商品情報

いいねしたくなるものを集めました。

空気清浄機

KI-PX75とKI-NX75の違いを比較!シャープ加湿空気清浄機口コミや仕様を調査

投稿日:2021年12月26日 更新日:

 

シャーププラズマクラスター加湿空気清浄機KI-PX75とKI-NX75の違いを比較します。

 

業界トップクラス900mL/hのパワフル加湿。プラズマクラスターNEXT搭載ハイグレードモデルKI-PX75の口コミや仕様を紹介します。

 

 

KI-PX75とKI-NX75の違いは

 

KI-PX75は

加湿能力が高い。

プラズマクラスターNEXT採用。

飛沫粒子をより捕集できる。

微粒子・ハウスダスト・ニオイモニターあり。

 

KI-NX75は

価格が安い。

プラズマクラスター適用床面積が広い。

 

つまり

KI-PX75は加湿量や清潔性がアップしていて、状況の確認がしやすいのでおすすめです。

KI-NX75は価格を重視するならどうぞ。

 

 

KI-PX75の口コミは

 

現在使用していますがフルパワーで稼働している時以外は、音も静かで気になりません。 効果は目に見えるものではありませんが、外出先から帰ってきた時などは汚れを検知と言って風量が増加したりしますので、外から埃や花粉などが入ってきたら検知しているのかなと思います。 また自動でお掃除機能もついているので便利です。

しかし良い仕事をしてくれるので、買って良かったと思います。PM2.5など感知したり、湿度が低くなったらメッセージを伝えてくれるので、わかりやすいです。初めての空気清浄機なので良いものをと思い奮発した甲斐があったなと思います。

 

などの旧型のKI-PX75の口コミからも期待できます♪

 

 

KI-PX75の口コミや仕様を含めて詳細は本文をご覧ください。

 

 

 

こちらのリンク先で

KI-PX75を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

シャープ プラズマクラスターNEXT搭載ハイグレードモデル 加湿空気清浄機 KI-PX75 ホワイト系・ブラウン系
created by Rinker

旧型のKI-NX75を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

シャープ プラズマクラスター25000搭載モデル 加湿空気清浄機 KI-NX75 ホワイト系・ブラウン系
created by Rinker

KI-PX75とKI-NX75の違いを比較

 

シャーププラズマクラスター加湿空気清浄機KI-PX75とKI-NX75の違いをそれぞれの良いところを示して比較します。

 

KI-PX75は

加湿能力が高い。

プラズマクラスターNEXT採用。

飛沫粒子をより捕集できる。

微粒子・ハウスダスト・ニオイモニターあり。

 

KI-NX75は

価格が安い。

プラズマクラスター適用床面積が広い。

 

 

それでは詳細を確認しましょう。

 

 

KI-PX75の良いところ

加湿能力が高い

 

加湿能力が最大900mL/hで、KI-NX75(最大880mL/h)よりも20mL/h高くなりました。

 

ただ、コンパクトになってる関係から、タンクの容量が約3.2Lで、KI-NX75(約3.6L)よりも400mL少なくなっているんですけどね。

 

外形寸法(mm)

KI-PX75:幅395×奥行305×高さ650

KI-NX75:幅400×奥行359×高さ693

プラズマクラスターNEXT採用

 

 

シャープ最高峰の空気清浄力のプラズマクラスターNEXTが採用されています。

 

静電気の抑制、消臭、空気浄化などの効果の幅と浄化スピードがアップしてます。

 

KI-NX75はプラズマクラスターの濃度が約半分のプラズマクラスター25000です。

飛沫粒子をより捕集できる

 

 

ウイルス飛沫粒子がよどみやすい天井面に対して循環気流に乗せて吸塵する「飛沫粒子気流」を作り出す「飛沫粒子モード」を搭載しています。

微粒子・ハウスダスト・ニオイモニターあり

 

微粒子・ハウスダスト・ニオイモニターが追加で搭載されています。

 

また、きれいになっていく空気の様子も見れるようになりました。

 

KI-NX75の良いところ

価格が安い

 

KI-NX75はKI-PX75よりも約3万8千円安い。(2021年12月25日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値より)

 

KI-NX75は旧型なので、経年変化がよりあることを理解しておきましょう。

 

価格はタイミングなどで変動するので、1つの参考にしてくださいね。

 

2021年12月25日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値

KI-PX75:82,610円

KI-NX75:44,630円(ブラウン系)

KI-NX75:44,800円(ホワイト系)

 

プラズマクラスター適用床面積が広い

 

プラズマクラスター適用床面積が約21畳(約35㎡)で、KI-PX75(約18畳 約30㎡)より3畳ほど広い。

 

ただ、プラズマクラスター自体の濃度などが約倍なので比較はできないとは思います。

 

 

 

 

もう一度確認すると

KI-PX75は加湿量や清潔性がアップしていて、状況の確認がしやすいのでおすすめです。

KI-NX75は価格を重視するならどうぞ。

 

 

KI-PX75を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

シャープ プラズマクラスターNEXT搭載ハイグレードモデル 加湿空気清浄機 KI-PX75 ホワイト系・ブラウン系
created by Rinker

旧型のKI-NX75を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

シャープ プラズマクラスター25000搭載モデル 加湿空気清浄機 KI-NX75 ホワイト系・ブラウン系
created by Rinker

KI-PX75の口コミについて

 

シャーププラズマクラスター加湿空気清浄機KI-PX75の直接の口コミはまだないです。

 

旧型のKI-NX75の口コミをみてみると

 

現在使用していますがフルパワーで稼働している時以外は、音も静かで気になりません。 効果は目に見えるものではありませんが、外出先から帰ってきた時などは汚れを検知と言って風量が増加したりしますので、外から埃や花粉などが入ってきたら検知しているのかなと思います。 また自動でお掃除機能もついているので便利です。

出典:Yahoo!ショッピング

無線lan搭載ということで、出かけている時に出先からコントロールできるのがいいと思います。

出典:Yahoo!ショッピング

運転音がとても静かですが、床に積もる埃が全然気にならないほど働いてくれています。 思いもよらず楽しめているのが、事あるごとに喋ること。

出典:Yahoo!ショッピング

しかし良い仕事をしてくれるので、買って良かったと思います。PM2.5など感知したり、湿度が低くなったらメッセージを伝えてくれるので、わかりやすいです。初めての空気清浄機なので良いものをと思い奮発した甲斐があったなと思います。

出典:Yahoo!ショッピング

デザインや性能は気にいっています。耐久性はこれからの検証となりますが、プラズマクラスターの当初モデルも実家で稼働しているので、大丈夫かなと思っています。

出典:Yahoo!ショッピング

 

などがあります。

 

加湿や清潔機能などがアップしているKI-PX75も良い口コミが推測できますね。

 

 

KI-PX75を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

シャープ プラズマクラスターNEXT搭載ハイグレードモデル 加湿空気清浄機 KI-PX75 ホワイト系・ブラウン系
created by Rinker

旧型のKI-NX75を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

シャープ プラズマクラスター25000搭載モデル 加湿空気清浄機 KI-NX75 ホワイト系・ブラウン系
created by Rinker

KI-PX75の仕様について

 

シャーププラズマクラスター加湿空気清浄機KI-PX75の仕様をKI-NX75と対比して以下の表で示します。

 

 

 KI-PX75KI-NX75
浄化方式空中浄化(プラズマクラスターNEXT)&フィルター浄化空中浄化(プラズマクラスター25000)&フィルター浄化
イオン濃度プラズマクラスターNEXT(高濃度) プラズマクラスター25000
適用床面積プラズマクラスター:約18畳(約30㎡)
空気清浄:~34畳(56㎡)
加湿空気清浄:~25畳(41㎡;プレハブ洋室)・~15畳(25㎡;木造和室)
プラズマクラスター:約21畳(約35㎡)
空気清浄:~34畳(56㎡)
加湿空気清浄:~24畳(40㎡;プレハブ洋室)・~15畳(25㎡;木造和室)
清浄時間通常:8畳 9分
加湿清浄:8畳 11分
通常:8畳 9分
加湿清浄:8畳 12分
加湿方式気化方式(最大900ml/h)気化方式(最大880ml/h)
給水タンク容量約3.2L約3.6L
運転音(dB)空気清浄時
強:52 中:47 静音:20
加湿空気清浄時
強:48 中:47 静音:21
空気清浄時
強:53 中:44 静音:19
加湿空気清浄時
強:45 中:44 静音:21
待機時消費電力1.2〜1.4W0.7〜1.2W
外形寸法(mm)
(幅x奥行x高さ)
395x305x650400x359x693
重さ(kg)約13約12
電源コード長さ(m) 約1.8同じ
フィルター静電へパフィルター(集じん)
ダブル脱臭フィルター(脱臭)
防菌・防カビ ホコリブロックプレフィルター
静電へパフィルター(集じん)
ダブル脱臭フィルター(脱臭)
防菌・防カビ ホコリブロックプレフィルター
使い捨てフィルター
センサーホコリ ニオイ 湿度 温度 照度ホコリ ニオイ 湿度 温度 照度
モニターPM2.5、温度・湿度、電気代、キレイ度、ニオイ度、ホコリ
温度・湿度、電気代、キレイ度
AI加湿サポートかしこく加湿かしこく加湿
気流スピード循環気流同じ
自動ホコリ掃除機能
COCORO AIR機能天気・生活シーンで最適化
使い方学習機能
効果実感モード(人感センサーで運転をコントロール)
天気・生活シーンで最適化
使い方学習機能
効果実感モード(人感センサーで運転をコントロール)

 

 

 

その他の主な特徴などはこちらをご覧ください。

 

 

まとめ

 

シャーププラズマクラスター加湿空気清浄機KI-PX75とKI-NX75の違いは

 

KI-PX75は

加湿能力が高い。

プラズマクラスターNEXT採用。

飛沫粒子をより捕集できる。

微粒子・ハウスダスト・ニオイモニターあり。

&nbsp

KI-NX75は

価格が安い。

プラズマクラスター適用床面積が広い。

 

つまり

KI-PX75は加湿量や清潔性がアップしていて、状況の確認がしやすいのでおすすめです。

KI-NX75は価格を重視するならどうぞ。

 

 

KI-PX75の口コミは

 

現在使用していますがフルパワーで稼働している時以外は、音も静かで気になりません。 効果は目に見えるものではありませんが、外出先から帰ってきた時などは汚れを検知と言って風量が増加したりしますので、外から埃や花粉などが入ってきたら検知しているのかなと思います。 また自動でお掃除機能もついているので便利です。

しかし良い仕事をしてくれるので、買って良かったと思います。PM2.5など感知したり、湿度が低くなったらメッセージを伝えてくれるので、わかりやすいです。初めての空気清浄機なので良いものをと思い奮発した甲斐があったなと思います。

 

などの旧型のKI-PX75の口コミからも期待できるでしょう。

 

 

KI-PX75を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

シャープ プラズマクラスターNEXT搭載ハイグレードモデル 加湿空気清浄機 KI-PX75 ホワイト系・ブラウン系
created by Rinker

旧型のKI-NX75を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

シャープ プラズマクラスター25000搭載モデル 加湿空気清浄機 KI-NX75 ホワイト系・ブラウン系
created by Rinker

-空気清浄機
-

執筆者:

関連記事

F-VXT90とF-VXS90の違いを比較!加湿空気清浄器口コミ・仕様を調査

  パナソニック ナノイーX 加湿空気清浄機F-VXT90とF-VXS90の違いを比較します。   ナノイーX 加湿空気清浄機F-VXT90の口コミ・仕様を紹介します。 &nbsp …

MC55YとMC55Xの違いを比較!ダイキンストリーマ空気清浄機口コミや仕様を調査

  ダイキン ストリーマ空気清浄機MC55YとMC55Xの違いを比較します。   充実の空気清浄能力を備えた、圧迫感のないコンパクトタイプのMC55Yの口コミや仕様を紹介します。 …

FU-NC01とFU-N50の違いを比較!シャープ空気清浄機口コミ・仕様を調査

  シャープ プラズマクラスター空気清浄機FU-NC01とFU-N50の違いを比較します。   小部屋で使うのにちょうどいいプラズマクラスター空気清浄機FU-NC01の口コミ・仕様 …

MCK70XとMCK70Wの違いを比較!ダイキン加湿空気清浄機口コミ・仕様を調査

  ダイキン ストリーマ加湿空気清浄機MCK70XとMCK70Wの違いを比較します。   リビングや寝室などに最適なハイグレードタイプ ストリーマ加湿空気清浄機MCK70Xの口コミ …

KI-PD50とKI-ND50の違いを比較!除加湿空気清浄機口コミや仕様を調査

シャープ プラズマクラスター25000搭載 除加湿空気清浄機KI-PD50とKI-ND50の違いを比較します。 約10畳用の加湿、衣類乾燥もできる空気清浄機KI-PD50の口コミや仕様を紹介します。 …

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくポチッとね♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村