商品情報

いいねしたくなるものを集めました。

ポータブル電源

EcoFlow RIVER MaxとBN-RB5-Cの違いを比較!ポータブル電源口コミ・仕様を調査

投稿日:

 

ポータブル電源EcoFlow RIVER MaxとBN-RB5-Cの違いを比較します。

 

ポータブル電源 容量560WhのEcoFlow RIVER Maxの口コミ・仕様を紹介します。

(EcoFlow RIVER Maxは以前はRIVER 600 Maxと呼ばれていました。)

 

 

EcoFlow RIVER MaxとBN-RB5-Cの違いは

 

EcoFlow RIVER Maxは

電池の持ちが良い。

充電時間が短い。

出力端子が多い。

高出力電化製品に対応。

-20℃でも出力できる。

スマホで遠隔操作ができる。

LED照明が付いてる。

 

BN-RB5-Cは

価格が安い。

軽くてコンパクト。

 

つまり

EcoFlow RIVER Maxは電池のモチが良く、素早く充電でき、いろいろ便利に使えるのでおすすめです。

BN-RB5-Cは価格を重視するならどうぞ。

 

 

EcoFlow RIVER Maxの口コミは

 

全容量の80%分を1時間で充電できるのは、うっかり充電を忘れてしまってもリカバリーが充分にできる。

あと少しの出力不足で本来なら使えない家電でも、RIVER600なら「もうひと踏ん張り」して使う事ができる…と考えるべきではないかと思います。

 

などのRIVER 600 Maxの口コミからも期待できます♪

 

 

EcoFlow RIVER Maxの口コミ・仕様を含めて詳細は本文をご覧ください。

 

 

 

こちらのリンク先で

EcoFlow RIVER Maxを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

EcoFlow ポータブル電源 RIVER Max 容量576Wh
created by Rinker

BN-RB5-Cを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

JVC ケンウッド ポータブル電源 BN-RB5-C (容量518Wh)
created by Rinker

EcoFlow RIVER MaxとBN-RB5-Cの違いを比較

 

ポータブル電源EcoFlow RIVER MaxとBN-RB5-Cの違いをそれぞれの良いところを示して比較します。

 

EcoFlow RIVER Maxは

電池の持ちが良い。

充電時間が短い。

出力端子が多い。

高出力電化製品に対応。

-20℃でも出力できる。

スマホで遠隔操作ができる。

LED照明が付いてる。

 

BN-RB5-Cは

価格が安い。

軽くてコンパクト。

 

 

それでは詳細を確認しましょう。

 

 

EcoFlow RIVER Maxの良いところ

電池の持ちが良い

 

EcoFlow RIVER Maxはサイクル800回使って80%の容量を保証しています。

 

BN-RB5-Cではサイクル500回なので、EcoFlow RIVER Maxの方が長く使えていいですね。

 

充電時間が短い

 

AC充電時間でEcoFlow RIVER Maxは1.6時間で満充電できます。

 

特許を申請中のX-Streamテクノロジーにより驚異的に短いこの容量での充電を実現しています。

 

BN-RB5-Cでは約8時間かかります。

 

参考までに、シガー充電でもEcoFlow RIVER Maxは6時間、BN-RB5-Cでは16時間満充電にかかります。

 

充電する時間が短いのは利便性が上がりいいですね。

 

出力端子が多い

 

EcoFlow RIVER Maxには出力端子がたくさんあります。

 

正弦波のAC出力が3つ、USB端子はType-Aが2つ、Type-A急速が1つ、Type-Cは1つで全部で4つあります。

 

BN-RB5-CにはAC出力が2つ、USB端子はType-Aが3つです。

 

DC出力、シガーソケットはBN-RB5-Cと同数の2つ、1つあります。

 

出力端子が多いといろいろつなげて便利です。

 

高出力電化製品に対応

 

非常にうまいやり方を使って、高出力の電化製品の電圧を下げることで作動させる「X-Boostテクノロジー」を採用しているので、最大で1200W出力の電化製品などに電力を供給できます。

 

-20℃でも出力できる

 

EcoFlow RIVER Maxは-20℃でも電気を供給できます。

 

BN-RB5-Cは-10℃までですからより安心ですね。

 

スマホで遠隔操作ができる

 

専用アプリをスマホにダウンロードすることで、ペアリングして遠隔操作が可能になります。

 

電池残量の確認、AC・DCの作動や停止、LEDライトの操作、静音モードへの切り替えなどができます。

 

LEDライトが付いてる

 

EcoFlow RIVER MaxにはLEDライトが付いています。

 

ちょっとした明かりが欲しいときやSOSを発信したいときなどに使えます。

 

BN-RB5-Cの良いところ

価格が安い

 

BN-RB5-CはEcoFlow RIVER Maxよりも約1万4千円安い。(2021年3月2日時点楽天・Amazon・Yahoo!ショッピングでの最安値より)

 

価格は変動するので、1つの参考にしてくださいね。

 

2021年3月2日時点楽天・Amazon・Yahoo!ショッピングでの最安値

EcoFlow RIVER Max:63,800円

BN-RB5-C:49,370円

 

軽くてコンパクト

 

BN-RB5-Cは6.4kgでEcoFlow RIVER Max(7.8kg)よりも1.4kg軽い。

 

サイズ感もEcoFlow RIVER Maxの方が少し大きい感じですから、軽くてコンパクトで持ち運びが楽ですね。

 

 

 

もう一度確認すると

EcoFlow RIVER Maxは電池のモチが良く、素早く充電でき、いろいろ便利に使えるのでおすすめです。

BN-RB5-Cは価格を重視するならどうぞ。

 

 

EcoFlow RIVER Maxを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

EcoFlow ポータブル電源 RIVER Max 容量576Wh
created by Rinker

BN-RB5-Cを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

JVC ケンウッド ポータブル電源 BN-RB5-C (容量518Wh)
created by Rinker

EcoFlow RIVER Maxの口コミについて

 

ポータブル電源EcoFlow RIVER Maxの直接の口コミはまだないです。

 

同じものであるRIVER 600 Maxとしての口コミをみてみると

 

全容量の80%分を1時間で充電できるのは、うっかり充電を忘れてしまってもリカバリーが充分にできる。

出典:アルトピアーノde快適キャンピングカーライフ

あと少しの出力不足で本来なら使えない家電でも、RIVER600なら「もうひと踏ん張り」して使う事ができる…と考えるべきではないかと思います。

出典:アルトピアーノde快適キャンピングカーライフ

ファン音自体も小さいので、排気口の向きを反対側に向けておけばほとんどファン音は無視できるレベルであり、まさに中泊にピッタリだな…と感じました。

出典:アルトピアーノde快適キャンピングカーライフ

RIVER600は寝袋に入ったままアプリから出力ONにすることができるので、温まった寝袋の中を冷やす必要がありません。

出典:アルトピアーノde快適キャンピングカーライフ

充電時はアプリから「静音モード」に切り替えられ、電圧を落とした充電に切り替わり、ファンも静かになります(その分充電に時間はかかります)。

出典:アルトピアーノde快適キャンピングカーライフ

 

などがあります。

 

側面のLEDイルミネーション以外はEcoFlow RIVERシリーズでは共通の機能です。

 

EcoFlow RIVER Proと同じくEcoFlow RIVER Maxも良い口コミが得られるでしょう。

 

 

EcoFlow RIVER Maxを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

EcoFlow ポータブル電源 RIVER Max 容量576Wh
created by Rinker

BN-RB5-Cを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

JVC ケンウッド ポータブル電源 BN-RB5-C (容量518Wh)
created by Rinker

EcoFlow RIVER Maxの仕様について

 

ポータブル電源EcoFlow RIVER Maxの仕様をBN-RB5-Cと対比して以下の表で示します。

 

 EcoFlow RIVER MaxBN-RB5-C
バッテリーセルタイプリチウムイオン 同じ
蓄電容量576Wh518Wh
出力600W(瞬間最大1200W)500W(瞬間最大1000W)
パススルー対応同じ
オートチャージ機能同じ
AC充電同じ
AC充電時間1.6時間約8時間
シガー充電同じ
シガー充電時間6時間16時間
ソーラー充電同じ
MC4コネクタ対応〇(コード付属)
AC出力(60Hz)3(正弦波)2(正弦波)
DC出力2同じ
USB出力2(TypeA)
1(TypeA急速)
1(TypeC)
3(TypeA)
シガーソケット出力1同じ
照明機能LED
サイズ28.9 x 18.4 x 23.5 cm30.0 x 19.2 x 19.3 cm
重さ7.8kg6.4kg
付属品DC5521-DC5521ケーブル
充電用ACケーブル
カーチャージケーブル
MC4ソーラー充電ケーブル
ユーザーマニュアル
充電用ACアダプター
電源コード
カーチャージケーブル
ポーチ

 

 

EcoFlow RIVER MaxにはLEDイルミネーションがボディ側面に装着されています。

スマホとの連携でいろんな色でいろんな色やパターンで点灯させることができます。

 

 

 

EcoFlow RIVER Maxよりももっと電気容量が欲しい場合はEcoFlow RIVER Proがあります。

 

カスタマイズで720→1440Whまで増やすことも可能です。

 

興味がある方は以下の参考記事をご覧ください。

参考記事⇒EcoFlow RIVER ProとJackery 700の違いを比較!ポータブル電源口コミ・仕様を調査

 

まとめ

 

ポータブル電源EcoFlow RIVER MaxとBN-RB5-Cの違いは

 

EcoFlow RIVER Maxは

電池の持ちが良い。

充電時間が短い。

出力端子が多い。

高出力電化製品に対応。

-20℃でも出力できる。

スマホで遠隔操作ができる。

LED照明が付いてる。

 

BN-RB5-Cは

価格が安い。

軽くてコンパクト。

 

つまり

EcoFlow RIVER Maxは電池のモチが良く、素早く充電でき、いろいろ便利に使えるのでおすすめです。

BN-RB5-Cは価格を重視するならどうぞ。

 

 

EcoFlow RIVER Maxの口コミは

 

全容量の80%分を1時間で充電できるのは、うっかり充電を忘れてしまってもリカバリーが充分にできる。

あと少しの出力不足で本来なら使えない家電でも、RIVER600なら「もうひと踏ん張り」して使う事ができる…と考えるべきではないかと思います。

 

などのRIVER 600 Maxの口コミからも期待できるでしょう。

 

 

EcoFlow RIVER Maxを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

EcoFlow ポータブル電源 RIVER Max 容量576Wh
created by Rinker

BN-RB5-Cを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

JVC ケンウッド ポータブル電源 BN-RB5-C (容量518Wh)
created by Rinker

-ポータブル電源

執筆者:

関連記事

Vickers 300SとEENOUR P302の違いを比較!ポータブル電源口コミや仕様を調査

  コンパクトな定格出力300Wのポータブル電源Vickers 300SとEENOUR P302の違いを比較します。   リンクス アウトドア・防災向け 大容量60,000mAhポ …

EcoFlow RIVER ProとJackery 700の違いを比較!ポータブル電源口コミ・仕様を調査

  ポータブル電源EcoFlow RIVER ProとJackery 700の違いを比較します。   ポータブル電源容量720WhのEcoFlow RIVER Proの口コミ・仕様 …

PowerArQ miniとRockpalsの違いを比較!ポータブル電源口コミ・仕様を調査

  ポータブル電源 スマートタップ PowerArQ miniとRockpals MT-CN300の違いを比較します。   スマートタップ PowerArQ miniの口コミ・仕様 …

EB55とENERBOX-01の違いを比較!小型ポータブル電源口コミ・仕様を調査

  小型ポータブル電源 BLUETTI EB55とLACITA ENERBOX-01の違いを比較します。   537Wh多機能小型ポータブル電源 BLUETTI EB55の口コミ・ …

PowerArQ ProとPowerArQ miniの違いを比較!ポータブル電源口コミ・仕様を調査

  ポータブル電源PowerArQ ProとPowerArQ miniの違いを比較します。   1000W大容量モデルPowerArQ Proの口コミ・仕様を紹介します。 &nbs …

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくポチッとね♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村