商品情報

いいねしたくなるものを集めました。本ページはプロモーションが含まれています。

ヘッドホン

WH-CH720NとWH-CH710Nの違いを比較!ソニーワイヤレスヘッドホン口コミや仕様を調査

投稿日:2023年3月19日 更新日:

ソニーのヘッドバンド型ワイヤレスヘッドホンWH-CH720NとWH-CH710Nの違いを比較します。

低音域から高音域までバランスの良い高音質のWH-CH720Nの口コミや仕様を紹介します。

 

追記:「Disney 創立100周年記念モデル」として、ワイヤレスヘッドホン「WH-CH720N/D100」を全国の家電量販店ほか、ECサイト、同社直販サイト「ソニーストア」ならびに直営店「ソニーストア 銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神」にて、2023年11月21日10時より受注を開始し、最短の発送が12月15日の予定。なお、受注期間は2024年1月31日23時59分まで。

 

WH-CH720NとWH-CH710Nの違いは

 

WH-CH720Nは

より高音質である。

より軽量です。

マルチポイントに対応している。

AIアシスタント搭載。

より充電時間が短くて済む。

 

WH-CH710Nは

価格が安い。

 

つまり

WH-CH720Nは音質・装着性・利便性を重視するならどうぞ。

WH-CH710Nは価格を重視するならどうぞ。

 

WH-CH720Nの口コミは

手に持つとバッテリーは本当に内蔵されているのかと思う程にともかく軽い。

WH-XB910Nと比べると特に高域のノイキャン特性は優れている。外音取り込みは実用的な自然さと音量が取れていると思う。

などがあります♪

 

WH-CH720Nの口コミや仕様を含めて詳細は本文をご覧ください。

 

こちらのリンク先で

WH-CH720Nを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ソニー ノイズキャンセリング機能搭載Bluetooth対応ダイナミック密閉型ヘッドホン WH-CH720N ブラック・ホワイト・ブルー
created by Rinker

旧型のWH-CH710Nを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ソニー ノイズキャンセリング機能搭載Bluetooth対応ダイナミック密閉型ヘッドホン WH-CH710N ブラック・ホワイト・ブルー
created by Rinker

WH-CH720NとWH-CH710Nの違いを比較

ソニーのヘッドバンド型ワイヤレスヘッドホンWH-CH720NとWH-CH710Nの違いをそれぞれの良いところを示して比較します。

 

WH-CH720Nは

より高音質である。

より軽量です。

マルチポイントに対応している。

AIアシスタント搭載。

より充電時間が短くて済む。

 

WH-CH710Nは

価格が安い。

 

それでは詳細を確認しましょう。

WH-CH720Nの良いところ

より高音質である

1000Xシリーズで定評の統合プロセッサーV1を搭載しているので、より高性能なノイズキャンセリングにより高音質をもたらします。

 

また、専用アプリ「Headphones Connect」にも対応しているので、より好みのカスタマイズができるし、(360 Reality Audio認定)

 

「DSEE」も搭載しているので圧縮音源の高音域もクリアに再現できます。

 

また、アダプティブサウンドコントロールにも対応しているので、事前に設定すれば、シーンに応じたお好みのリスニング環境で音楽が楽しめます

より軽量です

デザインや内部構造の見直しで重さが約192gになり、WH-CH710N(約223g)よりも31g軽量になっています。

ソニーのワイヤレスノイキャンヘッドホン史上、最軽量だとか。

また、イヤーパッドの素材などの工夫も加えて装着性がより高められています。

マルチポイントに対応している

2台の機器と同時接続、それぞれで通話も音楽もできるマルチポイント接続に対応しています。

より便利になりました。

AIアシスタント搭載

本体にGoogleアシスタントとAmazon Alexaを搭載しています。

音声操作で、いろいろできるので便利です。

より充電時間が短くて済む

通常の充電時間は約3.5時間(フル充電)で、WH-CH710N(約7時間(フル充電))よりも3.5時間短くて済みます。

また、急速充電も3分で1時間再生できるので、WH-CH710N(10分で1時間再生)よりも7分短くて済みます。

WH-CH710Nの良いところ

価格が安い

WH-CH710NはWH-CH720Nよりも3000円~4000円くらい安い。(2023年3月19日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値より)

旧型のWH-CH710Nは、経年変化がよりあることを理解しておきましょう。

価格はタイミングなどで変動するので、1つの参考にしてくださいね。

 

2023年3月19日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値

WH-CH720N:18,519円(ブルー)

WH-CH720N:18,544円(ホワイト)

WH-CH720N:19,389円(ブラック)

WH-CH710N:14,830円(ブルー)

WH-CH710N:15,780円(ホワイト)

WH-CH710N:16,980円(ブラック)
もう一度確認すると

WH-CH720Nは音質・装着性・利便性を重視するならどうぞ。

WH-CH710Nは価格を重視するならどうぞ。

 

WH-CH720Nを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ソニー ノイズキャンセリング機能搭載Bluetooth対応ダイナミック密閉型ヘッドホン WH-CH720N ブラック・ホワイト・ブルー
created by Rinker

旧型のWH-CH710Nを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ソニー ノイズキャンセリング機能搭載Bluetooth対応ダイナミック密閉型ヘッドホン WH-CH710N ブラック・ホワイト・ブルー
created by Rinker

WH-CH720Nの口コミについて

ソニーのヘッドバンド型ワイヤレスヘッドホンWH-CH720Nの口コミをみてみると

手に持つとバッテリーは本当に内蔵されているのかと思う程にともかく軽い。

出典:価格.com

WH-XB910Nと比べると特に高域のノイキャン特性は優れている。外音取り込みは実用的な自然さと音量が取れていると思う。

出典:価格.com

ノイキャンON時で最大35時間と言う事なので今時のアラウンドイヤーオーバーヘッドのヘッドホンとして特別に長い分けではない。3分充電で1時間再生可能なクイック充電に対応している。

出典:価格.com

有線で聞くことも可能なので遅延時間が気になるコンテンツなら有効につかえる。有線接続時も電源ONでノイキャンを効かせる事は可能だが、Bluetooth接続時に使えるイコライザは無効になってしまう。

出典:価格.com

2台同時待受のマルチポイントに対応しているが初期は無効でありアプリで有効にしなければならない。

出典:価格.com

などがあります。

新型は進化してますね。

 

WH-CH720Nを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ソニー ノイズキャンセリング機能搭載Bluetooth対応ダイナミック密閉型ヘッドホン WH-CH720N ブラック・ホワイト・ブルー
created by Rinker

旧型のWH-CH710Nを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ソニー ノイズキャンセリング機能搭載Bluetooth対応ダイナミック密閉型ヘッドホン WH-CH710N ブラック・ホワイト・ブルー
created by Rinker

WH-CH720Nの仕様について

ソニーのヘッドバンド型ワイヤレスヘッドホンWH-CH720Nの仕様をWH-CH710Nと対比して以下の表で示します。

 

 WH-CH720NWH-CH710N
ヘッドホン:型式密閉, ダイナミック同じ
ドライバーユニット30mm 同じ
マグネット
ノイズキャンセリング同じ
外音取り込みモード同じ
防水・防塵性
ハイレゾ
クイックアテンションモード
アダプティブサウンドコントロール
EXTRA BASSサウンド
DSEE
Headphones Connect
360 Reality Audio
自動電源機能
折り畳み同じ
リモコン同じ
マルチペアリング〇(8台)同じ
マルチポイント
ハンズフリー通話同じ
AIアシスタント搭載Googleアシスタント、Amazon Alexa
AIアシスタント呼び出し同じ
電源DC3.85V : 内蔵充電式リチウムイオン電池DC3.7V : 内蔵充電式リチウムイオン電池
充電時間約3.5時間(フル充電) 約7時間(フル充電)
充電方法USB充電同じ
電池持続時間
(連続音声再生時間)
最大35時間(NC ON時)
最大50時間(NC OFF時)
最大35時間(BTNC )
電池持続時間
(連続通話時間)
最大35時間(NC ON時)
最大40時間(NC OFF時)
最大35時間(BTNC )
急速充電3分で1時間再生10分で1時間再生
充電端子USB Type-C同じ
コード長約1.2m同じ
再生周波数帯域7Hz-20,000Hz 同じ
対応インピーダンス325 Ω(有線接続、POWER ON時 1kHzにて)、
31 Ω(有線接続、POWER OFF時 1kHzにて)
72 Ω (有線接続、POWER ON時 1 kHzにて)、
33 Ω(有線接続、POWER OFF時 1 kHzにて)
音声入力端子ステレオミニジャック同じ
マイクロホン:型式エレクトレットコンデンサー型同じ
指向特性全指向性同じ
Bluetooth:通信方式Bluetooth標準規格 Ver.5.2Bluetooth標準規格 Ver.5.0
出力Bluetooth標準規格 Power Class1Bluetooth標準規格 Power Class2
最大通信距離10m同じ
対応Bluetooth
プロファイル
A2DP, AVRCP, HFP, HSP同じ
対応コーデックSBC、AAC同じ
対応コンテンツ保護SCMS-T方式同じ
質量約192g約223g
付属品USB Type-Cケーブル、保証書、接続ケーブル同じ

 

WH-CH710Nについては以下の参考記事をご覧ください。

参考記事⇒WH-CH710NとWH-CH700Nとの違いを比較!口コミレビュー・価格を調査

まとめ

ソニーのヘッドバンド型ワイヤレスヘッドホンWH-CH720NとWH-CH710Nの違いは

 

WH-CH720Nは

より高音質である。

より軽量です。

マルチポイントに対応している。

AIアシスタント搭載。

より充電時間が短くて済む。

 

WH-CH710Nは

価格が安い。

 

つまり

WH-CH720Nは音質・装着性・利便性を重視するならどうぞ。

WH-CH710Nは価格を重視するならどうぞ。

 

WH-CH720Nの口コミは

手に持つとバッテリーは本当に内蔵されているのかと思う程にともかく軽い。

WH-XB910Nと比べると特に高域のノイキャン特性は優れている。外音取り込みは実用的な自然さと音量が取れていると思う。

などがあります。。

 

WH-CH720Nを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ソニー ノイズキャンセリング機能搭載Bluetooth対応ダイナミック密閉型ヘッドホン WH-CH720N ブラック・ホワイト・ブルー
created by Rinker

旧型のWH-CH710Nを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ソニー ノイズキャンセリング機能搭載Bluetooth対応ダイナミック密閉型ヘッドホン WH-CH710N ブラック・ホワイト・ブルー
created by Rinker

-ヘッドホン
-

執筆者:

関連記事

WH-1000XM5とWH-1000XM4の違いを比較!ヘッドホン口コミや仕様を調査

ソニー ワイヤレスヘッドホンWH-1000XM5とWH-1000XM4の違いを比較します。 「新世代」の静けさで音楽が深化する業界最高のノイズキャンセリングに、ハイレゾ高音質のWH-1000XM5の口 …

ATH-HL7BTとATH-M50xBT2の違いを比較! Bluetoothヘッドホン口コミや仕様を調査

  オーディオテクニカ Bluetoothヘッドホン ATH-HL7BTとATH-M50xBT2の違いを比較します。   おうち時間に、もっと驚きと感動を。解放的なリスニングで非日 …

QuietComfort45とQuietComfort35Ⅱの違いを比較! Bluetoothヘッドホン口コミや仕様を調査

  ボーズノイズキャンセリングヘッドホンQuietComfort45とQuietComfort35Ⅱの違いを比較します。   アイコニックな静寂、快適な装着感、そしてクオリティサウ …

Space Q45とLife Q30の違いを比較!ワイヤレスヘッドホン口コミや仕様を調査

アンカー「Soundcore」ワイヤレスヘッドホンSpace Q45とLife Q30の違いを比較します。 スタイリッシュながらつけ心地も抜群のLDAC対応のワイヤレスANCヘッドホンSpace Q4 …

WH-1000XM4とWH-1000XM3の違いを比較!ヘッドホンレビュー・仕様を調査

  ソニー ワイヤレスヘッドホンWH-1000XM4とWH-1000XM3の違いを比較します。   待ちに待った新作アクティブノイズキャンセリング搭載ワイヤレスヘッドホンWH-10 …

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくポチッとね♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村