商品情報

いいねしたくなるものを集めました。

ポータブル電源

EcoFlow RIVER ProとJackery 700の違いを比較!ポータブル電源口コミ・仕様を調査

投稿日:

 

ポータブル電源EcoFlow RIVER ProとJackery 700の違いを比較します。

 

ポータブル電源容量720WhのEcoFlow RIVER Proの口コミ・仕様を紹介します。

(EcoFlow RIVER Proは以前はRIVER 600 Proと呼ばれていました。)

 

 

EcoFlow RIVER ProとJackery 700の違いは

 

EcoFlow RIVER Proは

電池の持ちが良い。

充電時間が短い。

出力端子が多い。

カスタマイズで電気容量を増やすことができる。

高出力電化製品に対応。

-20℃でも出力できる。

スマホで遠隔操作ができる。

LED照明が付いてる。

 

Jackery 700は

価格が安い。

軽くてコンパクト。

 

つまり

EcoFlow RIVER Proはすぐに充電でき長持ちするし容量アップも簡単でスマホで遠隔操作やいろいろ使えて便利です。

Jackery 700は価格を重視するならいいでしょう。

 

 

EcoFlow RIVER Proの口コミは

 

キャンプや車中泊を快適に楽しみたい方や、災害時にも数日間過ごせる容量のポータブル電源が欲しい方にぴったりです。

最大10のデバイスが同時に給電できるのは安心ですね。

 

などのRIVER 600 Proからの口コミからも期待できます♪

 

 

EcoFlow RIVER Proの口コミ・仕様を含めて詳細は本文をご覧ください。

 

 

 

こちらのリンク先で

EcoFlow RIVER Proを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

EcoFlow ポータブル電源 RIVER Pro 容量720Wh
created by Rinker

Jackery 700を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

Jackery ポータブル電源 700(容量700Wh)
created by Rinker

 

*EcoFlow RIVER Proの本体は現時点で楽天ではまだ販売されていなくてEcoFlow RIVER Proの専用エクストラバッテリーのみ販売されています。(専用エクストラバッテリーは単品では使えません。本体に接続して始めて使えます。)

 

EcoFlow RIVER ProとJackery 700の違いを比較

 

ポータブル電源EcoFlow RIVER ProとJackery 700の違いをそれぞれの良いところを示して比較します。

 

EcoFlow RIVER Proは

電池の持ちが良い。

充電時間が短い。

出力端子が多い。

カスタマイズで電気容量を増やすことができる。

高出力電化製品に対応。

-20℃でも出力できる。

スマホで遠隔操作ができる。

LED照明が付いてる。

 

Jackery 700は

価格が安い。

軽くてコンパクト。

 

 

それでは詳細を確認しましょう。

 

 

EcoFlow RIVER Proの良いところ

電池の持ちが良い

 

EcoFlow RIVER Proはサイクル800回使っても80%の容量を保証しています。

 

Jackery 700ではサイクル500回で80%の保証なので、EcoFlow RIVER Proの方が長く使えますね。

 

充電時間が短い

 

AC充電時間でEcoFlow RIVER Proは1.6時間で満充電できます。

 

特許を申請中のX-Streamテクノロジーにより驚異的に短いこの容量での充電時間を実現しています。

 

Jackery 700では約8.5時間かかります。

 

参考までに、シガー充電でもEcoFlow RIVER Proは7.5時間、Jackery 700では12時間満充電にかかります。

 

充電する時間が短いのは利便性が上がりますね。

 

出力端子が多い

 

EcoFlow RIVER Proには出力端子が多いです。

 

正弦波のAC出力が3つ、USB端子はType-Aが2つ、Type-A急速が1つ、Type-Cは1つで全部で4つあります。

 

Jackery 700にはAC出力が2つ、USB端子はType-Aが3つです。

 

DC出力、シガーソケットはJackery 700と同数の2つ、1つあります。

 

出力端子が多いといろいろつなげて便利です。

 

カスタマイズで電気容量を増やすことができる

 

EcoFlow RIVER Proは専用エクストラバッテリーを拡張ケーブルでつなぐことにより720Whが1440Whに増やすことができます。

ECOFLOW ポータブル電源 RIVER Pro専用エクストラバッテリー 720Wh
created by Rinker

 

 

高出力電化製品に対応

 

非常にうまいやり方を使って、高出力の電化製品の電圧を下げることで作動させる「X-Boostテクノロジー」を採用しているので、最大で1200W出力の電化製品などに電力を供給できます。

 

-20℃でも出力できる

 

EcoFlow RIVER Proは-20℃でも電気を供給できます。

 

Jackery 700は-10℃までですからより安心ですね。

 

スマホで遠隔操作ができる

 

専用アプリをスマホにダウンロードすることで、ペアリングして遠隔操作が可能になります。

 

電池残量の確認、AC・DCの作動や停止、LEDライトの操作、静音モード(冷却ファン)への切り替えなどができます。

 

LEDライトが付いてる

 

EcoFlow RIVER ProにはLEDライトが付いています。

 

ちょっとした明かりが欲しいときやSOSを発信したいときなどに使えます。

 

Jackery 700の良いところ

価格が安い

 

Jackery 700はEcoFlow RIVER Proよりも約4千円安い。(2021年2月27日時点楽天・Amazon・Yahoo!ショッピングでの最安値より)

 

価格は変動するので、1つの参考にしてくださいね。

 

2021年2月27日時点楽天・Amazon・Yahoo!ショッピングでの最安値

EcoFlow RIVER Pro:79,800円

Jackery 700:75,799円

 

軽くてコンパクト

 

Jackery 700は6.3kgでEcoFlow RIVER Pro(7.6kg)よりも1.3kg軽い。

 

サイズ感もEcoFlow RIVER Proの方が若干大きい感じですから、軽くてコンパクトで持ち運びに便利ですね。

 

 

 

もう一度確認すると

EcoFlow RIVER Proはすぐに充電でき長持ちするし容量アップも簡単でスマホで遠隔操作やいろいろ使えて便利です。

Jackery 700は価格を重視するならいいでしょう。

 

 

EcoFlow RIVER Proを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

EcoFlow ポータブル電源 RIVER Pro 容量720Wh
created by Rinker

Jackery 700を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

Jackery ポータブル電源 700(容量700Wh)
created by Rinker

EcoFlow RIVER Proの口コミについて

 

ポータブル電源EcoFlow RIVER Proの直接の口コミはまだないです。

 

同じものであるRIVER 600 Proの口コミをみてみると

 

キャンプや車中泊を快適に楽しみたい方や、災害時にも数日間過ごせる容量のポータブル電源が欲しい方にぴったりです。

出典:Makuake

シガーソケット充電にも対応しており、12V〜24V車に対応しておりますので、ほぼすべての車で充電可能です。コンパクトで車内でも邪魔にならず、車旅のお供にも「RIVER 600 シリーズ」はおすすめです!

出典:Makuake

最大10のデバイスが同時に給電できるのは安心ですね。

出典:Makuake

インテリア性の高いデザインと、高性能、コンパクトさを兼ね備えている、キッチンや玄関、キャンプ場など様々な場所に飾ってみたくなるポータブル電源なのです。

出典:Makuake

日本を含む世界各国で販売しているポータブル電源「EFDELTA」と同様に、各国の安全基準も取得しています。

出典:Makuake

ソーラー充電ではEcoFlowの特許申請中のMPPT技術を利用しており、最大200Wの入力により、完全な太陽光の下で、業界平均の何倍もの速度で充電することができます。

出典:Makuake

 

などがあります。

 

私は、カスタマイズで電気容量を増やすことができたり、高出力電化製品に対応しているところが気になっています。

 

これほしいと思う人が多いような気がします。

 

 

EcoFlow RIVER Proを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

EcoFlow ポータブル電源 RIVER Pro 容量720Wh
created by Rinker

Jackery 700を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

Jackery ポータブル電源 700(容量700Wh)
created by Rinker

EcoFlow RIVER Proの仕様について

 

ポータブル電源EcoFlow RIVER Proの仕様をJackery 700と対比して以下の表で示します。

 

 EcoFlow RIVER ProJackery 700
バッテリーセルタイプリチウムイオン 同じ
蓄電容量720Wh700Wh
出力600W(瞬間最大1200W)500W(瞬間最大1000W)
パススルー対応同じ
オートチャージ機能同じ
AC充電同じ
AC充電時間1.6時間約8.5時間
シガー充電同じ
シガー充電時間7.5時間12時間
ソーラー充電同じ
MC4コネクタ対応〇(コード付属)
AC出力(60Hz)3(正弦波)2(正弦波)
DC出力2同じ
USB出力2(TypeA)
1(TypeA急速)
1(TypeC)
3(TypeA)
シガーソケット出力1同じ
照明機能LED
サイズ28.9 x 18.0 x 23.5 cm29.97 x 19.29 x 19.15 cm
重さ7.6kg6.3kg
付属品DC5521-DC5521ケーブル
充電用ACケーブル
カーチャージケーブル
MC4ソーラー充電ケーブル
ユーザーマニュアル
充電用ACアダプター
カーチャージケーブル
取扱説明書

 

まとめ

 

ポータブル電源EcoFlow RIVER ProとJackery 700の違いは

 

EcoFlow RIVER Proは

電池の持ちが良い。

充電時間が短い。

出力端子が多い。

カスタマイズで電気容量を増やすことができる。

高出力電化製品に対応。

-20℃でも出力できる。

スマホで遠隔操作ができる。

LED照明が付いてる。

 

Jackery 700は

価格が安い。

軽くてコンパクト。

 

つまり

EcoFlow RIVER Proはすぐに充電でき長持ちするし容量アップも簡単でスマホで遠隔操作やいろいろ使えて便利です。

Jackery 700は価格を重視するならいいでしょう。

 

 

EcoFlow RIVER Proの口コミは

 

キャンプや車中泊を快適に楽しみたい方や、災害時にも数日間過ごせる容量のポータブル電源が欲しい方にぴったりです。

最大10のデバイスが同時に給電できるのは安心ですね。

 

などがありいいと思います。

 

 

EcoFlow RIVER Proを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

EcoFlow ポータブル電源 RIVER Pro 容量720Wh
created by Rinker

Jackery 700を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

Jackery ポータブル電源 700(容量700Wh)
created by Rinker

-ポータブル電源

執筆者:

関連記事

PowerArQ miniとRockpalsの違いを比較!ポータブル電源口コミ・仕様を調査

  ポータブル電源 スマートタップ PowerArQ miniとRockpals MT-CN300の違いを比較します。   スマートタップ PowerArQ miniの口コミ・仕様 …

EB55とENERBOX-01の違いを比較!小型ポータブル電源口コミ・仕様を調査

  小型ポータブル電源 BLUETTI EB55とLACITA ENERBOX-01の違いを比較します。   537Wh多機能小型ポータブル電源 BLUETTI EB55の口コミ・ …

EcoFlow RIVERとJackery 240の違いを比較!ポータブル電源口コミ・仕様を調査

  ポータブル電源EcoFlow RIVERとJackery 240の違いを比較します。   ポータブル電源 容量288WhのEcoFlow RIVERの口コミ・仕様を紹介します。 …

EcoFlow RIVER MaxとBN-RB5-Cの違いを比較!ポータブル電源口コミ・仕様を調査

  ポータブル電源EcoFlow RIVER MaxとBN-RB5-Cの違いを比較します。   ポータブル電源 容量560WhのEcoFlow RIVER Maxの口コミ・仕様を紹 …

PowerArQ ProとPowerArQ miniの違いを比較!ポータブル電源口コミ・仕様を調査

  ポータブル電源PowerArQ ProとPowerArQ miniの違いを比較します。   1000W大容量モデルPowerArQ Proの口コミ・仕様を紹介します。 &nbs …

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくポチッとね♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村