商品情報

いいねしたくなるものを集めました。

家電

ER-WD70とER-VD70の違いを比較!角皿式スチームオーブンレンジ口コミや仕様を調査

投稿日:

 

東芝角皿式スチームオーブンレンジ「石窯ドーム」総庫内容量26L ER-WD70とER-VD70の違いを比較します。

 

2022年1月発売予定、ワイドでフラットな角皿式スチームモデルER-WD70の口コミや仕様を紹介します。

 

 

ER-WD70とER-VD70の違いは

 

ER-WD70は

操作部分を改良した。

角皿の改良。

バックライト液晶の採用。

庫内よごれプロテクトに進化した。

総レシピ数が増えた。

オーブン・グリルが出力アップ。

より省エネです。

 

ER-VD70は

価格が安い。

 

つまり

ER-WD70はオーブン・グリルが出力アップし、より省エネで、レシピ数も増え、操作やお手入れがしやすくなっているのでおすすめです。

ER-VD70は価格を重視するならどうぞ。

 

 

ER-WD70の口コミは

 

純粋にレンジ機能がしっかりしているので満足です。赤外線センサー、温度センサーが付いているありがたみはすぐにわかりました。良くも悪くも余分な機能は備わっていないです。26リットルの割に価格もリーズナブルです。

オート温めに「ごはん」と「おかず」の切り替えがあるのは面白いですね。メニューってほぼ使わないですが、コンビニ弁当モードって良いかもと使ってみました、上手に温まりました。

 

などの旧型のER-VD70の口コミからも期待できます♪

 

 

ER-WD70の口コミや仕様を含めて詳細は本文をご覧ください。

 

 

 

こちらのリンク先で

ER-WD70を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

東芝角皿式スチームオーブンレンジ「石窯ドーム」 ER-WD70 ホワイト・ブラック
created by Rinker

旧型のER-VD70を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

東芝角皿式スチームオーブンレンジ「石窯ドーム」 ER-VD70 グランブラック・グランホワイト
created by Rinker

ER-WD70とER-VD80の違いを比較

 

東芝角皿式スチームオーブンレンジ「石窯ドーム」総庫内容量26L ER-WD70とER-VD70の違いをそれぞれの良いところを示して比較します。

 

ER-WD70は

操作部分を改良した。

角皿の改良。

バックライト液晶の採用。

庫内よごれプロテクトに進化した。

総レシピ数が増えた。

オーブン・グリルが出力アップ。

より省エネです。

 

ER-VD70は

価格が安い。

 

 

それでは詳細を確認しましょう。

 

 

ER-WD70の良いところ

 

操作部分を改良した

 

こちらをご覧ください。

 

角皿の改良

 

こちらをご覧ください。

 

バックライト液晶の採用

 

こちらをご覧ください。

 

庫内よごれプロテクトに進化した

 

こちらをご覧ください。

 

総レシピ数が増えた

 

総レシピ数が123になり、ER-VD70(119)よりも和食メニューが4つ多くなりました。

 

料理の幅が広がりますね。

 

自動メニュー数は96で、ER-VD70(94)よりも2つ多くなりました。

 

自動でできるものが増えてラクチンですね。

 

オーブン・グリルが出力アップ

 

こちらをご覧ください。

 

より省エネです

 

年間消費電力量が69.2kWh/年で、ER-VD70(73.4kWh/年)よりも4.2kWh少なくなりました。

 

1kWh27円とすれば、年間電気代が1,868.4円で、ER-VD70(1,981.8円)よりも113.4円安くなります。

 

ER-WD80と同じく誤差ですね。

 

ER-VD70の良いところ

 

価格が安い

 

ER-VD70はER-WD70よりも1万9千円~2万3千円くらい安い。(2021年10月10日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値より)

 

ER-VD70は型落ち品なので、経年変化がより多いと理解しておいてくださいね。

 

価格はタイミングなどで変動するので、1つの参考にしてくださいね。

 

2021年10月10日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値

ER-WD70:51,480円(ホワイト)

ER-WD70:54,780円(ブラック)

ER-VD70:32,480円(グランブラック)

ER-VD70:32,000円(グランホワイト)

 

 

 

 

もう一度確認すると

ER-WD70はオーブン・グリルが出力アップし、より省エネで、レシピ数も増え、操作やお手入れがしやすくなっているのでおすすめです。

ER-VD70は価格を重視するならどうぞ。

 

 

ER-WD70を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

東芝角皿式スチームオーブンレンジ「石窯ドーム」 ER-WD70 ホワイト・ブラック
created by Rinker

旧型のER-VD70を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

東芝角皿式スチームオーブンレンジ「石窯ドーム」 ER-VD70 グランブラック・グランホワイト
created by Rinker

ER-WD70の口コミについて

 

東芝角皿式スチームオーブンレンジ「石窯ドーム」総庫内容量26L ER-W70の直接の口コミはまだないです。

 

旧型のER-VD70の口コミをみてみると

 

パワーは文句なしです。レンジもオーブンも加熱に問題なし。解凍ムラに関しては温度やパワーではなく高さを認識するセンサーがないので背の高い物を入れたり低いものを入れるとムラが出来るようです。

出典:価格.com

特段手入れが難しいと思ったことはなく、ターンテーブルが無くなったので内部の掃除は以前よりはしやすいです。

出典:価格.com

多機能すぎてすべてを使いこなせいません。600W500W1000W200Wとレンジのワット数を切り替えられるのはいいです。ただし1000Wは色々制限があるので購入前に説明書を読まれることをオススメします。

出典:価格.com

オート温めに「ごはん」と「おかず」の切り替えがあるのは面白いですね。メニューってほぼ使わないですが、コンビニ弁当モードって良いかもと使ってみました、上手に温まりました。

出典:価格.com

純粋にレンジ機能がしっかりしているので満足です。赤外線センサー、温度センサーが付いているありがたみはすぐにわかりました。良くも悪くも余分な機能は備わっていないです。26リットルの割に価格もリーズナブルです。

出典:価格.com

 

などがあります。

 

メニューが増えたり、オーブン・グリルが出力アップし、お手入れしやすくなったりと改善点が多いので、新しいER-WD70の口コミも良いことが想像できますね。

 

ダイヤル式になってすっきりしたかどうかは個人差があるでしょう。

 

 

ER-WD70を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

東芝角皿式スチームオーブンレンジ「石窯ドーム」 ER-WD70 ホワイト・ブラック
created by Rinker

旧型のER-VD70を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

東芝角皿式スチームオーブンレンジ「石窯ドーム」 ER-VD70 グランブラック・グランホワイト
created by Rinker

ER-WD70の仕様について

 

東芝角皿式スチームオーブンレンジ「石窯ドーム」総庫内容量26L ER-WD70の仕様をER-VD70と対比して以下の表で示します。

 

 

 ER-WD70ER-VD70
総庫内容量26L(ワイド&フラット庫内)同じ
使用人数3人同じ
オーブン・グリル加熱方式石窯ドームオーブン(上下ヒーター式)(上)ドームヒーター庫内 まるごと遠赤(扉部を除く)石窯ドームオーブン(上下ヒーター式)(上)ガラス管ヒーター庫内4面遠赤(底・奥・左右)
オーブン温度調節範囲100~250℃
発酵(30・35・40・45℃)
同じ
レンジ出力1000:最大3分(600)/600・500連続 200相当、100相当 同じ
ヒーターオーブン1350W・グリル1100W同じ
省エネ設計省エネ基準達成
オートパワーオフ
同じ
掲載メニュー数(自動メニュー数)123(96)119(94)
庫内有効寸法(mm)
(幅x奥行x高さ)
384x323x215376x320x198
外形寸法(mm)
(幅x奥行x高さ)
480x390x350同じ
質量約17kg約14kg
電源AC 100V
(50Hz-60Hz共用)
同じ
定格消費電力レンジ1,430W
オーブン1,350W
グリル1,350W
レンジ1,430W
オーブン1,220W
グリル1,220W
年間消費電力量(50/60Hz)69.2kWh/年73.4kWh/年
年間消費電力量(50/60Hz)
レンジ機能部分
54.0kWh/年58.0kWh/年
年間消費電力量(50/60Hz)
オーブン機能部分
15.2kWh/年15.4kWh/年
年間消費電力量(50/60Hz)
待機時部分
0.0kWh/年同じ
搭載センサー赤外線センサー / 温度センサー
同じ
2段熱風コンベクション
トースト機能同じ
スチーム機能角皿式同じ
スチーム給水方式角皿式同じ
スチームあたため同じ
解凍解凍/さしみ同じ
庫内コーティング庫内よごれプロテクト(扉部、底面を除く)遠赤・脱臭ブラックコート(天井、扉部、底面を除く)
自動お手入れ
脱臭同じ
バックライト液晶
スマホ連携操作
音声設定(スマートスピーカー)
後ろピッタリ置きOK同じ
付属品角皿(鉄板ホーロー・溝付き)39.5×30.5cm 1枚/取扱説明書 兼 料理集/(給水カセット・水受けは本体に装着済み)角皿(鉄板ホーロー)38.8×30cm 1枚/取扱説明書 兼 料理集/(給水カセット・水受けは本体に装着済み)

 

 

 

同じ時期に発売する上位機種でER-WD80があります。

 

主な違いは、

手間なしお手入れコースがある。

レシピ数などが多い。

解凍がより良い。

過熱水蒸気オーブンレンジである。

などがあります。

 

そのことを踏まえて、以下のER-WD80の動画をER-WD70の特徴の参考にしてくださいね。

 

 

ER-WD80に興味がある方は以下の参考記事をご覧ください。

参考記事⇒ER-WD80とER-VD80の違いを比較!過熱水蒸気オーブンレンジ 口コミや仕様を調査

 

まとめ

 

東芝角皿式スチームオーブンレンジ「石窯ドーム」総庫内容量26L ER-WD70とER-VD70の違いは

 

ER-WD70は

操作部分を改良した。

角皿の改良。

バックライト液晶の採用。

庫内よごれプロテクトに進化した。

総レシピ数が増えた。

オーブン・グリルが出力アップ。

より省エネです。

 

ER-VD70は

価格が安い。

 

つまり

ER-WD70はオーブン・グリルが出力アップし、より省エネで、レシピ数も増え、操作やお手入れがしやすくなっているのでおすすめです。

ER-VD70は価格を重視するならどうぞ。

 

 

ER-WD70の口コミは

 

純粋にレンジ機能がしっかりしているので満足です。赤外線センサー、温度センサーが付いているありがたみはすぐにわかりました。良くも悪くも余分な機能は備わっていないです。26リットルの割に価格もリーズナブルです。

オート温めに「ごはん」と「おかず」の切り替えがあるのは面白いですね。メニューってほぼ使わないですが、コンビニ弁当モードって良いかもと使ってみました、上手に温まりました。

 

などの旧型のER-VD70の口コミからも期待できるでしょう。

 

 

ER-WD70を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

東芝角皿式スチームオーブンレンジ「石窯ドーム」 ER-WD70 ホワイト・ブラック
created by Rinker

旧型のER-VD70を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

東芝角皿式スチームオーブンレンジ「石窯ドーム」 ER-VD70 グランブラック・グランホワイト
created by Rinker

-家電

執筆者:

関連記事

2B-C20DW1と2B-C20CW1の違いを比較!ブルーレイ口コミ・仕様を調査

  シャープ AQUOSブルーレイレコーダー2B-C20DW1と2B-C20CW1の違いを比較します。   2番組同時録画 2TBブルーレイディスクレコーダー2B-C20DW1の口 …

HR-D1701WとHR-D15Eの違いを比較!2ドア冷凍冷蔵庫口コミ・仕様を調査

  ハイセンス2ドア冷凍冷蔵庫HR-D1701WとHR-D15Eの違いを比較します。   175L冷凍冷蔵庫HR-D1701Wの口コミ・仕様を紹介します。   &nbsp …

TA-FDX650とTA-FVX640の違いを比較!コードレスアイロン口コミ・仕様を調査

  東芝 コードレスアイロン 美ラクルLa・Coo TA-FDX650とTA-FVX640の違いを比較します。   コードレスアイロンTA-FDX650の口コミ・仕様を紹介します。 …

ES-ST2SとES-ST2Rとの違いを比較!口コミレビューを調査[最新機種]

  パナソニックリニアシェーバーラムダッシュ3枚刃(WET/DRY) ES-ST2SとES-ST2Rとの違いを比較します。   また、ラムダッシュ最新機種ES-ST2Sの口コミレビ …

KHV-700RAとARK-700Z-Nの違いを比較!ハイブリッド加湿器口コミ・仕様を調査

  アイリスオーヤマ 気化ハイブリッド式大型加湿器KHV-700RAとARK-700Z-Nの違いを比較します。   気化ハイブリッド式 大型加湿器KHV-700RAの口コミ・仕様を …

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくポチッとね♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村