商品情報

いいねしたくなるものを集めました。

ポータブル電源

AS2K-JPとAC200MAXの違いを比較!大容量ポータブル電源口コミや仕様を調査

投稿日:

 

大容量リン酸鉄リチウムイオンポータブル電源 AS2K-JPとAC200MAXの違いを比較します。

 

ASAGAO JAPAN合同会社製、圧倒的なハイパワーでフル充電までわずか2時間のリン酸鉄リチウムイオン新世代ポータブル電源AS2K-JPの口コミや仕様を紹介します。

 

 

AS2K-JPとAC200MAXの違いは

 

AS2K-JPは

価格が安い。

AC出力端子が多い。

AC充電時間が短くて済む。

USBType-Cの出力端子が多い。

より軽量コンパクト。

LEDライトが付いてる。

 

AC200MAXは

出力が大きい。

増設ができる。

シガー充電用のケーブル付属。

より多くの充電方式に対応。

より長持ちします。

ワイヤレス充電ポートがある。

TT30 RV AC出力がある。

タッチ式LCDパネル搭載。

APPで遠隔操作(Bluetooth)できる。

 

つまり

AS2K-JPは価格やUSBType-C端子、AC充電時間、軽さ、LEDライトが付いてるなどを重視するならどうぞ。

AC200MAXは利便性や余裕ある出力、拡張性、サイクル数の多さを重視するならどうぞ。

 

 

AS2K-JPの口コミは

 

災害対策で購入。商品受け取り時の容量は56%。自宅コンセントに繋いで2時間ほど放置してたら充電終了してました。この速さで充電できるのは本当に助かります。

家庭用蓄電池として、キャンピングカーなどの車中で電化製品を余裕を持って使用できそうな性能は補って余りある満足感を感じます。

 

などのAC200Pの口コミからも期待できます♪

 

 

AS2K-JPの口コミや仕様を含めて詳細は本文をご覧ください。

 

 

 

こちらのリンク先で

AS2K-JPを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ASAGAO JAPAN ポータブル電源 AS2K-JP
created by Rinker

AC200MAXを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

BLUETTI ポータブル電源 AC200MAX
created by Rinker

AS2K-JPの違いを比較

 

大容量リン酸鉄リチウムイオンポータブル電源 AS2K-JPとAC200MAXの違いをそれぞれの良いところを示して比較します。

 

AS2K-JPは

価格が安い。

AC出力端子が多い。

AC充電時間が短くて済む。

USBType-Cの出力端子が多い。

より軽量コンパクト。

LEDライトが付いてる。

 

AC200MAXは

出力が大きい。

増設ができる。

シガー充電用のケーブル付属。

より多くの充電方式に対応。

より長持ちします。

ワイヤレス充電ポートがある。

TT30 RV AC出力がある。

タッチ式LCDパネル搭載。

APPで遠隔操作(Bluetooth)できる。

 

 

それでは詳細を確認しましょう。

 

 

AS2K-JPの良いところ

価格が安い

 

AS2K-JPはAC200MAXよりも約5万1千円安い。(2021年12月23日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値より)

 

価格はタイミングなどで変動するので、1つの参考にしてくださいね。

 

2021年12月23日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値

AS2K-JP:198,700円

AC200MAX:249,800円

 

AC出力端子が多い

 

ACコンセントが6つありますので、AC200MAX(4つ)よりも2つ多いです。

 

ただ、AC200MAXには、接続する端子の形状が違うTT30 RV AC出力があるので、実質は1つ多いだけとも言えますね。

 

AC充電時間が短くて済む

 

家庭のコンセントなどにつないで、1,100Wでの急速充電が可能なので、満充電までに2時間以下という驚異的な時間で完了できます。

 

思いたったら素早く行動に移せるフットワークの軽さがいいですね。

 

AC200MAXもオプションでACアダプターを1つ追加すれば、2つで同時にAC充電でき2.5時間ほどで満充電になります。

 

USBType-Cの出力端子が多い

 

USBType-Cの出力端子が2つあるので、AC200MAX(1つ)よりも1つ多いです。

 

USBType-C対応のデバイスなどをたくさん持っている方にはより便利ですね。(アダプターを別で購入すればいいんですけどね)

 

より軽量コンパクト

 

重さが22.0㎏で、AC200MAX(28.1kg)よりも6.1㎏軽いです。

 

サイズも幅が0.1cm、奥行が2.8cm、高さが6.4cm小さくコンパクトになっています。

 

より持ち運びやすく邪魔にならないのがうれしいですね。

 

サイズcm(幅x奥行x高さ)

AS2K-JP:27.9 x 39.2 x 32.3

AC200MAX:28.0 x 42 x 38.7

 

LEDライトが付いてる

 

照明の役割以外に、緊急時の救助要請に役立つSOSフラッシュ機能がLEDライトにはあります。

 

AC200MAXの良いところ

出力が大きい

 

1台で2200Wの出力があり、AS2K-JP(2000W)よりも200W余裕があります。

 

瞬間最大出力は4800Wで、AS2K-JP(4000W)よりも800W余裕があります。

 

少しでも余裕があればいいですね。

 

増設ができる

 

別売り拡張バッテリーにはB230(2048Wh)とB300(3072Wh)があります。B300を2つつなげば最大8192Whまでバッテリー容量を拡張できます。

 

BLUETTI 拡張バッテリー B230
created by Rinker
BLUETTI 拡張バッテリー B300
created by Rinker

B300はまだ販売されていないようです。(2021年12月23日時点)

 

 

フル充電状態のAS2K-JPを2台接続すれば4,056Whの大容量バッテリーとしても使うことができます。

 

シガー充電用のケーブル付属

 

2つのケーブルでカー充電が可能です。

 

 

AS2K-JPは別売りのACC充電ケーブルを購入する必要があります。

ASAGAO JAPAN AS2K-JP専用アクセサリー ACC充電ケーブル ASACC-JP
created by Rinker

 

より多くの充電方式に対応

 

家庭用コンセントAC100V、ソーラーパネル、車のシガーソケット、発電機、鉛蓄電池、EVステーション、風力発電機の7種類の充電方式に対応しています。

 

コネクターなども準備されているのでいいですね。

 

発電機、鉛蓄電池、EVステーション、風力発電機がAS2K-JPよりも増えてますね。(コネクターを準備すればいいのですが)

 

より長持ちします

 

充放電のサイクル回数が3500回以上になります。AS2K-JPは2000回以上なので、より長持ちすることになります。

 

ワイヤレス充電ポートがある

 

2か所もワイヤレス充電ポートが上部にあります。

 

ワイヤレス充電に対応したデバイスなども充電できるのでいいですね。

 

TT30 RV AC出力がある

 

TT30の端子をつなぐことができるAC出力端子があります。RVやボート、トレーラーなどにも電力を供給できます。

 

 

 

端子が備わっているので便利ですね。

 

タッチ式LCDパネル搭載

 

タッチスクリーンは抵抗パネルタイプを採用しているので、タッチすれば「ピー」と音がして操作を確認できます。

 

APPで遠隔操作(Bluetooth)できる

 

Bluetooth接続によりスマホでバッテリーの状態を監視できます。

 

 

 

 

もう一度確認すると

AS2K-JPは価格やUSBType-C端子、AC充電時間、軽さ、LEDライトが付いてるなどを重視するならどうぞ。

AC200MAXは利便性や余裕ある出力、拡張性、サイクル数の多さを重視するならどうぞ。

 

 

AS2K-JPを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ASAGAO JAPAN ポータブル電源 AS2K-JP
created by Rinker

AC200MAXを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

BLUETTI ポータブル電源 AC200MAX
created by Rinker

AS2K-JPの口コミについて

 

大容量リン酸鉄リチウムイオンポータブル電源 AS2K-JPの直接の口コミはまだないです。

 

同じように大容量リン酸鉄リチウムイオンポータブル電源でBLUETTI AC200Pの口コミをみてみると

 

クルマの屋根の上などに太陽光パネルを設置しておけば、いちいちBLUETTIの電源を入れなくても、朝太陽が昇れば自動的に充電が開始され便利です。

出典:楽天市場

アドリア・モーターホーム車中で使用。電子レンジ60Hz・600W設定でトータル20分程使用し、100%の残量が87%になりました。驚きのパワーと電池消耗の少なさに大満足です。

出典:楽天市場

家庭用蓄電池として、キャンピングカーなどの車中で電化製品を余裕を持って使用できそうな性能は補って余りある満足感を感じます。

出典:楽天市場

ティファール湯沸かし器、小型2人用ホットプレートを最大1200W程の消費電力で20分程使用しましたが、電源が落ちる気配もなく冷却ファンの音も最小で使えたので、『動かせない家電は無い』のうたい文句は本当のようです。

出典:楽天市場

災害対策で購入。商品受け取り時の容量は56%。自宅コンセントに繋いで2時間ほど放置してたら充電終了してました。この速さで充電できるのは本当に助かります。

出典:楽天市場

 

などがあります。

 

充電サイクルが2500よりも少ない2000回以上であっても、AC充電時間の速さなどを考慮すれば、AS2K-JPの口コミも良いことが推測できます。

 

 

AS2K-JPを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ASAGAO JAPAN ポータブル電源 AS2K-JP
created by Rinker

AC200MAXを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

BLUETTI ポータブル電源 AC200MAX
created by Rinker

AS2K-JPの仕様について

 

大容量リン酸鉄リチウムイオンポータブル電源 AS2K-JPの仕様をAC200MAXと対比して以下の表で示します。

 

 

 AS2K-JPAC200MAX
バッテリーセルタイプリチウムイオン 同じ
蓄電容量2028Wh2048Wh
出力2000W(瞬間最大4000W)2200W(瞬間最大4800W)
パススルー対応同じ
オートチャージ機能
AC充電同じ
AC充電時間2時間以下2.5時間(2つのACアダプターによる)
シガー充電◯(別売:ACC充電ケーブル(ASACC-JP))〇(付属ケーブルにて)
シガー充電時間不明不明
ソーラー充電同じ
MC4コネクタ対応
AC出力(60Hz)6(正弦波)4(正弦波)
1(TT30 RV AC出力)
DC出力22
USB出力2(TypeA)
2(TypeA急速)
2(TypeC)
2(TypeA)
2(TypeA急速)
1(TypeC)
シガーソケット出力1同じ
照明機能LED
サイズcm(幅x奥行x高さ)27.9 x 39.2 x 32.328.0 x 42 x 38.7
重さ22.0kg28.1kg
付属品AC電源ケーブル
ソーラーパネル接続ケーブル
取扱説明書
充電用ACアダプター
MC4ソーラー充電ケーブル
カーチャージケーブル
XT90変換アダプター
取扱説明書

 

 

 

それでは、その他の主な特徴などを紹介します。

 

リン酸鉄リチウムイオンポータブル電源

 

安全性の高いリン酸鉄リチウムイオンを採用しています。

 

 

視認性の良いLEDパネル

 

省電力機能も備えた、見やすいLEDパネルで、製品の状態が一目瞭然です。

 

 

まとめ

 

大容量リン酸鉄リチウムイオンポータブル電源 AS2K-JPとAC200MAXの違いは

 

AS2K-JPは

価格が安い。

AC出力端子が多い。

AC充電時間が短くて済む。

USBType-Cの出力端子が多い。

より軽量コンパクト。

LEDライトが付いてる。

 

AC200MAXは

出力が大きい。

増設ができる。

シガー充電用のケーブル付属。

より多くの充電方式に対応。

より長持ちします。

ワイヤレス充電ポートがある。

TT30 RV AC出力がある。

タッチ式LCDパネル搭載。

APPで遠隔操作(Bluetooth)できる。

 

つまり

AS2K-JPは価格やUSBType-C端子、AC充電時間、軽さ、LEDライトが付いてるなどを重視するならどうぞ。

AC200MAXは利便性や余裕ある出力、拡張性、サイクル数の多さを重視するならどうぞ。

 

 

AS2K-JPの口コミは

 

災害対策で購入。商品受け取り時の容量は56%。自宅コンセントに繋いで2時間ほど放置してたら充電終了してました。この速さで充電できるのは本当に助かります。

家庭用蓄電池として、キャンピングカーなどの車中で電化製品を余裕を持って使用できそうな性能は補って余りある満足感を感じます。

 

などのAC200Pの口コミからも期待できるでしょう。

 

 

AS2K-JPを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ASAGAO JAPAN ポータブル電源 AS2K-JP
created by Rinker

AC200MAXを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

BLUETTI ポータブル電源 AC200MAX
created by Rinker

-ポータブル電源

執筆者:

関連記事

Anker757とJackery1500の違いを比較!ポータブル電源口コミや仕様を調査

大容量ポータブル電源Anker757とJackery1500の違いを比較します。 より長寿命な大容量ポータブル電源Anker757の口コミや仕様を紹介します。 Anker757とJackery1500 …

EcoFlow RIVER MaxとBN-RB5-Cの違いを比較!ポータブル電源口コミ・仕様を調査

  ポータブル電源EcoFlow RIVER MaxとBN-RB5-Cの違いを比較します。   ポータブル電源 容量560WhのEcoFlow RIVER Maxの口コミ・仕様を紹 …

EB55とENERBOX-01の違いを比較!小型ポータブル電源口コミ・仕様を調査

  小型ポータブル電源 BLUETTI EB55とLACITA ENERBOX-01の違いを比較します。   537Wh多機能小型ポータブル電源 BLUETTI EB55の口コミ・ …

Vickers 300SとEENOUR P302の違いを比較!ポータブル電源口コミや仕様を調査

  コンパクトな定格出力300Wのポータブル電源Vickers 300SとEENOUR P302の違いを比較します。   リンクス アウトドア・防災向け 大容量60,000mAhポ …

EcoFlow RIVER ProとJackery 700の違いを比較!ポータブル電源口コミ・仕様を調査

  ポータブル電源EcoFlow RIVER ProとJackery 700の違いを比較します。   ポータブル電源容量720WhのEcoFlow RIVER Proの口コミ・仕様 …

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくポチッとね♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村