商品情報

いいねしたくなるものを集めました。

サウンドバー

HT-S400とHT-S350の違いを比較!ソニーサウンドバー口コミや仕様を調査

投稿日:

ソニーサウンドバーHT-S400とHT-S350の違いを比較します。

260Wハイパワーアンプ搭載して迫力ある明瞭なサウンドと臨場感あふれる音場を再現するHT-S400の口コミや仕様を紹介します。

HT-S400とHT-S350の違いは

 

HT-S400は

より迫力あるクリアな音質。

本体ディスプレイ搭載。

BRAVIAのリモコンに対応。

 

HT-S350は

価格が安い。

 

つまり

HT-S400は音質や利便性を重視するならどうぞ。

HT-S350は価格を重視するならどうぞ。

 

HT-S400の口コミは

音質がよく機能や操作のしやすくライブや映画館など実際その場にいるかのように思っています。

コスパ最高です。非常に良い音です。良い買い物でした。

などのHT-S350の口コミからも期待できます♪

 

HT-S400の口コミや仕様を含めて詳細は本文をご覧ください。

 

こちらのリンク先で

HT-S400を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ソニー 2.1chサウンドバー HT-S400 ブラック
created by Rinker

旧型のHT-S350を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ソニー 2.1chサウンドバー HT-S350 ブラック
created by Rinker

HT-S400とHT-S350の違いを比較

ソニーサウンドバーHT-S400とHT-S350の違いをそれぞれの良いところを示して比較します。

 

HT-S400は

より迫力あるクリアな音質。

本体ディスプレイ搭載。

BRAVIAのリモコンに対応。

 

HT-S350は

価格が安い。

 

それでは詳細を確認しましょう。

HT-S400の良いところ

より迫力あるクリアな音質

新開発の「X-Balanced Speaker Unit」搭載してるので、迫力の音と聞き取りやすいクリアな高音質、ひずみの少ないクリアなサウンドがもたらされます。

本体ディスプレイ搭載

動作状態を示すディスプレイを正面に搭載するので、入力・音量・BASSレベル・サウンドフィールド ON/OFF・ボイスモード ON/OFF・ナイトモード ON/OFFなどを表示してくれます。

BRAVIAのリモコンに対応

シアターシステム/サウンドバーを対象のBRAVIAに接続すれば、クイック設定にシアターシステム/サウンドバーのメニューを追加できます。

BRAVIAのリモコンで以下の操作ができるようになります。

追加可能な操作

サウンドフィールド ON/OFF
ボイスモード ON/OFF
ナイトモード ON/OFF
サブウーファー音量

 

対象のBRAVIA

A90J/A80J/X95J/X90J/X85J/X80Jシリーズ

 

それぞれのBRAVIAシリーズに興味がある方は以下の参考記事をご覧ください。

 

A90Jシリーズ

参考記事⇒XRJ-55A90JとKJ-55A9Gの違いを比較!Sony4K有機ELテレビレビューや仕様を調査

参考記事⇒XRJ-65A90JとKJ-65A9Gの違いを比較!Sony4K有機ELテレビレビューや仕様を調査

参考記事⇒XRJ-83A90JとOLED83C1PJAの違いを比較!4K液晶テレビレビューや仕様を調査

 

A80Jシリーズ

参考記事⇒XRJ-55A80JとKJ-55A8Hの違いを比較!Sony4K有機ELテレビレビューや仕様を調査

参考記事⇒XRJ-65A80JとKJ-65A8Hの違いを比較!Sony4K有機ELテレビレビューや仕様を調査

参考記事⇒XRJ-77A80JとKJ-77A9Gの違いを比較!Sony4K液晶テレビレビューや仕様を調査

 

X95Jシリーズ

参考記事⇒XRJ-65X95JとKJ-65X9500Hの違いを比較!Sony4K液晶テレビレビューや仕様を調査

参考記事⇒XRJ-75X95JとKJ-75X9500Hの違いを比較!Sony4K液晶テレビレビューや仕様を調査

参考記事⇒XRJ-85X95JとKJ-85X9500Gの違いを比較!Sony4K液晶テレビレビューや仕様を調査

 

X90Jシリーズ

参考記事⇒XRJ-50X90JとKJ-49X9500Hの違いを比較!Sony4K液晶テレビレビューや仕様を調査

参考記事⇒XRJ-55X90JとKJ-55X8550Hの違いを比較!Sony4K液晶テレビレビューや仕様を調査

参考記事⇒XRJ-65X90JとKJ-65X8550Hの違いを比較!Sony4K液晶テレビレビューや仕様を調査

参考記事⇒XRJ-75X90JとKJ-75X9500Hの違いを比較!Sony4K液晶テレビレビューや仕様を調査

 

X85Jシリーズ

参考記事⇒KJ-43X85JとKJ-43X8500Hの違いを比較!Sony4K液晶テレビレビューや仕様を調査

参考記事⇒KJ-50X85JとKJ-49X8500Hの違いを比較!Sony4K液晶テレビレビューや仕様を調査

参考記事⇒KJ-55X85JとKJ-55X8550Hの違いを比較!Sony4K液晶テレビレビューや仕様を調査

参考記事⇒KJ-65X85JとKJ-65X8550Hの違いを比較!Sony4K液晶テレビレビューや仕様を調査

参考記事⇒KJ-75X85JとKJ-75X9500Hの違いを比較!Sony4K液晶テレビレビューや仕様を調査

 

X80Jシリーズ

参考記事⇒KJ-43X80JとKJ-43X8000Hの違いを比較!Sony4K液晶テレビレビューや仕様を調査

参考記事⇒KJ-50X80JとKJ-49X8000Hの違いを比較!Sony4K液晶テレビレビューや仕様を調査

参考記事⇒KJ-55X80JとKJ-55X8000Hの違いを比較!Sony4K液晶テレビレビューや仕様を調査

参考記事⇒KJ-65X80JとKJ-65X8000Hの違いを比較!Sony4K液晶テレビレビューや仕様を調査

 

HT-S350の良いところ

価格が安い

HT-S350はHT-S400よりも約1万5千円安い。(2022年5月25日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値より)

HT-S350は型落ち品で、経年変化がよりあることを理解しておきましょう。

価格はタイミングなどで変動するので、1つの参考にしてくださいね。

 

2022年5月25日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値

HT-S400:37,983円

HT-S350:23,000円

 

 

もう一度確認すると

HT-S400は音質や利便性を重視するならどうぞ。

HT-S350は価格を重視するならどうぞ。

 

HT-S400を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ソニー 2.1chサウンドバー HT-S400 ブラック
created by Rinker

旧型のHT-S350を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ソニー 2.1chサウンドバー HT-S350 ブラック
created by Rinker

HT-S400の口コミについて

ソニーサウンドバーHT-S400の直接の口コミはまだないです。

 

旧型のHT-S350の口コミをみてみると

ソニーTVとの相性、音質、連動と満足しています。他社でも音質で良さそうな製品もありましたが結果これにしてよかったと思っています。

出典:価格.com

低音のサブウーハーはBluetooth自動接続で便利、Sony製なのでTVの電源ON/OFFにも連動しているので普段はTV以外気にする必要がないです

出典:価格.com

コスパ最高です。非常に良い音です。良い買い物でした。

出典:SONY オーナーレビュー

音質がよく機能や操作のしやすくライブや映画館など実際その場にいるかのように思っています。

出典:SONY オーナーレビュー

20畳程の部屋ですが音楽、スポーツ音、ドラマ其々の求める音に満足しています。

出典:SONY オーナーレビュー

などがあります。

音質や利便性が改善されている新型のHT-S400の口コミもより良いことが推測できます。

 

HT-S400を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ソニー 2.1chサウンドバー HT-S400 ブラック
created by Rinker

旧型のHT-S350を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ソニー 2.1chサウンドバー HT-S350 ブラック
created by Rinker

HT-S400の仕様について

ソニーサウンドバーHT-S400の仕様をHT-S350と対比して以下の表で示します。

 

 HT-S400HT-S350
タイプサウンドバー同じ
チャンネル数 2.1ch同じ
サラウンド最大出力160W130W
ウーハー最大出力100W同じ
4K伝送
8K伝送
リモコン同じ
ウーハー縦置き
DolbyDigital同じ
Dolby Atmos
DTS
DTS:X
DTS Virtual:X
HDCP2.2
自動音場補正
ハイレゾ
HDR対応
DVDプレーヤー付き
電源連動同じ
Bluetooth同じ
Bluetoothコーデック受信:SBC同じ
NFC
Wi-Fi
LAN
AirPlay2対応
Spotify対応
ワイヤレスワイヤレスサブウーハー同じ
HDMI端子出力端子:1系統(ARC対応)同じ
光デジタル端子1 系統同じ
同軸デジタル端子
USB
幅x高さx奥行mm(一体型)
一体型重量
幅x高さx奥行mm(アンプ)900x64x88同じ
アンプ重量2.4kg同じ
幅x高さx奥行mm(フロント)
フロントスピーカー重量
幅x高さx奥行mm(リア)
リアスピーカー重量
幅x高さx奥行mm(ウーハー)192x387x400190x382x390
ウーハー重量7.3 kg7.8 kg

 

それでは、その他の特徴などは以下の公式の動画をご覧ください。

まとめ

ソニーサウンドバーHT-S400とHT-S350の違いは

 

HT-S400は

より迫力あるクリアな音質。

本体ディスプレイ搭載。

BRAVIAのリモコンに対応。

 

HT-S350は

価格が安い。

 

つまり

HT-S400は音質や利便性を重視するならどうぞ。

HT-S350は価格を重視するならどうぞ。

 

HT-S400の口コミは

音質がよく機能や操作のしやすくライブや映画館など実際その場にいるかのように思っています。

コスパ最高です。非常に良い音です。良い買い物でした。

などのHT-S350の口コミからも期待できるでしょう。

 

HT-S400を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ソニー 2.1chサウンドバー HT-S400 ブラック
created by Rinker

旧型のHT-S350を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

ソニー 2.1chサウンドバー HT-S350 ブラック
created by Rinker

-サウンドバー
-

執筆者:

関連記事

HT-A7000とHT-ST5000の違いを比較!フラッグシップサウンドバー口コミや仕様を調査

  ソニー 7.1.2chサウンドバー HT-A7000とHT-ST5000の違いを比較します。   天井/壁からの音の反射と、独自のバーチャル技術が進化した没入体験を実現する7. …

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくポチッとね♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村