商品情報

いいねしたくなるものを集めました。

カメラ

GoPro HERO9とGoPro HERO8の違いを比較!アクションカメラ口コミ・仕様を調査

投稿日:

 

GoPro アクションカメラ GoPro HERO9 BlackとGoPro HERO8 Blackの違いを比較します。

 

GoPro HERO9 Black(CHDHX-901-FW)の口コミ・仕様を紹介します。

 

 

GoPro HERO9とGoPro HERO8の主な違いは

 

GoPro HERO9は

5K動画撮影ができる。

液晶モニターが大きくなりカラーになった。

前面モニターがカラーになり撮影をモニターできる。

画素数が多い。

手ぶれ補正が進化した。

長時間撮影ができる。

 

GoPro HERO8は

価格が安い。

コンパクトで軽い。

 

つまり

GoPro HERO9は画質が上がり自撮り機能が強化され、長く撮影ができるのでおすすめです。

GoPro HERO8は比較的安いのでそれほど機能などを求めないならおすすめです。

 

 

GoPro HERO9 Blackの口コミは

 

動画撮影用カメラとしてとても使いやすい。

4Kでも十分すぎるほどキレイ。

レンズをMaxレンズモジュラーにすれば設定によりスノーボードやBMXでもぶれない映像が撮影できる。

気持ち悪いくらいブレが抑えられている。

アクションシーンだけでなくVlog向けにも良さそう。

大雨でも安心して使える。

ライブストリーミングのカメラやWebカメラとして使うのに向いている。

 

など良い口コミが多いです♪

 

GoPro HERO9 Blackの口コミ・仕様を含めて詳細は本文をご覧ください。

 

 

こちらのリンク先で

GoPro HERO9 Blackを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

旧型のGoPro HERO8 Blackを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

GoPro HERO9とGoPro HERO8の違いを比較

 

GoPro アクションカメラ GoPro HERO9 BlackとGoPro HERO8 Blackの違いをそれぞれの良いところを示して比較します。

 

GoPro HERO9は

5K動画撮影ができる。

液晶モニターが大きくなりカラーになった。

前面モニターがカラーになり撮影をモニターできる。

画素数が多い。

手ぶれ補正が進化した。

長時間撮影ができる。

交換式レンズになった。

HindSlightに対応した。

タイマー機能が追加された。

水平維持機構が本体に内蔵された。

 

GoPro HERO8は

価格が安い。

コンパクトで軽い。

 

 

それでは、詳細についてみてみましょう。

 

 

GoPro HERO9の良いところ

5K動画撮影ができる

 

GoPro HERO9は5K 30fpsの動画撮影が可能になりました。

 

GoPro HERO8は4K 60fpsまででした。

 

きれいな動画が撮影できます。

 

液晶モニターが大きくなりカラーになった

 

カメラの背面にある液晶モニターがカラーになり16%のサイズアップしました。

 

見やすくなってうれしいかぎりですね(^^♪

 

液晶モニター

GoPro HERO9:2.27インチカラーLCD、タッチパネル、タッチズーム対応

GoPro HERO8:2インチモノクロLCD、タッチパネル、タッチズーム対応

 

前面モニターがカラーになり撮影をモニターできる

 

GoPro HERO9の前面モニターがカラーモニターになり、ステータスだけでなくライブビューも表示できるようになりました。

 

つまり、前面のカラーモニターで自撮りの際に、どういう風に映っているかを確認しながら撮影できるようになった。

 

これってVloggerにはうれしい機能ですよね♪

 

画素数が多い

 

GoPro HERO9の画素数は2000万画素

GoPro HERO8の画素数は1200万画素

 

GoPro HERO9のほうが繊細な画像を撮影できます。

 

手ぶれ補正が進化した

 

GoPro HERO9になって手ぶれ補正機能のHyperSmoothが2.0から3.0へバージョンアップしました。

 

全ての設定で補正が良く効く「ブースト」が利用できるし

 

撮影時に水平を保ってくれるようにもなっています。(ホライズンレベリング機能:画角が狭くなる)

 

 

タイムラプスのビデオ時に適用されるHyperSmoothであるTimeWarpも2.0から3.0へバージョンアップしました。

 

撮影時に「リアルスピード」「ハーフスピード」の動画撮影が変更できたり、リアルスピード時には音声も追加できます。

 

移動しながら安定したタイムラプス動画が撮影できます。

 

長時間撮影ができる

 

GoPro HERO9のバッテリーが高容量になったので撮影時間がGoPro HERO8より30%アップしています。

 

その上低温環境下での性能もアップしています。

 

もちろんUSBで給電することもできるのでより長時間の撮影ができます。

 

GoPro HERO9:着脱式1720mAhリチウムイオン電池

GoPro HERO8:着脱式1220mAhリチウムイオン電池

 

交換式レンズになった

 

交換式レンズになったのでレンズが損傷しても交換ができます。

 

またMaxレンズモードをがあるので、HERO9 Black Maxレンズモジュラーを購入して装着し

 

1.超広角155°SuperView撮影ができる。

2.Max HyperSmoothという強い手ぶれ補正機能を使える(最大2.7K 60fpにて)。

3.360度のホライズンロックが使用できる。ス―ボードなどの動きでも水平軸や垂直軸を維持してビデオ撮影が可能。

4.Max TimeWarpで非常に手ぶれを抑制されたTimeWarpビデオを撮れます。

 

などを楽しむことができます。

ただ、このレンズは水深5mまでで、水中撮影ではゆがみが生じるので注意が必要です。

 

HindSlightに対応した

 

ボタンを押す30秒前の時点の映像を保存してくれているので、シャッターを押すタイミングを間違えても前に戻ってシャッターを押すことができます。

 

うっかりを防止し、より良いタイミングの画像を選べますね。

 

タイマー機能が追加された

 

1.スケジュールキャプチャーがある。

 

最大24時間前からタイムラプス、ビデオ、写真の撮影が予約できる機能です。

 

開始時間と終了時間を設定すれば、あとは勝手にカメラが撮影してくれます。

 

タイマー機能とも呼べますね。

 

2.デコレーションキャプチャーがある。

 

録画する時間を15秒から3時間の間に設定できます。

 

もちろん無制限にすることもできます。

 

消し忘れを防止できます。

 

これもタイマー機能と呼べるかな。

 

 

いろいろ便利ですね♪

 

水平維持機構が本体に内蔵された

 

GoPro HERO9は本体に内蔵された水平維持機構を使えます。(GoPro HERO8はGoProアプリより)

 

水平維持機構は左右合計90度までは水平な映像を撮影することができます。

 

カメラの傾きにそれほど神経質にならなくて済むありがたい機能です。

 

GoPro HERO8の良いところ

価格が安い

 

GoPro HERO8はGoPro HERO9よりも9,480円安い。(2020年10月4日時点楽天最安値より)

 

価格は変動するので、1つの参考にしてくださいね。

 

2020年10月4日時点楽天最安値

GoPro HERO8:43,490円

GoPro HERO9:52,970円

 

コンパクトで軽い

 

GoPro HERO8は幅で5.5mm、高さで2.2mm、奥行で5.2mm小さい。

微妙にコンパクトですね。

 

また、重さでは32g軽量です。

これまた微妙。

 

サイズ(mm)(幅x高さx奥行)

GoPro HERO8:66.3x48.6x28.4

GoPro HERO9:71.8x50.8x33.6

 

重さ

GoPro HERO8:126g

GoPro HERO9:158g

 

 

 

 

もう一度確認すると

GoPro HERO9は画質が上がりいろいろ便利になり自撮り機能が強化され、長く撮影ができるのでおすすめです。

GoPro HERO8は比較的安いのでそれほど機能などを求めないならおすすめです。

 

 

 

GoPro HERO9 Blackを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

GoPro アクションカメラ GoPro HERO9 Black CHDHX-901-FW
created by Rinker

旧型のGoPro HERO8 Blackを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

GoPro アクションカメラ GoPro HERO8 Black CHDHX-801-FW
created by Rinker

GoPro HERO9 Blackの口コミについて

 

GoPro アクションカメラ GoPro HERO9 Blackの口コミを良い口コミと悪い口コミに分けて紹介します。

 

良い口コミ

 

動画撮影用カメラとしてとても使いやすい。

4Kでも十分すぎるほどキレイ。

レンズをMaxレンズモジュラーにすれば設定によりスノーボードやBMXでもぶれない映像が撮影できる。

気持ち悪いくらいブレが抑えられている。

アクションシーンだけでなくVlog向けにも良さそう。

大雨でも安心して使える。

ライブストリーミングのカメラやWebカメラとして使うのに向いている。

歩きながらの自撮りVlogに最適なカメラ。

 

 

悪い口コミ

 

5K撮影をしていると熱暴走する。

以前の機種のアクセサリーなどが使えない。

 

 

5Kの動画撮影などをしているとセンサーやバッテリーに負担がかかって熱暴走のおそれがあるのでしょう。

 

5Kの場合は10分そこそこの撮影で済ませましょう。

 

これはという大事な時だけに使うようにすればいいですね。

 

4Kでも充分きれいでしょうから。

 

以前の機種でせっかく買ったアクセサリーが使えないのは残念ですね。

 

 

いろいろ使えそうなGoPro HERO9 Blackはみんなの注目の的ですね。

 

 

GoPro HERO9 Blackを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

GoPro アクションカメラ GoPro HERO9 Black CHDHX-901-FW
created by Rinker

旧型のGoPro HERO8 Blackを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

GoPro アクションカメラ GoPro HERO8 Black CHDHX-801-FW
created by Rinker

GoPro HERO9 Blackの仕様について

 

GoPro アクションカメラ GoPro HERO9 Blackの仕様をGoPro HERO8 Blackと対比して以下の表で示します。

 

 GoPro HERO9GoPro HERO8
タイプアクションカメラ同じ
画素数2000万画素1200万画素
液晶モニター2.27インチカラーLCD、タッチパネル、タッチズーム対応2インチモノクロLCD、タッチパネル、タッチズーム対応
前面モニター1.4インチカラーLCD(自撮り時にモニター)ステータス表示のみ
GP1チップ同じ
交換式レンズ
Maxレンズモード
防水性能10m同じ
JPEG/RAW同じ
連写レート自動、30/10、30/6、30/3、10/3、25/1、10/1、5/1、3/1自動、60/10、30/10、60/6、30/6、30/3、10/3、30/1、10/1、5/1、3/1
連続写真撮影同じ
HDR対応同じ
バースト同じ
LiveBurst同じ
自動光量調整同じ
露出コントロール同じ
夜間撮影機能同じ
ループ同じ
写真タイマー同じ
最高画質5K304K60
動画形式MP4(H.264/AVC)、MP4(H.265/HEVC)同じ
最大ビットレート100Mbps(5K/4K/2.7K)100Mbps(4K/2.7K)
プロチューン同じ
TimeWarp ビデオTimeWarp 3.0(ブレを抑える)TimeWarp 2.0
タイムラプスフォト・ビデオ同じ
ナイトラプスフォト・ビデオ同じ
スローモーション8倍同じ
音声コントロール同じ
ウェブカメラモード同じ
ライブストリーミング同じ
HindSight
スケジュールキャプチャー
デコレーションキャプチャー
手ぶれ補正機能HyperSmooth 3.0HyperSmooth 2.0
水平維持機構カメラに内臓GoProアプリを使用
Wi-Fi同じ
GPS同じ
Bluetooth同じ
GoProアプリ〇(クラウドへ自動アップロード)同じ
USB充電同じ
バッテリー着脱式1720mAhリチウムイオン電池着脱式1220mAhリチウムイオン電池
記録メディアClass 10またはUHS-I以上のmicroSDカード同じ
マウント本体に内蔵同じ
モジュラーHERO9 Black モジュラー(ライトモジュラー、メディアモジュラー、ディスプレイモジュラー)HERO8 Black モジュラー(ライトモジュラー、メディアモジュラー、ディスプレイモジュラー)
外部マイク入力3.5mmマイクアダプター(別売)同じ
内臓マイク/LED3/2同じ
インターフェイスUSB-C同じ
HDMI出力microHOMIケーブルまたは専用メディアモジュラーにて同じ
サイズ(mm)幅x高さx奥行71.0x55.0x33.666.3x48.6x28.4
重量158g126g

 

 

さて、少しだけ特徴について

 

スローモーション撮影も8倍まで。(GoPro HERO9 Black、GoPro HERO8 Black)

 

スマホとの連携が便利です。

 

GoProアプリで連携しておきましょう。

 

スマホ画面の方が大きい場合は操作がはかどります。

 

まとめ

 

GoPro アクションカメラ GoPro HERO9 BlackとGoPro HERO8 Blackの違いは

 

GoPro HERO9は

5K動画撮影ができる。

液晶モニターが大きくなりカラーになった。

前面モニターがカラーになり撮影をモニターできる。

画素数が多い。

手ぶれ補正が進化した。

長時間撮影ができる。

交換式レンズになった。

HindSlightに対応した。

タイマー機能が追加された。

水平維持機構が本体に内蔵された。

 

GoPro HERO8は

価格が安い。

コンパクトで軽い。

 

つまり

GoPro HERO9は画質が上がりいろいろ便利になり自撮り機能が強化され、長く撮影ができるのでおすすめです。

GoPro HERO8は比較的安いのでそれほど機能などを求めないならおすすめです。

 

 

GoPro HERO9の口コミは

 

動画撮影用カメラとしてとても使いやすい。

4Kでも十分すぎるほどキレイ。

レンズをMaxレンズモジュラーにすれば設定によりスノーボードやBMXでもぶれない映像が撮影できる。

気持ち悪いくらいブレが抑えられている。

アクションシーンだけでなくVlog向けにも良さそう。

大雨でも安心して使える。

ライブストリーミングのカメラやWebカメラとして使うのに向いている。

歩きながらの自撮りVlogに最適なカメラ。

 

など良い口コミが多いですね♪

 

 

GoPro HERO9 Blackを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

GoPro アクションカメラ GoPro HERO9 Black CHDHX-901-FW
created by Rinker

旧型のGoPro HERO8 Blackを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

GoPro アクションカメラ GoPro HERO8 Black CHDHX-801-FW
created by Rinker

-カメラ

執筆者:

関連記事

DC-S5とDC-S1の違いを比較!パナソニック一眼カメラ口コミ・仕様を調査

  パナソニック フルサイズミラーレス一眼カメラ「LUMIX」 DC-S5とDC-S1の違いを比較します。   一眼カメラ「LUMIX」 DC-S5の口コミ・仕様を紹介します。 & …

EOS Kiss M2とEOS Kiss Mの違いを比較!ミラーレス一眼口コミ・仕様を調査

  キャノン ミラーレス一眼カメラEOS Kiss M2とEOS Kiss Mの違いを比較します。   AF性能・操作性などを改善した 2020年11月27日発売 ミラーレス一眼カ …

Cam A Lotの口コミ評判や大きさは?Snap Cameraとの違いやメリットを比較!

Cam A Lotの口コミ評判を紹介します。   また、その大きさはどうなのか?   そして、Snap Cameraとの違いやメリットを比較します。   最近はビデオ会議 …

α7Cとα6600の違いを比較!デジタル一眼カメラ口コミ・仕様を調査

  ソニー ミラーレスデジタル一眼カメラα7C(ILCE-7C)とα6600(ILCE-6600)の違いを比較します。   デジタル一眼カメラα7Cの口コミ・仕様を紹介します。 & …

α7SⅢとα7SⅡの違いを比較!ミラーレス一眼カメラ口コミ・仕様を調査

  ソニー フルサイズミラーレス一眼カメラα7SⅢとα7SⅡの違いを比較します。   ミラーレス一眼カメラα7SⅢの口コミ・仕様を紹介します。     α7SⅢ …

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくポチッとね♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村