商品情報

いいねしたくなるものを集めました。

家電

SV18FFとSV10KSLMとの違いを比較!ダイソン口コミレビュー・仕様を調査

投稿日:2020年6月25日 更新日:

 

ダイソンスティッククリーナーDigital Slim Fluffy(SV18FF)と V8 Slim Fluffy(SV10KSLM)の違いを比較します。

 

また、ダイソンスティッククリーナーDigital Slim Fluffyの口コミ・仕様を紹介します。

 

 

ダイソンスティッククリーナーDigital Slim Fluffy(SV18FF)は、

とても軽くて、使いやすく、音も静かで、1台3役こなすことができ、しっかりゴミをとってくれるのでおすすめです。

 

 

SV18FFとSV10KSLMとの主な違いは、

 

SV18FFには今までにない高性能の「Dyson Hyperdymiumモーター」と新開発のサイクロンが搭載されていて、

 

SV10KSLMよりもよくゴミを吸いとれますし、細かなチリもよくとれます

 

付属のヘッドを付けかえれば車内などの狭いところでも使いやすいですし、

 

バッテリーも予備のバッテリーを付けかえれば長い時間つかえますよ。

 

ちなみに、液晶画面で「あと〇分バッテリーがもつ」とお知らせしてくれるのでかなり便利!ストレスなく掃除ができます^^

 

 

 

実際にSV18FFを使った人の口コミを紹介すると、

 

とても軽くて使いやすい。

吸引力が充分ある。

液晶のインジケーターでより見やすく使いやすくなった。

電源コードのからまりのストレスから解放されました。

ヘッドに毛がからんでわずらわしいことがない。

コンパクトに収納できて邪魔にならない。

 

など吸引力や使いやすさについての口コミ評判も上々です!

 

 

SV10KSLMは吸引力などがSV18FFより劣りますが、毛足の長いカーペットを掃除しないのであれば問題ない程度です。

 

「特別パワフルなのがいい!」ということでなければ、

 

約22,000円安いSV10KSLMで十分です。

 

特に一人ぐらしの方や、夫婦のみでそこまで家が汚れないという方に最適ですよ。

 

 

ダイソン Digital Slim Fluffy(SV18FF)の詳しい内容や口コミレビュー・仕様については本文をご覧ください。

 

 

こちらのリンク先で、

価格や配送日を見比べて手続きできるので

SV18FFを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

 

SV10KSLMを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

SV18FFとSV10KSLOMとの違いを比較

 

ダイソンスティッククリーナーDigital Slim Fluffy(SV18FF)とV8 Slim Fluffy(SV10KSLM)との違いをSV18FFの良い点とSV10KSLMの良い点を示して比較します。

 

 

 

 

 

ダイソンスティッククリーナーSV18FFの良い点

 

Dyson Hyperdymiumモーター搭載

小型で軽量のモーターが毎分120,000開転して、よりパワフルな吸引力を生み出します。(SV10KSLMは107,000回転)

 

高効率スクロールサイクロン搭載

より高効率の新設計のサイクロンが微細なゴミやホコリを空気から分離します。

 

1台3役のパワフルなコードレスクリーナー

付属ツールで簡単にハンディクリーナーに切替でき、様々な場所を掃除できます。

 

スティッククリーナー、ハンディクリーナー、布団クリーナーをこなします。

 

ミニモーターヘッド付属

ミニモーターヘッドは車内やベッド、布団、ソファなどにもうまく使え、そのナイロンブラシは入り込んだゴミや毛などを取り除きます。

 

液晶ディスプレイ搭載

液晶ディスプレイが、現在の吸引モードや秒単位の残りの運転時間を表示して、効率的な運用を可能にします。

 

また、フィルターのメインテナンス時期や、異物のつまりなどのトラブルもお知らせします。

 

約12%軽量

SV15FFはSV10KSLMよりも約12%軽量です。

 

大きさはほぼ同じです。

 

充電時間短縮

 

充電時間が3.5時間になり1.5時間短縮されました。(SV10KSLMは5時間)

 

着脱式バッテリー採用

ボタンひとつで簡単に予備のバッテリー(別売)と交換可能。

 

2つあれば最大80分間使用できます。

 

着脱式バッテリーは単体でも充電できます。

 

*予備のバッテリーは2020年7月下旬販売予定。

 

専用充電ドック付属

クリーナー本体やツールを収納しながら充電することができます。

 

ダストピンなどの水洗い可能

こびりついたゴミを除去するために、クリアビンやフィルター、ブラシバー、電子部品を搭載していない付属ツールはまること水洗いできます。

 

ツールグリップ付属

隙間ノズルやコンビネーションノズルを収納でき、本体パイプに装着しながら掃除できます。

 

 

ダイソンスティッククリーナーSV10KSLMの良い点

 

価格が安い

 

SV18FFよりも通常価格で22,000円安い。

 

少し吸引力が弱いことなどを我慢すれば、基本性能が似ている掃除機を安く購入できます。

 

 

それ以外でメリットは見つけられませんでした。

 

 

 

ダイソンスティッククリーナーDigital Slim Fluffy(SV18FFとても軽くて、コンパクトに収納でき、使いやすく、音も静かで、しっかりゴミをとってくれるので、

 

この値段で購入できるならお得に思えます。

 

おすすめの掃除機です。

 

 

ダイソンDigital Slim Fluffy(SV18FF)が気になる方は是非チェックしてくださいね。

ダイソンV8 Slim Fluffy(SV10KSLM)が気になる方は是非チェックしてくださいね。

ダイソンスティッククリーナーSV18FFの口コミレビューについて

 

ダイソンスティッククリーナーDigital Slim Fluffy(SV18FF)の口コミレビューについて、良い口コミと悪い口コミについて紹介します。

 

 

ダイソンスティッククリーナーDigital Slim Fluffyは、とても軽くて、コンパクトに収納でき、使いやすく、音も静かで、しっかりゴミをとってくれるのでおすすめです。

 

 

SV18FFの良い口コミ

とても軽くて使いやすい。

液晶のインジケーターでより見やすく使いやすくなった。

しっかりゴミをとることができる。

吸引力が十分ある。

音も静かになりました。

電源コードのからまりのストレスから解放されました。

ヘッドに毛がからんでわずらわしいことがない。

コンパクトに収納できて邪魔にならない。

予備のバッテリーが用意できるのが便利。

日本人のサイズによく合っている。

 

SV18FFの悪い口コミ

少し値段が高く思える。

掃除するためにはスイッチを押し続けることが必要で手が疲れる。

 

 

掃除するためにはスイッチを押し続ける必要があるのはV8 Slim Fluffy(SV10KSLM)も同じです。

それで手が疲れるかは個人差があるでしょう。

また、押したり緩めたりすることで無駄な吸引をしなくてすむとも考えられますね。

 

 

 

ダイソンスティッククリーナーDigital Slim Fluffy(SV18FFは一度使い始めると病みつきになる掃除機です。

 

とても軽くて、コンパクトに収納でき、使いやすく、音も静かで、しっかりゴミをとってくれるのでおすすめです。

 

スティッククリーナー、ハンディクリーナー、布団クリーナーの1台3役こなすこともおすすめの理由の1つです。

 

ダイソンスティッククリーナーSV18FFの仕様について

 

ダイソンスティッククリーナーDigital Slim Fluffy(SV18FF)の仕様について以下の表で紹介します。

 

 

 Digital Slim Fluffy
(SV18FF)
V8 Slim Fluffy
(SV10KSLM)
モーターHyperdymium
モーター
デジタルモーター
V8
回転数(毎分)120,000回転107,000回転
吸引モードエコ/中/強通常/強
サイクロン高効率スクロールサイクロン11個Radial Root サイクロン14個
遠心力 100,000G79,000G
フィルターフィルターユニットフィルターユニット
排気0.3ミクロンの粒子を99.97%除去0.3ミクロンの粒子を99.97%除去
運転時間40分40分
着脱バッテリー
充電時間 3.5時間5時間
液晶ディスプレイ
ダストビン水洗い
スリムフラフィクリーナーヘッド
音響工学による静音設計音響工学による静音設計
V6から50%低減
ミニモーターヘッド
ツールグリップ
衛生的なゴミ捨て真っすぐでスリムなクリアビンは、スムーズに開閉して衛生的にゴミ捨てが可能です。
ワンタッチで簡単にゴミを捨てることができます。
隙間ノズル
コンビネーションノズル
収納用ブランケット
充電ドック
サイズ
(幅x高さx奥行)

重量
250x233x1100


1.9kg
250x210x1123


2.15kg
価格(公式ぺージ)75,900円53,900円

 

以下にSV18FFとSV10KSLMに共通なものについて説明しますね。

 

隙間ノズル

狭い隙間や届きにくい場所のお掃除に便利。

 

コンビネーションノズル

先端にブラシがあり、状況によりブラシを出したりひっこめたりして使用できます。

 

衛生的なゴミ捨て機能

真っすぐでスリムなクリアビンは、スムーズに開閉して衛生的にゴミ捨てが可能です。

SV18FFは経路の直線化をしてSV10KSLMより改良されています。

 

収納用ブランケット

壁掛け式にブランケットに収納できます。

本体やツール保管しながら充電もできます。

 

まとめ

 

ダイソンスティッククリーナーDigital Slim Fluffy(SV18FF)は日本の住環境のために開発されました。

 

フローリングなどの硬い床面で高いパフォーマンスをもたらします。

 

とても軽くて、使いやすく、音も静かで、コンパクトで、1台3役こなすことができ、しっかりゴミをとってくれるのでおすすめの掃除機です。

 

ダイソンは定評のあるメーカーなので、V8 Slim Fluffy(SV10KSLM)でも十分な基本性能を持っていることになりますが、

 

どうせ買うならDigital Slim Fluffy(SV18FF)の方をおすすめします。

 

 

ダイソンDigital Slim Fluffyが気になる方は是非チェックしてくださいね。

ダイソンV8 Slim Fluffyが気になる方は是非チェックしてくださいね。

-家電

執筆者:

関連記事

ES-LV9FXとES-LV9EXの違いを比較!ラムダッシュ5枚刃口コミ・仕様を調査

  パナソニック リニアシェーバー「ラムダッシュ」5枚刃ES-LV9FXとES-LV9EXの違いを比較します。   スパッと優しく剃れると人気のラムダッシュの最上位機種5枚刃ES- …

NR-F507PXとNR-F506XPVの違いを比較!6ドア冷蔵庫口コミ・仕様を調査

  パナソニック 501L 微凍結パーシャル搭載 冷蔵庫NR-F507PXとNR-F506XPVの違いを比較します。   幅65cm ナノイーX搭載 冷蔵庫NR-F507PXの口コ …

HDK832AとHD81ARの違いを比較!ドラム式洗濯機口コミ・仕様を調査

  アイリスオーヤマドラム式洗濯機8.0kg HDK832AとHD81ARの違いを比較します。   乾燥機能付きドラム式洗濯機HDK832Aの口コミ・仕様を紹介します。 &nbsp …

MCK70XとMCK70Wの違いを比較!ダイキン加湿空気清浄機口コミ・仕様を調査

  ダイキン ストリーマ加湿空気清浄機MCK70XとMCK70Wの違いを比較します。   リビングや寝室などに最適なハイグレードタイプ ストリーマ加湿空気清浄機MCK70Xの口コミ …

INKO Heating Mat Sleep+とNA-171TMの違いを比較!口コミ・仕様を調査

  ホットマットINKO Heating Mat Sleep+とNA-171TMの違いを比較します。   インクで温める温熱ホットマットINKO Heating Mat Sleep …

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくポチッとね♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村