

ES-WS13とES-G112の違いを比較!ドラム式洗濯乾燥機口コミ・仕様を調査

  シャープ プラズマクラスター洗濯乾燥機 ヒートポンプ乾燥方式モデル ES-WS13とES-G112の違いを比較します。   ドラム式洗濯乾燥機ES-WS13の口コミ・仕様を紹介 …

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくポチッとね♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村