商品情報

いいねしたくなるものを集めました。

イヤホン

TE-BD21JとTE-BD21Fの違いを比較!完全ワイヤレスイヤホン口コミ・仕様を調査

投稿日:2020年11月25日 更新日:

 

AVOIT 完全ワイヤレスイヤホンTE-BD21JとTE-BD21Fの違いを比較します。

 

新設計のハイブリッド・トリプルドライバーを搭載した完全ワイヤレスイヤホンTE-BD21Jの口コミ・仕様を紹介します。

 

 

TE-BD21JとTE-BD21Fの主な違いは

 

TE-BD21Jは

音質が改善されている。

再生時間が長い。

Bluetooth接続性が改善されている。

外音取り込み機能がある。

タッチセンサーを採用。

 

TE-BD21Fは

マルチポイント対応。

 

つまり

TE-BD21Jは改善点が多いのでおすすめです。

TE-BD21Fは2つのデバイスを同時に使いたい場合にはどうぞ。

 

 

TE-BD21Jの口コミは

TE-BD21Fでも音質が良いとの評判だったので、

改善点が多いTE-BD21Jではより良い口コミが期待できるでしょう。

 

 

TE-BD21Jの口コミ・仕様を含めて詳細は本文をご覧ください。

 

 

 

こちらのリンク先で

TE-BD21Jを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

 

旧型のTE-BD21Fを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

TE-BD21JとTE-BD21Fの違いを比較

 

AVOIT 完全ワイヤレスイヤホンTE-BD21JとTE-BD21Fの違いをそれぞれの良いところを示して比較します。

 

TE-BD21Jは

音質が改善されている。

再生時間が長い。

Bluetooth接続性が改善されている。

外音取り込み機能がある。

タッチセンサーを採用。

装着性が良くなっている。

充電時間が短い。

 

TE-BD21Fは

マルチポイント対応。

防水性能が高い。

マルチペアリングできるデバイスが多い。

価格が安い。

 

 

それでは詳細をみていきましょう。

 

 

TE-BD21Jの良いところ

音質が改善されている

 

AVIOTの熟練エンジニアがチューニングを施し、「中高音域の情報量を増やしながら、クロスオーバー帯域での歪み感を極限まで減らすことに成功した」としています。

 

また、イヤホン内の配置などを見直し、あらゆる高度な音響技術を組み入れている。

 

音質が向上していてうれしいですね♪

 

再生時間が長い

 

イヤホン本体の再生時間が9時間になり、TE-BD21F(7時間)よりも2時間長い。

 

充電ケース込の最大再生時間は今のところ明記されていないのでハッキリしないですが

充電ケースの充電容量を考えてもTE-BD21Fの25時間より短いことは考えにくいです。

 

推測では30時間くらいではと思います。

 

ずっと聴きっぱなしなことはないと思うので、イヤホン本体だけでも1回充電で1日は充分なように思えますね。

 

充電ケースは使うことはあまりなさそうです。

 

Bluetooth接続性が改善されている

 

接続安定性を高めるQualcomm TrueWireless Mirroringを搭載しています。

音が途切れたりノイズによるストレスなく聴くことができるようになっています。

 

これは私の推測ですが、マルチポイントに対応していないことも接続性に良い影響をもたらしている可能性があります。

 

Qualcomm® aptX Adaptive™コーデックが追加されている。

電波の混雑具合や伝送データ量に応じて即座に転送ビットレートを可変し、音質を維持しながら、より高い接続安定性を実現するコーデックですが、接続デバイスの対応が必要です。

 

Bluetoothバージョンが5.2である。(TE-BD21Fは5.0)

Bluetooth 5.2はBluetooth 5.0に比べ、接続しているデバイスがどの方向にあるかとか、複数の音楽再生デバイスへの接続できるようになったり、最適な電力管理をし省エネに貢献できるようになっています。

問題は接続デバイスも対応しているかどうかです、相手が対応していなければ使えないのです。

 

 

外音取り込み機能がある

 

ユーザーの要望があったとされている外音取り込み機能が追加されている。

 

音楽などを聴いている最中に話しかけられても、いちいちイヤホンを外す必要がないので便利です。

 

タッチセンサーを採用

 

TE-BD21Fの口コミであったように、ボタン式だと耳が圧迫されるようで不快な人もいたようですので

 

TE-BD21Jはタッチセンサーになって圧迫感が改善されています。

 

装着性が良くなっている

コンパクトで軽くなっているので装着性が良くなっています。

 

サイズと重さを改善するのが装着性の一番の対策です。

 

イヤホン本体の重さ

TE-BD21J:5.2g(片耳)

TE-BD21F:5.4g(片耳)

 

充電時間が短い

 

TE-BD21Jのイヤホン本体の充電時間は約1.5時間です。

 

TE-BD21Fは約2時間なので30分短い。

 

まあ、30分程度なので問題ないかも。

 

TE-BD21Fの良いところ

マルチポイント対応

 

TE-BD21FはBluetooth接続をしているデバイスを同時に2つ使うことができます。

 

例えば、ウォークマンで音楽を聴きながら、iPhoneにかかってきた通話に出るとかです。

 

2つつないだまま使いたい人にはいいですね。

 

防水性能が高い

 

TE-BD21Fの防水性能はIPX5です。

ちょっとくらいの大雨でも安心です。

 

TE-BD21JはIPX4なので少しくらいの雨でも安心です。

 

マルチペアリングできるデバイスが多い

 

TE-BD21Fのマルチペアリングできるデバイスは7つです。

登録を解除せずに7つまでデバイスが登録できます。

 

Bluetooth接続の登録が7つできるので十分すぎるとは思います。

 

TE-BD21Jでも4つ登録できるので、私の感覚では不便はないように思います。

 

価格が安い

 

一部の色でTE-BD21Fの方が1,283円安いのがありました。(2020年11月24日時点楽天最安値より)

こちら⇩

いつまでもあるとは限らないので参考程度にとらえておいてくださいね。

 

楽天のAVIOT公式ショップではどちらも14,652円で販売されています。

最終的には公式ショップが最安値に落ち着くように思います。

 

追記:プレシードジャパンは、「AVIOT(アビオット)」製品を対象にした「冬のボーナスキャンペーン」について、11月27日から「TE-BD21f」を追加すると発表されています。AVIOT公式ストア(Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングなど)

キャンペーン特別価格9,980円(通常価格16,280円)(対象購入期間は2020年11月27日から2021年1月11日まで)

楽天のAVIOT公式では8,982円(税込)でした。TE-BD21Fが欲しい人にはチャンスですね♪

 

 

もう一度確認すると

TE-BD21Jはいろいろ改善点が多いのでおすすめです。

TE-BD21Fは雨で使う場合が多いとか、デバイスをたくさん登録したい、2つのデバイスを同時に使いたい場合にはどうぞ。

 

 

TE-BD21Jを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

AVOIT 完全ワイヤレスイヤホンTE-BD21J ブラック シルバー メタリックレッド
created by Rinker

TE-BD21Fを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

AVOIT 完全ワイヤレスイヤホンTE-BD21F ブラック シルバー バイオレット
created by Rinker

TE-BD21Jの口コミについて

 

AVOIT 完全ワイヤレスイヤホンTE-BD21Jの口コミはまだないので

TE-BD21Fの口コミから推測します。

 

 

良い口コミ

 

携帯性や音質などこの辺はよく作り込まれたイヤホンだと思います。

出典:価格.com

外れる気がしない。軽いから装着していないように思える。

出典:価格.com

他の完全ワイヤレスイヤホンでは聞こえない音が聞こえたり、目的のエレキベースの音がくっきりと聴こえてとても満足しました。

出典:Amazon

 

 

悪い口コミ

 

残念なのはワイヤレスの接続性です。

出典:価格.com

装着したままボタンを押すとイヤホンが耳に食い込むので、タッチ式にして欲しい。

出典:価格.com

 

総じて、音質が良いとの評価が多かったです。

この面は新しいTE-BD21Jでも受け継がれてより改善されているでしょう。

 

悪い点はハード面であるようです。

Bluetoothの接続性の問題であったり、イヤホン本体のボタンの具合などです。

 

TE-BD21JではBluetooth接続の面での改善がなされていますし、ボタンもタッチセンサーに変更になっている。

 

あと、ハード面では充電のことも一部であったので口コミをもとにメーカー側が対応しているかと思います。

 

TE-BD21Jはより改善されているので良い口コミが得られるでしょう。

 

 

TE-BD21Jを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

AVOIT 完全ワイヤレスイヤホンTE-BD21J ブラック シルバー メタリックレッド
created by Rinker

TE-BD21Fを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

AVOIT 完全ワイヤレスイヤホンTE-BD21F ブラック シルバー バイオレット
created by Rinker

TE-BD21jの仕様について

 

AVOIT 完全ワイヤレスイヤホンTE-BD21Jの仕様をTE-BD21Fと対比して以下の表で示します。

 

 TE-BD21JTE-BD21F
イヤホンタイプカナル型カナル型
ドライバーΦ8mmダイナミック型φ9mm ダイナミック型
感度92dB±3db91dB±3db
インピーダンス32Ω16Ω
最大入力5V/500mA5mW
搭載SoCQualcomm®社製QCC3040Qualcomm®社製QCC3020
マイクQualcomm®cVc™ 8.0ノイズキャンセリング(通話時のみ)cVc8.0 ノイズキャンセリング(通話時のみ)
防水規格IPX4IPX5
バッテリー容量イヤホン片耳50mAh / ケース500mAhイヤホン片耳 不明/ ケース500mAh
通話時間最大6時間最大5時間
再生時間最大連続9時間 本体のみ
最大連続 不明 ケース込
※apt-Xコーデックを使用した場合には、再生時間が2~3割り程度短くなります。
最大連続7時間 本体のみ
最大連続25時間 ケース込 
充電時間(イヤホン本体)1.5時間約2時間 
急速充電
対応コーデックAAC, SBC, Qualcomm® aptX™, Qualcomm® aptX Adaptive™AAC, SBC, Qualcomm® aptX™
対応プロファイルA2DP, HFP, HSP, AVRCPA2DP, HFP, HSP, AVRCP
充電ポートUSB Type CUSB Type C
Bluetooth Version5.25.0
Bluetooth マルチペアリング4デバイス7デバイス
(マルチポイント:1デバイス)
ノイズキャンセリング
外音取り込み機能
ワイヤレス充電(充電ケース)
本体重量約5.2約5.4g
ケース込重量不明約51g
付属品USB Type C ケーブル 1本
標準イヤーピース S/M/L 各サイズ1ペア
フォームイヤピースS/M/L各サイズ1ペア
ポーチ
ストラップ
ユーザーマニュアル
製品保証登録カード
USB Type C ケーブル 1本
標準イヤーチップ S/M/L 各サイズ1ペア
SpinFit CP355:SS/S/M 各サイズ1ペア
ポーチ
ストラップ
ユーザーマニュアル
製品保証登録カード

 

 

あと、2020年12月23日発売予定のピエール中野xAVIOTコラボモデルTE-BD21J-pnkも予約できます。

 

TE-BD21J-pnkは凛として時雨のドラムス・ピエール中野氏が音質やデザインなどを全面監修しています。

 

サウンド

「深く沈み込む低音域や、中央でしっかりと定位してリアリティの高い中音域、シンバルやハイハット、高音弦の倍音成分まで伸びやかに再現する高音域を実現しながら、原音に忠実かつ音楽性の高いサウンドを鳴らす」。

 

デザインとカラー

ピエール中野氏のオリジナルロゴやブラックをベースにした高級感あるデザインに仕上がっている。(専用の特別ポーチも付属)

 

ボイスガイダンス

アニメ「サイコパス」の常守朱(CV:花澤香菜)の録り下ろしボイス。

 

コラボモデルに興味のある方は以下のリンク先をチェックしてくださいね⇩

まとめ

 

AVOIT 完全ワイヤレスイヤホンTE-BD21JとTE-BD21Fの違いは

 

TE-BD21Jは

音質が改善されている。

再生時間が長い。

Bluetooth接続性が改善されている。

外音取り込み機能がある。

タッチセンサーを採用。

装着性が良くなっている。

充電時間が短い。

 

TE-BD21Fは

マルチポイント対応。

防水性能が高い。

マルチペアリングできるデバイスが多い。

価格が安い。

 

つまり

TE-BD21Jはいろいろ改善点が多いのでおすすめです。

TE-BD21Fは雨で使う場合が多いとか、デバイスをたくさん登録したい、2つのデバイスを同時に使いたい場合にはどうぞ。

 

 

TE-BD21Jの口コミは

TE-BD21Fに比べ、音質・接続性・装着性などがより改善されているので

良い口コミが得られると思います。

 

 

TE-BD21Jを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

AVOIT 完全ワイヤレスイヤホンTE-BD21J ブラック シルバー メタリックレッド
created by Rinker

TE-BD21Fを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

AVOIT 完全ワイヤレスイヤホンTE-BD21F ブラック シルバー バイオレット
created by Rinker

-イヤホン

執筆者:

関連記事

TW-E7AとTW-E5Aの違いを比較!完全ワイヤレスイヤホン口コミ・仕様を調査

  ヤマハ 完全ワイヤレスイヤホン「Empower Lifestyleシリーズ」TW-E7AとTW-E5Aの違いを比較します。   BluetoothイヤホンTW-E7Aの口コミ・ …

HA-A7TとHA-A10Tの違いを比較!完全ワイヤレスイヤホン口コミ・仕様を調査

  JVC 完全ワイヤレスイヤホンHA-A7TとHA-A10Tの違いを比較します。   JVC 完全ワイヤレスイヤホン 入門モデル HA-A7Tの口コミ・仕様を紹介します。 &nb …

ATH-SQ1TWとLiberty Air 2の違いを比較!ワイヤレスイヤホン口コミ・仕様の調査

  完全ワイヤレスイヤホン オーディオテクニカATH-SQ1TWとAnker Soundcore Liberty Air 2の違いを比較します。   オーディオテクニカATH-SQ …

LIVETW150NCとAirPods Proの違いを比較!口コミレビュー・仕様を調査

完全ワイヤレスイヤホンLIVETW150NCとAirPods Proの違いを比較します。   Nakamichi完全ワイヤレスイヤホンLIVETW150NCの口コミレビュー・仕様を紹介します …

HA-FX100TとHA-A7Tの違いを比較!完全ワイヤレスイヤホン口コミ・仕様を調査

  完全ワイヤレスイヤホンHA-FX100TとHA-A7Tの違いを比較します。   ビクターブランド初の完全ワイヤレスイヤホンHA-FX100Tの口コミ・仕様を紹介します。 &nb …

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくポチッとね♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村