商品情報

いいねしたくなるものを集めました。

空気清浄機

MCK50YとMCK40Xの違いを比較!ダイキン加湿ストリーマ空気清浄機口コミや仕様を調査

投稿日:2021年10月24日 更新日:

 

ダイキン ストリーマ加湿空気清浄機MCK50YとMCK40Xの違いを比較します。

 

スクエアフォルムでさりげなくお部屋にとけこむ、機能を厳選したスリムタワー型 MCK50Yの口コミや仕様を紹介します。

 

 

MCK50YとMCK40Xの違いは

 

MCK50Yは

空気清浄の適用床面積が大きい。

抗菌加湿フィルター採用。

加湿量が多い。

清潔性がアップしている。

 

MCK40Xは

価格が安い。

より静かです。

 

つまり

MCK50Yはより空気清浄の適用床面積が大きく、加湿量が多く、清潔性が向上しているのでおすすめです。

MCK40Xは価格を重視するならどうぞ。

 

 

MCK50Yの口コミは

 

ほこりや臭いセンサーが優秀。使い始める前は就寝中アレルギーで目が痒くなったりしていたが、使い始めてからかなり軽減された。

部屋が常に無臭なので、しっかり機能していると思います。

 

などのMCK40Xの口コミからも期待できます♪

 

 

MCK50Yの口コミや仕様を含めて詳細は本文をご覧ください。

 

 

 

こちらのリンク先で

MCK50Yを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ダイキン ストリーマ加湿空気清浄機 MCK50Y ホワイト
created by Rinker

MCK40Xを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ダイキン ストリーマ加湿空気清浄機 MCK40X ホワイト
created by Rinker

MCK50YとMCK40Xの違いを比較

 

ダイキン ストリーマ加湿空気清浄機MCK50YとMCK40Xの違いをそれぞれの良いところを示して比較します。

 

MCK50Yは

空気清浄の適用床面積が大きい。

抗菌加湿フィルター採用。

加湿量が多い。

清潔性がアップしている。

 

MCK40Xは

価格が安い。

より静かです。

 

 

それでは詳細を確認しましょう。

 

 

MCK50Yの良いところ

空気清浄の適用床面積が大きい

 

空気清浄の適用床面積は22畳までで、MCK40X(19畳)よりも広いです。

 

最大風量が5m3/分で、MCK40Xの4m3/分よりも大きく。

 

空気清浄や加湿空気清浄の時間(8畳あたり)も13分で、MCK40Xでは15分かかることからも性能がより高いことがわかりますね。

 

抗菌加湿フィルター採用

 

ストリーマや銀イオン剤(水トレー)のほかに、

 

製薬会社の持続性抗菌剤を用いた加湿フィルターを採用しています。

 

より清潔空間を維持するのに貢献します。

 

加湿量が多い

 

加湿量が460ml/時で、MCK40X(400ml/時)よりも多いです。

 

より速く加湿できますね。

 

清潔性がアップしている

 

 

操作シート部分を抗菌仕様にしているので、より清潔性がアップしています。

 

MCK40Xの良いところ

価格が安い

 

MCK40XはMCK50Yよりも9千円安い。(2021年10月22日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値より)

 

MCK40Xは古い製品のため、経年変化がよりあることを理解しておきましょう。

 

価格はタイミングなどで変動するので、1つの参考にしてくださいね。

 

2021年10月22日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値

MCK50Y:34,800円

MCK40X:25,800円

 

より静かです

 

ターボ時の運転音が49㏈で、MCK50Y(52㏈)よりも静かです。

 

3㏈違えばはっきりわかるレベルですから。

 

それほど能力がいらないなら、静かであるに越したことはないですね。

 

 

 

 

もう一度確認すると

MCK50Yはより空気清浄の適用床面積が大きく、加湿量が多く、清潔性が向上しているのでおすすめです。

MCK40Xは価格を重視するならどうぞ。

 

 

MCK50Yを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ダイキン ストリーマ加湿空気清浄機 MCK50Y ホワイト
created by Rinker

MCK40Xを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ダイキン ストリーマ加湿空気清浄機 MCK40X ホワイト
created by Rinker

MCK50Yの口コミについて

 

ダイキン ストリーマ加湿空気清浄機MCK50Yの直接の口コミはまだないです。

 

MCK40Xの口コミをみてみると

 

ほこりや臭いセンサーが優秀。使い始める前は就寝中アレルギーで目が痒くなったりしていたが、使い始めてからかなり軽減された。

出典:価格.com

部屋が常に無臭なので、しっかり機能していると思います。

出典:価格.com

かなり静かです。最大にしても全く気になりません。

出典:価格.com

タンも視覚的に分かりやすく、リモコンの操作性も良好。ほとんど自動運転で問題ありません。

出典:価格.com

空調を扱うその道のプロフェッショナルとして長年台頭してきた企業で信用されているからこそ信頼できる。間違いないと思う。

出典:価格.com

 

などがあります。

 

少し静粛性に欠けますが、空気清浄の適用床面積が大きく、加湿量が多く、清潔性が向上しているMCK50Yはより口コミも良いことが想像できますね。

 

 

MCK50Yを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ダイキン ストリーマ加湿空気清浄機 MCK50Y ホワイト
created by Rinker

MCK40Xを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ダイキン ストリーマ加湿空気清浄機 MCK40X ホワイト
created by Rinker

MCK50Yの仕様について

 

ダイキン ストリーマ加湿空気清浄機MCK50Yの仕様をMCK40Xと対比して以下の表で示します。

 

 

 MCK50YMCK40X
タイプ加湿空気清浄機同じ
最大適用床面積22畳(37m2)19畳(31m2)
集じん方式ファン式同じ
フィルター種類HEPAHEPA
フィルター寿命10 年同じ
騒音値 52 db
49 db
最大風量/分5.0 ㎥4.0 ㎥
清浄時間13分(8畳)15分(8畳)
設置タイプ据置き同じ
加湿機能同じ
適用畳数(木造和室)8畳(13m2)7畳(11m2)
適用畳数(プレハブ洋室)13畳(21m2)11畳(18m2)
タンク容量2.7L同じ
加湿量/h460ml400ml
加湿清浄時間13分(8畳)15分(8畳)
除湿機能
PM2.5除去率0.1~2.5μmの粒子を99%キャッチ同じ
花粉モード同じ
ストリーマ同じ
除菌機能同じ
脱臭機能同じ
消臭機能
タイマー機能
対応センサーニオイセンサー/温度センサー/湿度センサー同じ
フィルター除去・抑制ウイルス/カビ菌/菌/ホコリ/黄砂/室内汚染物質/街の排ガス/自動車の排ガス/VOC系の化学物質/ディーゼル粉じん/花粉/PM2.5/カビ臭/ペット臭/体臭/アンモニア臭/生ゴミ臭/料理臭/タバコの臭い/アレル物質(ゴキブリ:フン/ダニ:フン・死がい/ネコ・イヌ・ハムスター:フケ・毛/小麦粉)カビ/花粉/ダニのフンや死骸などのアレル物質/ニオイ/ホルムアルデヒド/ディーゼル粉塵/Nox/ホコリ/黄砂
その他機能アクティブプラズマイオン
銀イオンカートリッジ
リモコン付き
同じ
スマホ連携
アプリ
スマホで遠隔操作
おまかせ運転
エアコンとの連携
スマートスピーカー対応
幅x高さx奥行mm270x700x270同じ
重さ9.5 kg同じ

 

 

 

それでは、少し特徴などを紹介します。

 

 

ストリーマ

加湿フィルターも集じんフィルターもストリーマで除菌。

 

集じんフィルターのニオイもストリーマで分解して再生するから脱臭能力が持続します。

 

節電運転

消費電力と運転音を抑えた運転をします。

空気がきれいな状態がしばらく続くと、自動でみはり運転モードになります。

 

花粉運転

ゆるやかな気流を起こすように運転して、花粉が床に落ちるまでに集じんしやすいです。

 

表示ランプ調整

リモコンで本体表示ランプの明るさを調整できます。

 

チャイルドロック

リモコンでの設定で、「チャイルドロック」ボタンを長押し(2秒)すると操作が制限されます。

設定は本体表示パネルのチャイルドロックランプでわかります。

 

キャスター別売り

移動に便利なキャスター(KKS080B41)が購入できます。(希望小売価格2,800円(税抜))

また、「安定性を高める置台」(KKS080A42)も別売りで購入できます。(希望小売価格3,000円(税抜))

使えるのはどちらか一方だけです。

 

 

 

 

より広い部屋に対応する上位機種のMCK55Yに興味がある方は以下の参考記事をご覧ください。

参考記事⇒MCK55YとMCK55Xの違いを比較!ダイキン加湿ストリーマ空気清浄機口コミや仕様を調査

 

 

まとめ

 

ダイキン ストリーマ加湿空気清浄機MCK50YとMCK40Xの違いは

 

MCK50Yは

空気清浄の適用床面積が大きい。

抗菌加湿フィルター採用。

加湿量が多い。

清潔性がアップしている。

 

MCK40Xは

価格が安い。

より静かです。

 

つまり

MCK50Yはより空気清浄の適用床面積が大きく、加湿量が多く、清潔性が向上しているのでおすすめです。

MCK40Xは価格を重視するならどうぞ。

 

 

MCK50Yの口コミは

 

ほこりや臭いセンサーが優秀。使い始める前は就寝中アレルギーで目が痒くなったりしていたが、使い始めてからかなり軽減された。

部屋が常に無臭なので、しっかり機能していると思います。

 

などのMCK40Xの口コミからも期待できるでしょう。

 

 

MCK50Yを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ダイキン ストリーマ加湿空気清浄機 MCK50Y ホワイト
created by Rinker

MCK40Xを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ダイキン ストリーマ加湿空気清浄機 MCK40X ホワイト
created by Rinker

-空気清浄機
-

執筆者:

関連記事

KI-PD50とKI-ND50の違いを比較!除加湿空気清浄機口コミや仕様を調査

シャープ プラズマクラスター25000搭載 除加湿空気清浄機KI-PD50とKI-ND50の違いを比較します。 約10畳用の加湿、衣類乾燥もできる空気清浄機KI-PD50の口コミや仕様を紹介します。 …

MCK70XとMCK70Wの違いを比較!ダイキン加湿空気清浄機口コミ・仕様を調査

  ダイキン ストリーマ加湿空気清浄機MCK70XとMCK70Wの違いを比較します。   リビングや寝室などに最適なハイグレードタイプ ストリーマ加湿空気清浄機MCK70Xの口コミ …

MC55XとMC55Wの違いを比較!ダイキン空気清浄機口コミ・仕様を調査

  ダイキン ストリーマ空気清浄機MC55XとMC55Wの違いを比較します。   ワンルームや寝室などに最適なコンパクトタイプ ストリーマ空気清浄機MC55Xの口コミ・仕様を紹介し …

KI-PX100とKI-NP100の違いを比較!シャープ加湿空気清浄機口コミや仕様を調査

  シャーププラズマクラスターnext搭載プレミアムモデル加湿空気清浄機KI-PX100とKI-NP100の違いを比較します。   業界初1,000mL/hの大容量加湿ができるKI …

FU-NC01とFU-N50の違いを比較!シャープ空気清浄機口コミ・仕様を調査

  シャープ プラズマクラスター空気清浄機FU-NC01とFU-N50の違いを比較します。   小部屋で使うのにちょうどいいプラズマクラスター空気清浄機FU-NC01の口コミ・仕様 …

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくポチッとね♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村