商品情報

いいねしたくなるものを集めました。

家電

ICK-M1200とSK-M251の違いを比較!クッキングケトル口コミや仕様を調査

投稿日:2021年10月29日 更新日:

 

クッキングケトルICK-M1200とSK-M251の違いを比較します。

 

アイリスオーヤマ、湯沸かしも鍋料理もこれひとつ、自動調理や低温調理にも対応したICK-M1200の口コミや仕様を紹介します。

 

 

ICK-M1200とSK-M251の違いは

 

ICK-M1200は

自動メニューがある。

温度調節が細かい。

電源コードが長い。

 

SK-M251は

価格が安い。

ケトルモードと鍋モードの切り替えがある。

ケトル部分が食洗器で洗える。

 

つまり

ICK-M1200は自動メニューがあったりで、より調理の幅が広がるのでおすすめです。

SK-M251は価格と食洗器対応を重視するならどうぞ。

 

 

ICK-M1200の口コミは

 

電気ケトルも欲しいが電気鍋も欲しいというニーズにマッチする製品。お湯が沸かせる、温度管理ができるというシンプルな機能を生かすことで、 料理にも活躍できる。 一人暮らしはもちろん、2~3人までの世帯なら、活躍するシーンは多いはず。

付属のフタには湯切りがついていてお湯を注ぐときに 勢いよく溢れたり することもなく、 麺類の調理もしやすい。

 

などのSK-M251の口コミからも期待できます♪

 

 

ICK-M1200の口コミや仕様を含めて詳細は本文をご覧ください。

 

 

 

こちらのリンク先で

ICK-M1200を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

アイリスオーヤマ クッキングケトル ICK-M1200 ブラック
created by Rinker

SK-M251を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

シロカ おりょうりケトル ちょいなべ SK-M251 アイボリー・ブラック
created by Rinker

ICK-M1200とSK-M251の違いを比較

 

クッキングケトルICK-M1200とSK-M251の違いをそれぞれの良いところを示して比較します。

 

ICK-M1200は

自動メニューがある。

温度調節が細かい。

電源コードが長い。

 

SK-M251は

価格が安い。

ケトルモードと鍋モードの切り替えがある。

ケトル部分が食洗器で洗える。

 

 

それでは詳細を確認しましょう。

 

 

ICK-M1200の良いところ

自動メニューがある

 

5つの自動メニューが設定でき簡単便利ですね。

 

 

温度調節が細かい

 

マイコン式なので温度も時間も細かく制御できます。

 

温度は40~100℃(10℃単位)、時間は40~70℃の時は4時間まで、80~100℃の時は30分まで設定が可能です。

 

多彩なメニューを調理でき、40~70℃では4時間まで温度を一定に保つので低温調理に適しています。

 

 

SK-M251は40・60・80・100℃の4段階で、時間はケトルモードでは設定温度になるまで、鍋モードでは設定温度になってから自動で60分間保温してから電源が切れます。

 

 

双方ともにパスタなどの麺類などに便利な湯切りがついています。

 

電源コードが長い

 

電源コードの長さが約2mなので、SK-M251(約1.8m)よりも使える範囲が広いです。

 

SK-M251の良いところ

価格が安い

 

SK-M251はICK-M1200よりも約2千円安い。(2021年10月28日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値より)

 

価格はタイミングなどで変動するので、1つの参考にしてくださいね。

 

2021年10月28日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値

ICK-M1200:14,080円

SK-M251:11,980円

 

ケトルモードと鍋モードの切り替えがある

 

ケトルモードでは設定温度になれば自動で電源OFFになり、鍋モードでは設定温度になってから自動で60分間保温したあと電源が切れます。

 

 

ICK-M1200では切り替えはないですが、温度と時間の設定が細かくできますから問題なしですね。

 

ケトル部分が食洗器で洗える

 

どちらも水で丸洗いができるので、お手入れ簡単ですが、SK-M251は食洗器対応なのがうれしいですね。

 

 

 

 

もう一度確認すると

ICK-M1200は自動メニューがあったりで、より調理の幅が広がるのでおすすめです。

SK-M251は価格と食洗器対応を重視するならどうぞ。

 

 

ICK-M1200を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

アイリスオーヤマ クッキングケトル ICK-M1200 ブラック
created by Rinker

SK-M251を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

シロカ おりょうりケトル ちょいなべ SK-M251 アイボリー・ブラック
created by Rinker

ICK-M1200の口コミについて

 

クッキングケトルICK-M1200の直接の口コミはまだないです。

 

SK-M251の口コミをみてみると

 

電源スイッチ兼用のスライダーを動かすだけでスイッチが入れられ、ただ沸騰させるだけでなく、40・60・80・100℃の温度調節に対応している。 ケトルモードの場合は設定温度に達すると アラームが鳴って電源が落ちる仕組みで、なべモードの場合はそのままその温度をキープする仕組み。 この機能を利用することで チーズフォンデュなども簡単にできる。

出典:価格.com

付属のフタには湯切りがついていてお湯を注ぐときに 勢いよく溢れたり することもなく、 麺類の調理もしやすい。

出典:価格.com

なべ側の加熱部が一段上がっており、 テーブルなどに置いた時に触れないようになっているため、 鍋敷きなどを使わなくても直接置けるのが便利。

出典:価格.com

水洗いで簡単にきれいにできるためメンテナンス性は非常に高いと言える。

出典:価格.com

電気ケトルも欲しいが電気鍋も欲しいというニーズにマッチする製品。お湯が沸かせる、温度管理ができるというシンプルな機能を生かすことで、 料理にも活躍できる。 一人暮らしはもちろん、2~3人までの世帯なら、活躍するシーンは多いはず。

出典:価格.com

 

などがあります。

 

モード切替はないですが、細かな温度調節や加熱時間の調節ができ、自動メニューもあるICK-M1200の口コミも、良いことが推測できますね。

 

 

ICK-M1200を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

アイリスオーヤマ クッキングケトル ICK-M1200 ブラック
created by Rinker

SK-M251を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

シロカ おりょうりケトル ちょいなべ SK-M251 アイボリー・ブラック
created by Rinker

ICK-M1200の仕様について

 

クッキングケトルICK-M1200の仕様をSK-M251と対比して以下の表で示します。

 

 

 ICK-M1200SK-M251
電源AC100V、50/60Hz
同じ
定格消費電力1200W同じ
最大容量1.0L同じ
自動メニュー5メニュー
温度調節40~100℃(10℃単位)4段階(40・60・80・100℃)
保温機能〇鍋モード時のみ
丸洗い〇食洗器対応
モード切替ケトルモード・鍋モード
安全装置本体に鍋がちゃんとセットしていないと電源OFFになる。
空焚き防止機能。
加熱時間は40℃~70℃のときは4時間まで、80℃~100℃のときは30分まで設定できる。
本体に鍋がちゃんとセットしていないと電源OFFになる。
空焚き防止機能。
設定温度に達すると自動で保温し、1時間後に電源OFF。
製品サイズ㎜(幅x奥行x高さ)280×200×187280×200×190
重量約1.8kg同じ
電源コード長さ約2m(マグネットプラグ)約1.8m(マグネットプラグ)

 

 

 

それでは主な特徴を紹介します。

 

 

お手軽に鍋なども作れます。

 

鍋底の形状により、加熱部分が当たらないので、食卓に置くときに鍋敷きがいりません、そのまま食器として使えますから後々便利です。

 

お湯を沸かすのも簡単です。

 

まとめ

 

クッキングケトルICK-M1200とSK-M251の違いは

 

ICK-M1200は

自動メニューがある。

温度調節が細かい。

電源コードが長い。

 

SK-M251は

価格が安い。

ケトルモードと鍋モードの切り替えがある。

ケトル部分が食洗器で洗える。

 

つまり

ICK-M1200は自動メニューがあったりで、より調理の幅が広がるのでおすすめです。

SK-M251は価格と食洗器対応を重視するならどうぞ。

 

 

ICK-M1200の口コミは

 

電気ケトルも欲しいが電気鍋も欲しいというニーズにマッチする製品。お湯が沸かせる、温度管理ができるというシンプルな機能を生かすことで、 料理にも活躍できる。 一人暮らしはもちろん、2~3人までの世帯なら、活躍するシーンは多いはず。

付属のフタには湯切りがついていてお湯を注ぐときに 勢いよく溢れたり することもなく、 麺類の調理もしやすい。

 

などのSK-M251の口コミからも期待できるでしょう。

 

 

ICK-M1200を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

アイリスオーヤマ クッキングケトル ICK-M1200 ブラック
created by Rinker

SK-M251を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

シロカ おりょうりケトル ちょいなべ SK-M251 アイボリー・ブラック
created by Rinker

-家電
-

執筆者:

関連記事

AX-HKL105とAX-KXL6200の違いを比較!クールホット&ファン口コミ・仕様を調査

  アテックス モノルルドウェラアブル冷温効果のAX-HKL105とAX-KXL6200の違いを比較します。   クールホット&ファンAX-HKL105の口コミ・仕様を紹介 …

Index S2とRD-914Lの違いを比較!体重・体組成計口コミ・仕様を調査

  体重・体組成計GARMIN Index S2とタニタRD-914Lの違いを比較します。   スマート体重計GARMIN Index S2の口コミ・仕様を紹介します。 &nbsp …

KO9238JPとKO8548JPの違いを比較!ティファール電気ケトル口コミや仕様を調査

  ティファール電気ケトルKO9238JPとKO8548JPの違いを比較します。   プロのようにドリップできる!8段階の温度コントロールタイプの電気ケトル ティファール「カフェ …

TO-ST1L-WとTO-ST1-Tの違いを比較!三菱ブレッドオーブン口コミや仕様を調査

  三菱ブレッドオーブンTO-ST1L-WとTO-ST1-Tの違いを比較します。   上質なホワイトカラーでお部屋の雰囲気を贅沢に演出するTO-ST1L-Wの口コミや仕様を紹介しま …

EL-KA23とEL-MB30の違いを比較!象印自動調理なべ口コミや仕様を調査

  象印自動調理なべEL-KA23とEL-MB30の違いを比較します。   自動調理で料理の手間を減らし、自分の時間を産み出す「STAN.」シリーズ自動調理鍋EL-KA23の口コミ …

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくポチッとね♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村