商品情報

いいねしたくなるものを集めました。

ヘッドホン

ATH-HL7BTとATH-M50xBT2の違いを比較! Bluetoothヘッドホン口コミや仕様を調査

投稿日:

 

オーディオテクニカ Bluetoothヘッドホン ATH-HL7BTとATH-M50xBT2の違いを比較します。

 

おうち時間に、もっと驚きと感動を。解放的なリスニングで非日常体験できるヘッドホンATH-HL7BTの口コミや仕様を紹介します。

 

 

ATH-HL7BTとATH-M50xBT2の違いは

 

ATH-HL7BTは

価格が安い。

装着性が良い。

ハイレゾ対応してる。(有線接続時)

 

ATH-M50xBT2は

使用可能時間が長い。

Fast Pairに対応してる。

Amnazon Alexa搭載してる。

折りたためる。

 

つまり

ATH-HL7BTは価格も安く、装着性が改善されているのでおすすめです。

ATH-M50xBT2は使用可能時間、Fast Pair対応、折り畳みなどを重視するならどうぞ。

 

 

ATH-HL7BTの口コミは

 

オーディオテクニカのヘッドホンを購入するのは初めてでしたが本製品の音にはかなり満足しています。値段を考えるとコスパもかなり良いと思います。

アンプの性能が高く、無線でも有線と同じように解像度が高い。ハイレゾ音源の各楽器が正確に入っているソースの再生に適している。

 

などのATH-M50xBT2の口コミからも期待できます♪

 

 

ATH-HL7BTの口コミや仕様を含めて詳細は本文をご覧ください。

 

 

 

こちらのリンク先で

ATH-HL7BTを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

オーディオテクニカ Bluetoothヘッドホン ATH-HL7BT
created by Rinker

ATH-M50xBT2を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

オーディオテクニカ Bluetoothヘッドホン ATH-M50xBT2
created by Rinker

ATH-HL7BTとATH-M50xBT2の違いを比較

 

オーディオテクニカ Bluetoothヘッドホン ATH-HL7BTとATH-M50xBT2の違いをそれぞれの良いところを示して比較します。

 

ATH-HL7BTは

価格が安い。

装着性が良い。

ハイレゾ対応してる。(有線接続時)

 

ATH-M50xBT2は

使用可能時間が長い。

Fast Pairに対応してる。

Amnazon Alexa搭載してる。

折りたためる。

 

 

それでは詳細を確認しましょう。

 

 

ATH-HL7BTの良いところ

価格が安い

 

ATH-HL7BTはATH-M50xBT2より2万5千円から3万円くらい安い。(2022年1月7日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値より)

 

ATH-M50xBT2は希少性もあって高くなっているのかもしれないです。

 

価格はタイミングなどで変動するので、1つの参考にしてくださいね。

 

2022年1月7日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値

ATH-HL7BT:18,000円

ATH-M50xBT2:42,600円(メタリックオレンジ:限定色)

ATH-M50xBT2:48,000円

装着性が良い

 

本体重量が220gで、ATH-M50xBT2(307g)よりも軽量です。

 

なお2層構造のイヤパッドを採用したり、頭が接する面積を大きくとることなどで装着時の負担を軽減しています。

 

長時間の装着でも軽量かつ快適な着け心地で聴き疲れしません。

 

空気の流れを解放するオープンエアー構造で自然な音の余韻にひたれます。

 

ハイレゾ対応してる。(有線接続時)

 

有線接続時のみですが、ハイレゾ音源の細部にわたる演奏表現をあますことなく聴くことができます。

 

ATH-M50xBT2はLDACコーデックを持っているのでBluetooth接続では軍配が上がるかもですね。

 

ATH-M50xBT2の良いところ

限定カラーバージョンです。

使用可能時間が長い

 

使用可能時間が、連続通信(音楽再生時):最大約50時間なので、ATH-HL7BT(連続通信(音楽再生時):最大約20時間)よりも30時間も余裕があります。

 

まあ、20時間でも十分とは思いますが。

 

Fast Pairに対応してる

 

Androidデバイスとの接続に便利なFast Pairに対応しています。

 

Amnazon Alexa搭載してる

 

接続機器に音声アシスト機能がなくても、Amnazon Alexaで音声操作ができます。

 

折りたためる

 

折りたためるので携帯しやすいです。

 

 

 

 

もう一度確認すると

ATH-HL7BTは価格も安く、装着性が改善されているのでおすすめです。

ATH-M50xBT2は使用可能時間、Fast Pair対応、折り畳みなどを重視するならどうぞ。

 

 

ATH-HL7BTを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

オーディオテクニカ Bluetoothヘッドホン ATH-HL7BT
created by Rinker

ATH-M50xBT2を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

オーディオテクニカ Bluetoothヘッドホン ATH-M50xBT2
created by Rinker

ATH-HL7BTの口コミについて

 

オーディオテクニカ Bluetoothヘッドホン ATH-HL7BTの直接の口コミはまだないです。

 

ATH-M50xBT2の口コミをみてみると

 

アンプの性能が高く、無線でも有線と同じように解像度が高い。ハイレゾ音源の各楽器が正確に入っているソースの再生に適している。

出典:価格.com

ドライバが大きいので、このクラス以上だと差はなく、当たり前に高解像度です。100Hzは100Hz、50Hzは50Hz。いくつ楽器が重なっても、本来この程度の周波数の音がヘッドホンごとに違ってはいけない。

出典:価格.com

側圧は高くない。ネットの情報が一人歩きしているのでは。耳たぶの下や眼鏡の蔓があたる場合はずらしたり、イヤパッドから蔓を出して上から引っかけると良いかと思います。

出典:価格.com

同ブランドの人気プロフェッショナルモニターヘッドホンを踏襲したデザインで、骨太な印象を受けます。

出典:価格.com

オーディオテクニカのヘッドホンを購入するのは初めてでしたが本製品の音にはかなり満足しています。値段を考えるとコスパもかなり良いと思います。

出典:価格.com

 

などがあります。

 

装着性が良くなっているATH-HL7BTの口コミはより良いと想像できます。

 

 

ATH-HL7BTを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

オーディオテクニカ Bluetoothヘッドホン ATH-HL7BT
created by Rinker

ATH-M50xBT2を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

オーディオテクニカ Bluetoothヘッドホン ATH-M50xBT2
created by Rinker

ATH-HL7BTの仕様について

 

オーディオテクニカ Bluetoothヘッドホン ATH-HL7BTの仕様をATH-M50xBT2と対比して以下の表で示します。

 

 

 ATH-HL7BTATH-M50xBT2
タイプオーバーヘッド/ネックバンドオーバーヘッド
接続タイプワイヤレス・有線(ワイヤード)同じ
構造開放型(オープンエアー)密閉型(クローズド)
駆動方式ダイナミック型同じ
電源DC3.7V リチウムポリマー電池(内蔵式)同じ
充電時間約1.5時間約3.5時間
充電方法USB充電(Type-C)同じ
使用可能時間連続通信(音楽再生時):最大約20時間連続通信(音楽再生時):最大約50時間
急速充電10分で150分間再生10分で180分間再生
周波数特性5Hz-40,000Hz15Hz-28,000Hz
対応インピーダンス48 Ω 38 Ω
音声入力端子ステレオミニプラグ同じ
BluetoothBluetooth通信方式標準規格 Ver.5.0

同じ
最大通信距離見通し距離 約10m
同じ
対応BluetoothプロファイルA2DP、AVRCP、HFP、HSP同じ
対応コーデックSBC, AAC,SBC, AAC, LDAC
Fast Pair対応
マルチペアリング同じ
マルチポイント同じ
ノイズキャンセリング
ハイレゾ〇(有線接続)
マイク 〇MEMS型同じ
操作性同じ
コントロール電源/コントロールボタン(再生/一時停止や曲送り/曲戻し、通話) ボリュームボタン(+/-)(音量調整)電源/コントロールボタン(再生/一時停止や曲送り/曲戻し、通話) ボリュームボタン(+/-)(音量調整)、音声アシスタントボタン(音声アシスタント起動)
オートパワーオフ同じ
音質調整〇専用アプリ「Connect」同じ
360 Reality Audio〇(有料)
音声ガイダンス同じ
音声アシスタントスマートフォン搭載の音声アシスタントスマートフォン搭載の音声アシスタント、Amazon Alexa
折り畳み
重さ約220g約307g
付属品30cm充電用USBケーブル(USB Type-A/USB Type-C)、2.0mコード(φ3.5mm金メッキステレオミニプラグ/L型)30cm充電用USBケーブル(USB Type-A/USB Type-C)、1.2mコード(φ3.5mm金メッキステレオミニプラグ/L型)、ポーチ

 

 

 

 

まとめ

 

オーディオテクニカ Bluetoothヘッドホン ATH-HL7BTとATH-M50xBT2の違いは

 

ATH-HL7BTは

価格が安い。

装着性が良い。

ハイレゾ対応してる。(有線接続時)

 

ATH-M50xBT2は

使用可能時間が長い。

Fast Pairに対応してる。

Amnazon Alexa搭載してる。

折りたためる。

 

つまり

ATH-HL7BTは価格も安く、装着性が改善されているのでおすすめです。

ATH-M50xBT2は使用可能時間、Fast Pair対応、折り畳みなどを重視するならどうぞ。

 

 

ATH-HL7BTの口コミは

 

オーディオテクニカのヘッドホンを購入するのは初めてでしたが本製品の音にはかなり満足しています。値段を考えるとコスパもかなり良いと思います。

アンプの性能が高く、無線でも有線と同じように解像度が高い。ハイレゾ音源の各楽器が正確に入っているソースの再生に適している。

 

などのATH-M50xBT2の口コミからも期待できるでしょう。

 

 

ATH-HL7BTを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

オーディオテクニカ Bluetoothヘッドホン ATH-HL7BT
created by Rinker

ATH-M50xBT2を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

オーディオテクニカ Bluetoothヘッドホン ATH-M50xBT2
created by Rinker

-ヘッドホン

執筆者:

関連記事

AirPods MaxとWH-1000XM4の違いを比較!ヘッドフォン口コミ・仕様を調査

  オーバーイヤー型ワイヤレスヘッドフォンAirPods MaxとWH-1000XM4の違いを比較します。   空間オーディオで話題のApple オーバーイヤー型ワイヤレスヘッドフ …

WH-CH710NとWH-CH700Nとの違いを比較!口コミレビュー・価格を調査

ソニーのヘッドホンWH-CH710NとWH-CH700Nとの違いを比較してみました。   また、お手軽にノイズキャンセリングデビューができるWH-CH710Nの口コミレビューや価格をまとめま …

WH-XB910NとWH-XB900Nの違いを比較!ワイヤレスヘッドホン口コミや仕様を調査

  ソニーワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンWH-XB910NとWH-XB900Nの違いを比較します。   高性能ノイキャンで、迫力の重低音をもたらすWH-XB910Nの口コ …

QuietComfort45とQuietComfort35Ⅱの違いを比較! Bluetoothヘッドホン口コミや仕様を調査

  ボーズノイズキャンセリングヘッドホンQuietComfort45とQuietComfort35Ⅱの違いを比較します。   アイコニックな静寂、快適な装着感、そしてクオリティサウ …

WH-CH710NとWH-1000XM3との違いを比較!口コミレビュー・価格を調査

  ソニーのヘッドホンWH-CH710NとWH-1000XM3との違いを比較してみました。   また、お手軽にノイズキャンセリングデビューができるWH-CH710Nの口コミレビュー …

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくポチッとね♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村