商品情報

いいねしたくなるものを集めました。

パナソニック

HZ2000とGZ2000の違いを比較!4K有機ELテレビ「ビエラ」口コミ・仕様の調査

投稿日:2020年10月4日 更新日:

 

パナソニック 4K有機ELテレビ「ビエラ」HZ2000とGZ2000の違いを比較します。

 

4K有機ELテレビ「ビエラ」HZ2000の口コミ・仕様を紹介します。

 

 

HZ2000とGZ2000の主な違いは

 

HZ2000は

有機ディスプレイ「Master HDR OLED Professional Edition」を採用。

AI HDRリマスターの進化。

フイルムメーカーモードにも対応。

Dolby Vision IQのサポート。

 

GZ2000は

価格が安い。

 

つまり

HZ2000はパネル制御技術や4K放送番組における画質処理がブラッシュアップされて、最高を目指すならおすすめです。

GZ2000は基本性能が優れている4K有機ELテレビがリーズナブルなのでおすすめです。

 

 

HZ2000の口コミは

 

高画質で4K有機ELを牽引するモデルである。

 

などという上々の口コミがありました。

 

 

HZ2000の口コミ・仕様を含めて詳細は本文をご覧ください。

 

 

 

こちらのリンク先で

HZ2000の65V型を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

HZ2000の55V型を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

 

旧型のGZ2000の65V型を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

旧型のGZ2000の55V型を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

HZ2000とGZ2000の違いを比較

 

パナソニック 4K有機ELテレビ「ビエラ」HZ2000とGZ2000の違いをそれぞれの良いところを示して比較します。

 

HZ2000は

有機ディスプレイ「Master HDR OLED Professional Edition」を採用。

AI HDRリマスターの進化。

フイルムメーカーモードにも対応。

Dolby Vision IQのサポート。

自動チューニング機能「Space Tune Auto」を搭載。

転倒防止スタンド機能と、左右15度のスイーベル機能が追加。

ホーム画面も改良。

 

GZ2000は

価格が安い。

年間消費電力量が少ない。

コンパクトで軽い。

 

 

では、詳細を確認してみましょう。

 

 

HZ2000の良いところ

有機ディスプレイ「Master HDR OLED Professional Edition」を採用

 

Dynamicハイコントラスト有機ELディスプレイという、パナソニックの工場で組み立て、チューニングを施した特別仕様のパネルに、独自のパネル制御技術「Dot Contrast パネルコントローラーPro」を第二世代モデルへと強化したのが画質面での大きな特徴です。

 

 

高輝度表現を最大限に生かすため、明部の階調表現を引き上げたもので、一般的な有機ELパネルと比べて約20%高い輝度を実現。

 

この強化された有機ディスプレイは「Master HDR OLED Professional Edition」と名づけられている。

 

明るい部屋でも明部暗部の表現がしっかりする映像を実現している。

 

AI HDRリマスターの進化

 

進化したAI HDRリマスターは

 

 

 

地上デジタル放送などのSDR映像を高画質なHDR映像に変換したり

 

 

 

4Kパネルのもつ性能を最大限に引き出すように高画質化処理します。

 

 

「フイルムメーカーモード」にも対応

 

映画視聴用の画質モードとして、新たに「フィルムシネマ」を追加しました。

 

これは「フイルムメーカーモード」に該当するものです。

 

映像を作った監督の思い通りの画像という意味ですかね。

 

これは、Dolby Visionに対応していない映像の、4Kテレビは暗いという悪評を解消するために設けられました。

 

パナソニックは改良余地がある部分でうまく調整して画質を向上させている。

 

Dolby Vision IQのサポート

4Kテレビは暗いという悪評を解消するためのもの、設置場所の明るさにより画質調整をコントロールして明るい部屋でも画面が暗いという印象がないようにしている。

 

公式の機能としておまかせにあたる「Dolby Vision IQ」、完全に暗室向けの「Dolby Vision Dark」、店頭のような明るい環境向けの「Dolby Vision Vivid」という3つのモードが用意される。

 

 

自動チューニング機能「Space Tune Auto」を搭載

 

スピーカーから流したテスト音源を付属のリモコンに内蔵されているマイクを使って計測するだけで、設置環境に合わせたチューニングを自動で行います。

 

最適な音質に補正してくれるのでいつでも良い音で楽しめます。

 

 

転倒防止スタンド機能と、左右15度のスイーベル機能が追加

 

HZ1800にも採用されていた転倒防止スタンドをHZ2000にも新たに開発しました。

 

簡単には倒れにくくなるので、地震対策にも、小さなお子さんがいる家庭にも、安心です。

 

 

 

また、左右15°のスイーベル機能が追加されたので、ちょっとした画面角度の調整やケーブルの抜き差し、お掃除などに便利です。

 

 

ホーム画面も改良

 

ホーム画面も改良が加えられており、各サービスのおすすめ動画などをサムネイルで表示し、コンテンツをより探しやすく進化している。

 

GZ2000の良いところ

価格が安い

 

GZ2000はHZ2000よりも2020年10月2日時点で154,000円安い。(楽天最安値より)

今後の展開によっては価格は常に変動するので、1つの参考にしてくださいね。

 

発売して時間が経つGZ2000は値段が下がっています、この差をどうみるかは個々人の価値観によりますね。

 

2020年10月2日楽天最安値

HZ2000:539,000円

GZ2000:385,000円

 

年間消費電力量が少ない

 

GZ2000はHZ2000よりも年間消費電力量が11kWh/年(65V型)6kWh/年(55V型)少ない。

 

年間消費電力量

GZ2000:242kWh/年(65V型)199kWh/年(55V型)

HZ2000;253kWh/年(65V型)205kWh/年(55V型)

 

それぞれ電力料金の契約は違うので

仮に1kWh 27円として年間の電気代を比較すると

GZ2000のほうが、65V型では297円、55V型では162円安くなりました。

まあ誤差範囲とも言えますね。

 

参考にしてくださいね。

 

GZ2000 HZ2000
65V型 6,534円 6,831円
55V型 5,373円 5,535円

コンパクトで軽い

 

ほぼ違わないのですがデーターとして示しますと

GZ2000はHZ2000よりも

65V型(55V型)は高さが0.6cm、奥行が4cm小さく、1kg軽い。

 

外形寸法(mm)(幅x高さx奥行)

GZ2000:1446x907x310(65V型)、1225x783x310(65V型)

HZ2000:1446x913x350(65V型)、1225x789x350(55V型)

 

重さ

GZ2000:41kg(65V型)、34kg(55V型)

HZ2000:40kg(65V型)、33kg(55V型)

 

 

 

もう一度まとめますと

明るいリビングでの画面の明瞭さをどうみるかです

HZ2000はパネル制御技術や4K放送番組における画質処理がブラッシュアップされて、最高を目指すならおすすめです。

GZ2000はそこまで画質は気にしなくて、基本性能が優れているリーズナブルな4K有機ELテレビを求めるならおすすめです。

 

 

HZ2000の65V型と55V型を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

パナソニック 有機EL「ビエラ」HZ2000 65V型 55V型
created by Rinker

旧型のGZ2000の65V型と55V型を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

パナソニック 有機EL「ビエラ」GZ2000 65V型 55V型
created by Rinker

HZ2000の口コミについて

 

パナソニック 4K有機ELテレビ「ビエラ」HZ2000の口コミは

 

明るい部屋で映像を見比べると、暗い部分のディテールが潰れるようなことがなくなり、伸びやかでダイナミックな高画質が体験できた。

暗い状態から照明をオンにすると、黒浮きをしない形で中間の階調と平均輝度を引き上げ、暗闇のなかで動く黒装束の忍者の姿が潰れない黒階調と輝度バランスで表示してくれた。

高画質で4K有機ELを牽引するモデルである。

 

など上々な口コミがみられました。

 

これから注目される4K有機ELテレビになる予感がします。

 

 

 

HZ2000の65V型と55V型を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

パナソニック 有機EL「ビエラ」HZ2000 65V型 55V型
created by Rinker

旧型のGZ2000の65V型と55V型を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

パナソニック 有機EL「ビエラ」GZ2000 65V型 55V型
created by Rinker

HZ2000の仕様について

 

パナソニック 4K有機ELテレビ「ビエラ」HZ2000の仕様をGZ2000と対比して以下の表で示します。

 

 HZ2000GZ2000
解像度4K同じ
サイズ55V型、65V型同じ
パネルDynamicハイコントラスト有機ELディスプレイ(進化)Dynamicハイコントラスト有機ELディスプレイ
画素数3840x2160同じ
高画質エンジン
HDR対応HDR10/HDR10+/HLG/HLGフォト/Dolby Vision/Dolby Vision IQ 同じ
スピーカーイネーブルドスピーカー:2、ミッドレンジ:6、ツイーター:3、ウーハー:4同じ
最高音声出力140W ドルビーアトモス対応同じ
4Kチューナー数2同じ
地上・BS・110度CSチューナー数3同じ
CATVパススルー対応 同じ
CATV受信同じ
テレビ番組ガイド新ワイドインテリジェントテレビ番組表同じ
VIERA Link対応同じ
2画面機能 同じ
無線LAN内臓同じ
アクトビラ同じ
ビデオ・オンデマンドサービス(VOD)対応同じ
Google アシスタント/Amazon Alexa音声操作対応
同じ
お部屋ジャンプリンク(サーバー/クライアント)〇/〇同じ
オフタイマー/オンタイマー同じ
USBハードディスク録画対応同じ
音声操作(マイク一体型リモコンによる操作)
同じ
スマートスピーカー連携
同じ
アプリ対応同じ
Netflex推奨テレビ同じ
HDMI端子数4(4K入力対応)同じ
eARC対応 〇(HDMI2)同じ
HDCP2.2対応〇(4系統全て)同じ
USB端子数3(うち1つは、USB3.0対応)同じ
ビデオ入力1(AV変換ケーブル(3軸)同梱)同じ
光デジタル音声出力1同じ
LAN端子1同じ
イヤホン端子 同じ
スピーカーとイヤホン音声の同時出力同じ
画面寸法
(幅x高さx対角)mm
1428x804x1639(65V)1210x680x1388(55V) 同じ
外形寸法(幅x高さx奥行)mm65V型
1446x913x350(テレビスタンド含む)
55V型
1225x789x350(テレビスタンド含む)
65V型
1446x907x310(テレビスタンド含む)
55V型
1225x783x310(テレビスタンド含む) 
電源AC100V 50/60Hz同じ
質量65V型
約41.0kg(スタンド含む)
55V型
約34.0kg(スタンド含む)
65V型
約40.0kg(スタンド含む)
55V型
約33.0kg(スタンド含む)
消費電力 563W(65V)424W(55V)
(本体電源「切」時:約0.2W/リモコン電源「切」時:約0.3W)
563W(65V)424W(55V)
(本体電源「切」時:約0.2W/リモコン電源「切」時:約0.3W)
年間消費電力量253kWh/年(65V)205kWh/年(55V)242kWh/年(65V)199kWh/年(55V)
転倒防止スタンド無し
付属品リモコン(1), 単3形マンガン乾電池(2), 取扱説明書(1), 組み立て部品(一式), 転倒・落下防止部品(一式), ●本機は従来のB-CASカードに代わり「ACASチップ」を内蔵しています。リモコン, 単3形乾電池×2, スタンド(一式), 転倒・落下防止部品(一式), 取扱説明書, 保証書, ●本機は従来のB-CASカードに代わり「ACASチップ」を内蔵しています。

 

 

HZ2000が出るまでにHZ1800というのが発売されていました。

 

そのHZ1800とGZ2000との比較記事があります、興味がある方は以下の参考記事をご覧ください。

参考記事⇒HZ1800とGZ2000との違いを比較!ビエラ 口コミレビュー・仕様の調査

 

GZ2000の仕様の全貌でHZ2000の仕様の理解も深まるとは思います。

 

まとめ

 

パナソニック 4K有機ELテレビ「ビエラ」HZ2000とGZ2000の違いは

 

HZ2000は

有機ディスプレイ「Master HDR OLED Professional Edition」を採用。

AI HDRリマスターの進化。

「フイルムメーカーモード」にも対応。

Dolby Vision IQのサポート。

自動チューニング機能「Space Tune Auto」を搭載。

転倒防止スタンド機能と、左右15度のスイーベル機能が追加。

ホーム画面も改良。

 

GZ2000は

価格が安い。

年間消費電力量が少ない。

コンパクトで軽い。

 

 

つまり

HZ2000はパネル制御技術や4K放送番組における画質処理がブラッシュアップされて、最高を目指すならおすすめです。

GZ2000はそこまで画質は気にしなくて基本性能が優れているリーズナブルな4K有機ELテレビを求めるならおすすめです。

 

 

HZ2000の口コミは

高画質で4K有機ELを牽引するモデルである。

という言葉で集約されそうです。

 

 

HZ2000の65V型と55V型を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

パナソニック 有機EL「ビエラ」HZ2000 65V型 55V型
created by Rinker

旧型のGZ2000の65V型と55V型を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

パナソニック 有機EL「ビエラ」GZ2000 65V型 55V型
created by Rinker

-パナソニック

執筆者:

関連記事

TH-50JX750とTH-49JX850の違いを比較!4K液晶テレビ口コミや仕様を調査

  パナソニック4K液晶テレビ「ビエラ」TH-50JX750とTH-49JX850の違いを比較します。   4Kダブルチューナー内臓JX750シリーズ50V型TH-50JX750の …

55JZ2000と55HZ2000の違いを比較!4K有機ELテレビ口コミレビューや仕様を調査

  パナソニック4K有機ELテレビ 55V型 55JZ2000と55HZ2000の違いを比較します。   4K放送の2番組同時録画に対応、独自設計・組み立てのDynamicハイコン …

65JZ2000と65HZ2000の違いを比較!4K有機ELテレビ口コミレビューや仕様を調査

  パナソニック4K有機ELテレビ 65V型 65JZ2000と65HZ2000の違いを比較します。   4K放送の2番組同時録画に対応、独自設計・組み立てのDynamicハイコン …

TH-65JX750とTH-65JX900の違いを比較!4K液晶テレビ口コミや仕様を調査

  パナソニック4K液晶テレビ「ビエラ」65V型TH-65JX750とTH-65JX900の違いを比較します。   4Kダブルチューナー内臓JX750シリーズTH-65JX750の …

65JX900と65HX900の違いを比較!パナソニックVIERAレビューや仕様を調査

  パナソニック4K液晶テレビ「VIERA」65V型 65JX900と65HX900の違いを比較します。   4K放送の2番組同時録画に対応、転倒防止スタンド採用モデル 65JX9 …

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくポチッとね♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村