商品情報

いいねしたくなるものを集めました。

イヤホン

EAH-AZ60とEAH-AZ70の違いを比較!完全ワイヤレスイヤホン口コミや仕様を調査

投稿日:


 

テクニクス完全ワイヤレスイヤホンEAH-AZ60とEAH-AZ70Wの違いを比較します。

 

リアルな高音質とクリアな通話音質により、さまざまなシーンで活用できる高性能モデルEAH-AZ60の口コミや仕様を紹介します。

 

 

EAH-AZ60とEAH-AZ70Wの違いは

 

EAH-AZ60は

外音取り込みモードが2つある。

7種のイヤーピース付属。

再生時間がより長い。

充電ケースがよりコンパクトで軽量。

LDACコーデックに対応。

Google Fast Pairに対応。

Amazon Alexaにも対応。

マルチポイントに対応。

 

EAH-AZ70Wは

価格が安い。

 

つまり

EAH-AZ60はより着け心地がよく、使い勝手がいいのでおすすめです。

EAH-AZ70Wは価格を重視するならいいでしょう。

 

 

EAH-AZ60の口コミは

 

EAH-AZ60はEAH-AZ70のドライバ径10mmから8mmに小径化されたと言う事だが思いの外に低音の量感があって特にキック音が耳に付く。

どちらかというとドンシャリだと思いますが、強いドンシャリではないです。キラキラした解像度の高い高音はクセになります。

 

などがあります。

 

 

EAH-AZ60の口コミや仕様を含めて詳細は本文をご覧ください。

 

 

 

こちらのリンク先で

EAH-AZ60を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

テクニクス完全ワイヤレスイヤホン EAH-AZ60 ブラック・シルバー
created by Rinker

EAH-AZ70Wを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

テクニクス完全ワイヤレスイヤホン EAH-AZ70W シルバー・ブラック
created by Rinker

EAH-AZ60とEAH-AZ70Wの違いを比較

 

テクニクス完全ワイヤレスイヤホンEAH-AZ60とEAH-AZ70Wの違いをそれぞれの良いところを示して比較します。

 

EAH-AZ60は

外音取り込みモードが2つある。

7種のイヤーピース付属。

再生時間がより長い。

充電ケースがよりコンパクトで軽量。

LDACコーデックに対応。

Google Fast Pairに対応。

Amazon Alexaにも対応。

マルチポイントに対応。

 

EAH-AZ70Wは

価格が安い。

 

 

それでは詳細を確認しましょう。

 

 

EAH-AZ60の良いところ

外音取り込みモードが2つある

 

「トランスペアレントモード」という通常の周囲の音を拾い上げて確認できるモードと、

 

音楽再生を一時中止し、より周囲の会話やアナウンスの人の声に注意を傾けることができる「アテンションモード」も選べるようになりました。

 

モードの切り替えは専用アプリ「Technics Audio Connect」の設定でできるので、快適に使うことができます。

 

7種のイヤーピース付属

 

イヤーピースはシリコン製の正円タイプを採用していて、周辺部と中心部でシリコンの硬度を変化させて最適化し、なおかつ、7種のサイズが選べるのでフィット感や遮音性をより追及できます。

 

再生時間がより長い

 

ノイズキャンセリングONでもイヤホン単独での再生時間が約7時間あり、EAH-AZ70W(約6.5時間)よりも約30分長く再生できます。

 

充電ケース込みではノイズキャンセリングONでは最大24時間で、EAH-AZ70W(約19.5時間)よりも3時間半長く再生できるし、

 

ノイズキャンセリングOFFでは最大25時間で、EAH-AZ70W(約22.5時間)よりも2時間半長く再生できます。

 

充電ケースがよりコンパクトで軽量

 

充電ケースの重さが約45gで、EAH-AZ70W(約65g)よりも20g軽量です。

 

サイズもコンパクトなので携帯性がいいですね。

 

イヤホン単体では双方ともに7g(片耳)になっています。

 

LDACコーデックに対応

 

アコースティックコントロールチャンバー、新開発ハーモナイザーや直径8㎜のバイオセルロース振動板を採用したドライバーなどが、ハイレゾ音質の伝送が可能なLDACコーデックとの共演で、高音質の音楽の再現に挑戦します。

 

EAH-AZ70Wの10㎜ドライバーにも負けない音質が得られたのではと想像します。

 

Google Fast Pairに対応

 

Android端末とのペアリングがより簡単にできる「Google Fast Pair」に対応しているので、Android6.0以降の端末とならワンタッチでペアリングが完了します。

 

Android端末1台までの対応になります。

 

Amazon Alexaにも対応

 

イヤホン本体のタッチセンサーで音声アシスタントの起動が可能です。

 

Amazon Alexaにも対応しているので、タッチで起動することも音声での起動も可能です。

 

マルチポイントに対応

 

2台の機器に接続して、同時待ち受けができます。

 

例えば、1台のスマホで音楽を聴いていても、別のスマホにかかってきた電話に応対ができるので、便利です。

 

EAH-AZ70Wの良いところ

価格が安い

 

EAH-AZ70Wは約3千円安い。(2021年10月24日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値より)

 

価格はタイミングなどで変動するので、1つの参考にしてくださいね。

 

2021年10月24日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値

EAH-AZ60:28,000円

EAH-AZ70W:24,690円(ブラック)

EAH-AZ70W:24,738円(シルバー)

 

 

 

 

もう一度確認すると

EAH-AZ60はより着け心地がよく、使い勝手がいいのでおすすめです。

EAH-AZ70Wは価格を重視するならいいでしょう。

 

 

EAH-AZ60を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

テクニクス完全ワイヤレスイヤホン EAH-AZ60 ブラック・シルバー
created by Rinker

EAH-AZ70Wを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

テクニクス完全ワイヤレスイヤホン EAH-AZ70W シルバー・ブラック
created by Rinker

EAH-AZ60の口コミについて

 

テクニクス完全ワイヤレスイヤホンEAH-AZ60の口コミをみてみると

 

どちらかというとドンシャリだと思いますが、強いドンシャリではないです。キラキラした解像度の高い高音はクセになります。

出典:価格.com

EAH-AZ60はEAH-AZ70のドライバ径10mmから8mmに小径化されたと言う事だが思いの外に低音の量感があって特にキック音が耳に付く。

出典:価格.com

EAH-AZ60はEAH-AZ70に比べるとかなり薄くなったので耳甲介で支える感じから軽く嵌る感じに変わった。付属のイヤーピースはXS2、S2、XS1、S1、M、L、XLと7種類も付属していてマッチングによるノイキャンの効きに留意するような注意書きがある所からEAH-AZ60の第一目標はやはりノイキャン性能なのかなと思わせるフシがある。

出典:価格.com

EAH-AZ60のバッテリーケースはEAH-AZ70のバッテリーケースに比べて本当に小さくなった。ただ、この価格帯としてはワイヤレス充電のQiに対応していない、バッテリーケースの残量がアプリで確認出来ないなどスマホユーザーのニーズを汲み取れていないマーケティング不足が感じられる。

出典:価格.com

マルチポイント接続を維持しながら3台目への接続がタップにより順繰りに切り替えられる。

出典:価格.com

 

などがあります。

 

EAH-AZ70Wの充電ケースには3つのLEDがついていて、電池残量が確かめられます、その分ケースが大きいのかもしれないですが、EAH-AZ60にも確認できるなんらかの方法がほしかったですね。

 

まあ、より長く再生できるのでいいことはいいのですが。

 

 

EAH-AZ60を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

テクニクス完全ワイヤレスイヤホン EAH-AZ60 ブラック・シルバー
created by Rinker

EAH-AZ70Wを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

テクニクス完全ワイヤレスイヤホン EAH-AZ70W シルバー・ブラック
created by Rinker

EAH-AZ60の仕様について

 

テクニクス完全ワイヤレスイヤホンEAH-AZ60の仕様をEAH-AZ70Wと対比して以下の表で示します。

 

 

 EAH-AZ60EAH-AZ70W
イヤホンタイプ密閉型(カナル型)
同じ
ドライバーサイズ8mm 10mm
マグネット
チップ
ノイズキャンセリング同じ
外音取り込みモード○2つのモード 
音質調整同じ
自動電源ON/OFF機能同じ
リモコン 同じ
マイクMEMS型同じ
操作性タッチセンサー同じ
コントロール左側: シングルタップで再生/停止/受話、ダブルタップで音量小、トリプルタップで音量大、タップ&ホールド2秒長押しで終話/着信拒否/ボイスアシスタント起動
右側:シングルタップで再生/停止/受話、ダブルタップで曲送り/ミュート、トリプルタップで曲戻し/ノイズレベルの切り替え、タップ&ホールド2秒長押しで終話/着信拒否/外音コントロール
左側: シングルタップで再生/停止/受話、ダブルタップで音量小、トリプルタップで音量大、タップ&ホールド2秒長押しで終話/着信拒否/ボイスアシスタント起動
右側:シングルタップで再生/停止/受話、ダブルタップで曲送り、トリプルタップで曲戻し、タップ&ホールド2秒長押しで終話/着信拒否/外音コントロール
AIアシスタント呼び出し機能〇(Amazon Alexa可)
装着性7種のイヤーピース4種のイヤーピース
本体のバッテリー約7時間(ノイズキャンセリングON、AAC) 約7.5時間(ノイズキャンセリングOFF、AAC) 連続音声再生時間: 約6.5時間(ノイズキャンセリングON、AAC) 約7.5時間(ノイズキャンセリングOFF、AAC)
ケース込み時のバッテリー約24時間(ノイズキャンセリングON、AAC) 約25時間(ノイズキャンセリングOFF、AAC)約19.5時間(ノイズキャンセリングON、AAC) 約22.5時間(ノイズキャンセリングOFF、AAC)
充電約2時間(本体)約2.5時間(充電ケースのみ)約3.5時間(本体+充電ケース)15分充電で約70分(ノイズキャンセリングON、AAC) 約80分(ノイズキャンセリングOFF、AAC)約2時間(本体)約2.5時間(充電ケースのみ)約4時間(本体+充電ケース)15分充電で約70分(ノイズキャンセリングON、AAC) 約80分(ノイズキャンセリングOFF、AAC)
充電ケースDC3.7V:内臓充電式リチウムイオン電池同じ
充電ケースの端子USB Type-C同じ
ワイヤレス充電
重さ7g(片耳)
約45g(充電ケース)
7g(片耳)
約65g(充電ケース)
BluetoothBluetooth標準規格 Version5.2 Bluetooth power class1
Bluetooth標準規格 Version5.0 Bluetooth power class1
最大通信距離約10m同じ
コーデックSBC、AAC、LDACSBC、AAC
ハイレゾ
対応BluetoothプロファイルA2DP、AVRCP、HFP、HSP同じ
防水・防塵性能IPX4同じ
NFC
Google Fast Pair
ワンタッチペアリング
マルチポイント
マルチペアリング〇10台同じ
ハンズフリー通話同じ
同梱物USB充電ケーブル:約0.2m(入力:USB Type-A 形状、出力:Type-C 形状)イヤーピース:XS1、XS2、S1、S2、M、L、XL 各2個(Mはイヤホンに装着)USB充電ケーブル:約0.5m(入力:USB Type-A 形状、出力:Type-C 形状)イヤーピース:S、M、L、XL 各2個(Mはイヤホンに装着)

 

 

 

以下がEAH-AZ60の紹介動画です、最初、音が大きいかもしれないのでご注意ください。

まとめ

 

テクニクス完全ワイヤレスイヤホンEAH-AZ60とEAH-AZ70Wの違いは

 

EAH-AZ60は

外音取り込みモードが2つある。

7種のイヤーピース付属。

再生時間がより長い。

充電ケースがよりコンパクトで軽量。

LDACコーデックに対応。

Google Fast Pairに対応。

Amazon Alexaにも対応。

マルチポイントに対応。

 

EAH-AZ70Wは

価格が安い。

 

つまり

EAH-AZ60はより着け心地がよく、使い勝手がいいのでおすすめです。

EAH-AZ70Wは価格を重視するならいいでしょう。

 

 

EAH-AZ60の口コミは

 

EAH-AZ60はEAH-AZ70のドライバ径10mmから8mmに小径化されたと言う事だが思いの外に低音の量感があって特にキック音が耳に付く。

どちらかというとドンシャリだと思いますが、強いドンシャリではないです。キラキラした解像度の高い高音はクセになります。

 

などがあります。

 

 

EAH-AZ60を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

テクニクス完全ワイヤレスイヤホン EAH-AZ60 ブラック・シルバー
created by Rinker

EAH-AZ70Wを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

テクニクス完全ワイヤレスイヤホン EAH-AZ70W シルバー・ブラック
created by Rinker

-イヤホン

執筆者:

関連記事

Liberty Air 2 ProとLife A2 NCの違いを比較!イヤホン口コミ・仕様を調査

  Anker 完全ワイヤレスイヤホン Soundcore Liberty Air 2 ProとSoundcore Life A2 NCの違いを比較します。   ワイヤレス充電対応 …

HA-FX100TとHA-A7Tの違いを比較!完全ワイヤレスイヤホン口コミ・仕様を調査

  完全ワイヤレスイヤホンHA-FX100TとHA-A7Tの違いを比較します。   ビクターブランド初の完全ワイヤレスイヤホンHA-FX100Tの口コミ・仕様を紹介します。 &nb …

WF-C500とWF-1000XM4の違いを比較!ソニー完全ワイヤレスイヤホン口コミや仕様を調査

  ソニー完全ワイヤレスイヤホンWF-C500とWF-1000XM4の違いを比較します。   いい音を、自分色で。耳にフィットするコンパクトモデルWF-C500の口コミや仕様を紹介 …

HA-XC91TとHA-XC90Tの違いを比較!完全ワイヤレスイヤホン口コミや仕様を調査

  JVCケンウッド「重低音&タフボディ」XXシリーズ完全ワイヤレスイヤホンHA-XC91TとHA-XC90Tの違いを比較します。   ハイブリッドアクティブノイズキャンセ …

HA-A5TとHA-A8Tの違いを比較!JVCワイヤレスステレオヘッドセット口コミや仕様を調査

  JVCケンウッド完全ワイヤレスイヤホンHA-A5TとHA-A8Tの違いを比較します。   毎日が楽しくなる、手のひらサイズのイヤホンHA-A5Tの口コミや仕様を紹介します。 & …

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくポチッとね♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村