商品情報

いいねしたくなるものを集めました。

ポータブル電源

PowerArQ ProとPowerArQ miniの違いを比較!ポータブル電源口コミ・仕様を調査

投稿日:2021年1月14日 更新日:

 

ポータブル電源PowerArQ ProとPowerArQ miniの違いを比較します。

 

1000W大容量モデルPowerArQ Proの口コミ・仕様を紹介します。

 

 

PowerArQ ProとPowerArQ miniの違いの違いは

 

PowerArQ Proは

蓄電容量が大きい。

出力端子が多彩で多い。

 

PowerArQ miniは

価格が安い。

コンパクトで軽い。

 

つまり

PowerArQ proは接続できる機器も多く、いろいろ使える幅が広いのがいいならおすすめです。

PowerArQ miniはヘビーな使い方をしないならコンパクトで価格も安いのでいいでしょう。

 

 

PowerArQ Proの口コミは

 

数カ月放置してもバッテリーの自然放電で極度に容量が減っていくような事はありません。

全容量の15%くらいしかロスは無い(家庭用電源で大人しくチビチビ使えば最大85%くらい使える)ということです。

 

などの容量の少ないタイプの口コミからも期待できます♪

 

 

PowerArQ Proの口コミ・仕様を含めて詳細は本文をご覧ください。

 

 

 

こちらのリンク先で

PowerArQ Proを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

 

PowerArQ miniを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

 

PowerArQ ProとPowerArQ miniの違いを比較

 

ポータブル電源PowerArQ ProとPowerArQ miniの違いをそれぞれの良いところを示して比較します。

 

PowerArQ Proは

蓄電容量が大きい。

出力端子が多彩で多い。

 

PowerArQ miniは

価格が安い。

コンパクトで軽い。

 

 

それでは詳細を確認しましょう。

 

 

PowerArQ Proの良いところ

蓄電容量が大きい

 

PowerArQ Proの蓄電容量は1002.4WhでPowerArQ miniの311Whより大きい。

 

もちろん、AC出力も通常1000W、ピーク時2000Wで、PowerArQ miniが通常200W、ピーク時が400Wなので、PowerArQ proのほうが余裕がありいいです。

 

いろんな機器が使えますから、より安心です。

 

出力端子が多彩で多い

 

PowerArQ proの出力端子はAC出力が3つでPowerArQ miniよりも2つ多い。

 

また、USB出力はTypeAが2つ、TypeCが2つでTypeCが2つ多い。

 

USB TypeAは基本5V 2.4Aで同じですが、PowerArQ proのほうはQuick Charge 3.0にも対応しているので最適な電圧電流で約4倍も速くスマホなどのフル充電ができます。

 

USBもTypeCが増えてきている状況に対応したようです。

 

USB TypeCは5V 3.0A、9V 2.0A、12V 1.5Aに対応しています。

 

いろいろと使えるのが便利でいいですね。

 

シガーソケット出力はどちらも1つずつで同じです。

 

PowerArQ miniの良いところ

 

価格が安い

 

PowerArQ miniはPowerArQ proよりも99,000円安い。(2021年1月12日時点楽天最安値より)

 

まあ、蓄電能力の差や出力端子の数からもこれくらいの差があっても良いかなとは思います。

 

価格は変動しますので、1つの参考にしてくださいね。

 

PowerArQ pro:132,000円

PowerArQ mini:33,000円

 

コンパクトで軽い

 

PowerArQ miniはPowerArQ proよりも、幅が10.3cm、高さが4.2cm、奥行が7.8cmコンパクトです。

 

重さは約7kg軽いです。

 

性能などを考えれば当然かもしれないですね。

 

それほど蓄電能力がいらなければ、場所もとらない、持ち運びが楽なPowerArQ miniでいいですね。

 

サイズcm(幅x高さx奥行)

PowerArQ pro:33.3 x 23.5 x 27.3

PowerArQ mini:23 x 19.3 x 19.5

 

重さ

PowerArQ pro:10.425kg

PowerArQ mini:3.5kg

 

 

 

もう一度確認すると

PowerArQ proは接続できる機器も多く、いろいろ使える幅が広いのがいいならおすすめです。

PowerArQ miniはヘビーな使い方をしないならコンパクトで価格も安いのでいいでしょう。

 

 

PowerArQ Proを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ポータブル電源 PowerArQ Pro コヨーテタン・オリーブドラブ
created by Rinker

PowerArQ miniを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ポータブル電源 PowerArQ mini コヨーテタン・オリーブドラブ・レッド
created by Rinker

PowerArQ Proの口コミについて

 

ポータブル電源PowerArQ Proの直接の口コミはまだありません。

 

蓄電容量の少ないPowerArQ(626Wh)の口コミをみてみると

 

数カ月放置してもバッテリーの自然放電で極度に容量が減っていくような事はありません。

出典:Amazon

使い方は簡単で、メインスイッチなどは無いので、使いたいポート(コンセント)の上にある小さなボタンを押せばランプが光って通電します。差し込んで使用するだけです。

出典:Amazon

全容量の15%くらいしかロスは無い(家庭用電源で大人しくチビチビ使えば最大85%くらい使える)ということです。

出典:Amazon

全く使用していない時は、ディスプレイボタンを押さない限り画面は消えていますが、充電中や給電中はずっと画面が表示されていて残量が確認しやすいです。

出典:Amazon

 

などがあり、PowerArQ miniの口コミをみてみると

 

説明書には使わなくても3ヶ月ごとの充電が望ましいとありますが、極端に暑いあるいは寒い環境の地域でなければ6ヶ月以上空けても大丈夫なようですし、逆に暑さや寒さが厳しい地域ですと1〜2ヶ月での充電が必要そうで、平均が3ヶ月と捉えておくとよさそうです。

出典:Amazon

 

などがあります。

 

容量の大きいPowerArQ proでは端子の数が多かったりもするのでより良い口コミが得られると思います。

 

 

PowerArQ Proを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ポータブル電源 PowerArQ Pro コヨーテタン・オリーブドラブ
created by Rinker

PowerArQ miniを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ポータブル電源 PowerArQ mini コヨーテタン・オリーブドラブ・レッド
created by Rinker

PowerArQ Proの仕様について

 

ポータブル電源PowerArQ Proの仕様をPowerArQ miniと対比して以下の表で示します。

 

 PowerArQ proPowerArQ mini
バッテリーセルタイプリチウムイオン同じ
蓄電容量1002.4Wh311Wh
出力1000W/2000W200W/400W
パススルー対応
オートチャージ機能
AC充電
AC充電時間7.5時間6.5時間
シガー充電
シガー充電時間7.5~15時間
(15時間は12V車)
6.5~9時間
(9時間は12V車)
ソーラー充電
MC4コネクタ対応
AC出力(60Hz)31
DC出力
USB出力2(TypeA)
2(TypeC)
2(TypeA)
シガーソケット出力11
照明機能
サイズ33.3 x 23.5 x 27.3 cm23 x 19.3 x 19.5 cm
重さ10.425kg3.5kg
付属品充電用ACアダプターセット(180W)
日本語取扱説明書
収納ポーチ
シガーソケットケーブル3.4m
MC4ケーブル1m
充電用ACアダプターセット(20V/3.5A:70W)
日本語取扱説明書
シガーソケットケーブル3.4m
MC4ケーブル1m

 

 

特徴などを少し紹介します。

 

パススルー対応

充電しながらスマホなどに出力できる。(あまり使わない方がいい)

 

オートチャージ機能

電源を入れなくても入力を感知すると自動で充電が開始されます。

 

パネル表示

残量などがデジタルでも表示されます。

 

バッテリーマネジメントシステムと過電圧保護、セル劣化保護、過電流保護、定電圧保護、短絡保護、温度管理などの機能搭載。

 

 

 

取っ手付きで運びやすい。

 

 

 

PowerArQ miniについては以下の参考記事をご覧ください。

参考記事⇒PowerArQ miniとRockpalsの違いを比較!ポータブル電源口コミ・仕様を調査

 

まとめ

 

ポータブル電源PowerArQ ProとPowerArQ miniの違いは

 

PowerArQ Proは

蓄電容量が大きい。

出力端子が多彩で多い。

 

PowerArQ miniは

価格が安い。

コンパクトで軽い。

 

つまり

PowerArQ proは接続できる機器も多く、いろいろ使える幅が広いのがいいならおすすめです。

PowerArQ miniはヘビーな使い方をしないならコンパクトで価格も安いのでいいでしょう。

 

 

PowerArQ Proの口コミは

 

数カ月放置してもバッテリーの自然放電で極度に容量が減っていくような事はありません。

全容量の15%くらいしかロスは無い(家庭用電源で大人しくチビチビ使えば最大85%くらい使える)ということです。

 

などのPowerArQの口コミからも期待できるでしょう。

 

 

PowerArQ Proを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ポータブル電源 PowerArQ Pro コヨーテタン・オリーブドラブ
created by Rinker

PowerArQ miniを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ポータブル電源 PowerArQ mini コヨーテタン・オリーブドラブ・レッド
created by Rinker

-ポータブル電源

執筆者:

関連記事

EcoFlow RIVER ProとJackery 700の違いを比較!ポータブル電源口コミ・仕様を調査

  ポータブル電源EcoFlow RIVER ProとJackery 700の違いを比較します。   ポータブル電源容量720WhのEcoFlow RIVER Proの口コミ・仕様 …

PowerArQ miniとRockpalsの違いを比較!ポータブル電源口コミ・仕様を調査

  ポータブル電源 スマートタップ PowerArQ miniとRockpals MT-CN300の違いを比較します。   スマートタップ PowerArQ miniの口コミ・仕様 …

EcoFlow RIVER MaxとBN-RB5-Cの違いを比較!ポータブル電源口コミ・仕様を調査

  ポータブル電源EcoFlow RIVER MaxとBN-RB5-Cの違いを比較します。   ポータブル電源 容量560WhのEcoFlow RIVER Maxの口コミ・仕様を紹 …

Vickers 300SとEENOUR P302の違いを比較!ポータブル電源口コミや仕様を調査

  コンパクトな定格出力300Wのポータブル電源Vickers 300SとEENOUR P302の違いを比較します。   リンクス アウトドア・防災向け 大容量60,000mAhポ …

EcoFlow RIVERとJackery 240の違いを比較!ポータブル電源口コミ・仕様を調査

  ポータブル電源EcoFlow RIVERとJackery 240の違いを比較します。   ポータブル電源 容量288WhのEcoFlow RIVERの口コミ・仕様を紹介します。 …

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくポチッとね♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村