商品情報

いいねしたくなるものを集めました。

家電

ACE-V080とACE-S080の違いを比較!コーヒーメーカー口コミや仕様を調査

投稿日:

 

タイガー大容量タイプコーヒーメーカーACE-V080とACE-S080の違いを比較します。

 

取っ手とレバーが抗菌加工の真空断熱ステンレスサーバー採用のACE-V080の口コミや仕様を紹介します。

 

 

ACE-V080とACE-S080の違いは

 

ACE-V080は

清潔性が向上した。

ドリップバック抽出コースが追加されました。

マイボトルへ直接ドリップOK。

 

ACE-S080は

価格が安い。

 

つまり

ACE-V080は清潔性が向上し、市販のドリップバックが使えたり、マイボトルへ直接ドリップできるのでおすすめです。

ACE-S080は価格を重視するならどうぞ。

 

 

ACE-V080の口コミは

 

普通においしく飲めています。タイガー製だからか分かりませんが、保温は結構できる感じです。

水のタンクが取り外せて洗えること。これはやはり思ってた以上に便利で、良い機能でした。水を入れる時もこのタンクを取って、浄水器の蛇口のところでジャッと入れることができるので、とっても楽です。

 

などの旧型のACE-S080の口コミからも期待できます♪

 

 

ACE-V080の口コミや仕様を含めて詳細は本文をご覧ください。

 

 

 

こちらのリンク先で

ACE-V080を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

タイガー 大容量タイプコーヒーメーカー ACE-V080 スモーキーブラック
created by Rinker

旧型のACE-S080を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

タイガー 大容量タイプコーヒーメーカー ACE-S080 カフェブラック
created by Rinker

ACE-V080とACE-S080の違いを比較

 

タイガー大容量タイプコーヒーメーカーACE-V080とACE-S080の違いをそれぞれの良いところを示して比較します。

 

ACE-V080は

清潔性が向上した。

ドリップバック抽出コースが追加されました。

マイボトルへ直接ドリップOK。

 

ACE-S080は

価格が安い。

 

 

それでは詳細を確認しましょう。

 

 

ACE-V080の良いところ

清潔性が向上した

 

清潔性の向上のために、主に手が触れる取っ手とレバー部分に、SIAA(抗菌製品技術協議会)認証の抗菌加工を施しました。

 

ドリップバック抽出コースが追加されました

 

マイルド・ストロング・アイスというコースに加えて、

 

市販のドリップバックでおいしい1杯を楽しめるように、ドリップバック抽出用の「ドリップバック」ボタンが配置されました。

 

マイボトルへ直接ドリップOK

 

フタを外した本体の高さが約17cm以下のマイボトルに直接ドリップすることができます。

 

小さいマイボトルはカップスタンドでコーヒーが飛び散りにくいようにできます。

 

水タンクにもマイボトルに入れられる量の目盛りが目安としてついています。(180・240・300・360)

 

ACE-S080の良いところ

価格が安い

 

ACE-S080はACE-V080よりも約8千円安い。(2021年8月14日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値より)

 

ACE-S080は型落ち品であることを理解しておきましょう。

 

価格はタイミングなどで変動するので、1つの参考程度にとらえておいてくださいね。

 

2021年8月14日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値

ACE-V080:14,800円

ACE-S080:7,180円

 

 

 

 

もう一度確認すると

ACE-V080は清潔性が向上し、市販のドリップバックが使えたり、マイボトルへ直接ドリップできるのでおすすめです。

ACE-S080は価格を重視するならどうぞ。

 

 

ACE-V080を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

タイガー 大容量タイプコーヒーメーカー ACE-V080 スモーキーブラック
created by Rinker

旧型のACE-S080を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

タイガー 大容量タイプコーヒーメーカー ACE-S080 カフェブラック
created by Rinker

ACE-V080の口コミについて

 

タイガー大容量タイプコーヒーメーカーACE-V080の直接の口コミはまだないです。

 

旧型のACE-S080の口コミをみてみると

 

特別凄いというところはないけれど、かなり扱いやすいです。魔法瓶も良い感じです。

出典:価格.com

普通においしく飲めています。タイガー製だからか分かりませんが、保温は結構できる感じです。

出典:価格.com

ポットの保温性がよく想像以上に満足しました。また、コーヒーが煮立つこともなく、電源も自動で切れるので良いと思います。

出典:価格.com

水のタンクが取り外せて洗えること。これはやはり思ってた以上に便利で、良い機能でした。水を入れる時もこのタンクを取って、浄水器の蛇口のところでジャッと入れることができるので、とっても楽です。

出典:価格.com

コーヒーボタンも、マイルドとストロングとアイスコーヒーとあり、アイスコーヒーはまだ使ったことがありませんが、マイルドとストロングは同じ豆でも味の違いが出て、面白いです。

出典:価格.com

 

などがあります。

 

新型のACE-V080はそこそこコーヒーを楽しめる製品のように思えますね。

 

 

ACE-V080を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

タイガー 大容量タイプコーヒーメーカー ACE-V080 スモーキーブラック
created by Rinker

旧型のACE-S080を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

タイガー 大容量タイプコーヒーメーカー ACE-S080 カフェブラック
created by Rinker

ACE-V080の仕様について

 

タイガー大容量タイプコーヒーメーカーACE-V080の仕様をACE-S080と対比して以下の表で示します。

 

 

 ACE-V080ACE-S080
容量1.08L(コーヒーカップ約8杯)同じ
サーバーステンレス製(真空断熱構造、ワンプッシュせん分解して丸洗い可)同じ
全自動
できあがり時間マイルド:約6~9分、ストロング:約8.5~11分マイルド:約6.5~14.5分、ストロング:約9~25分
マイコン深蒸しドリップ/シャワードリップ同じ
市販ドリップバック使用専用コース
マイボトルへ直接ドリップ
テイストセレクト      (マイルド・ストロング・アイスを選択)同じ
深リブフィルター 同じ
着脱式水タンク(目盛り付き)同じ
クエン酸洗浄コース
オートオフ機能同じ
消費電力750W同じ
電源コード1.25m同じ
本体寸法(約cm)
幅×奥行×高さ
28.0×17.4×34.5同じ
本体質量(約kg)2.72.8
色柄スモーキーブラック(-KM)カフェブラック(-KQ)
付属品計量スプーン、ペーパーフィルター(2枚)、カップスタンド計量スプーン、ペーパーフィルター(2枚)

 

 

それではその他の主な特徴などを紹介します。

 

マイコン深蒸しドリップ&シャワードリップ

 

旨みをしっかり抽出します。

 

 

深リブフィルター

 

リブを深くしたフィルターケースで奥深くコクのある味わいを抽出します。

 

 

着脱式水タンク

 

給水やお手入れも簡単。

 

 

真空断熱ステンレスサーバー

 

煮詰まりを防ぎ、風味、香りを逃さず省工ネ保温できます。また保冷効力も高く、アイスコ一ヒ一は冷たいままにできます。

結露しないのでそのまま卓上に置いてもぬれる心配がありません。

 

 

サーバーの内面加工は、汚れもニオイも抑制できます。

 

 

サーバーのふたは分解して洗えるので、いつも清潔にできます。

 

まとめ

 

タイガー大容量タイプコーヒーメーカーACE-V080とACE-S080の違いは

 

ACE-V080は

清潔性が向上した。

ドリップバック抽出コースが追加されました。

マイボトルへ直接ドリップOK。

 

ACE-S080は

価格が安い。

 

つまり

ACE-V080は清潔性が向上し、市販のドリップバックが使えたり、マイボトルへ直接ドリップできるのでおすすめです。

ACE-S080は価格を重視するならどうぞ。

 

 

ACE-V080の口コミは

 

普通においしく飲めています。タイガー製だからか分かりませんが、保温は結構できる感じです。

水のタンクが取り外せて洗えること。これはやはり思ってた以上に便利で、良い機能でした。水を入れる時もこのタンクを取って、浄水器の蛇口のところでジャッと入れることができるので、とっても楽です。

 

などの旧型のACE-S080の口コミからも期待できるでしょう。

 

ACE-V080を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

タイガー 大容量タイプコーヒーメーカー ACE-V080 スモーキーブラック
created by Rinker

旧型のACE-S080を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

タイガー 大容量タイプコーヒーメーカー ACE-S080 カフェブラック
created by Rinker

-家電

執筆者:

関連記事

AW-6DH1とAW-6G9の違いを比較!toshiba全自動洗濯機口コミ・仕様を調査

  toshiba 全自動洗濯機「ZABOON」コンパクトタイプ AW-6DH1とAW-6G9の違いを比較します。   コンパクトタイプ全自動洗濯機「ZABOON」ウルトラファイン …

SD-MDX4とSD-MDX102の違いを比較!ホームベーカリー口コミや仕様を調査

  パナソニックホームベーカリーSD-MDX4とSD-MDX102の違いを比較します。   生食パンも、低糖質パンも、おまかせでおいしく。ふっくら匠技ブレッド。ホームベーカリーBi …

EH-KN7GとEH-KN7Bの違いを比較!くるくるドライヤー口コミや仕様を調査

  パナソニックくるくるドライヤーナノケアEH-KN7GとEH-KN7Bの違いを比較します。   「ナノイー」で髪と地肌をいたわりながら、お手軽に美しくスタイリングできるEH-KN …

NP-GK05とNP-GJ05の違いを比較!象印IH炊飯ジャー口コミ・仕様を調査

  象印IH炊飯ジャーNP-GK05とNP-GJ05の違いを比較します。   3合IH炊飯ジャー「極め炊き」NP-GK05の口コミ・仕様を紹介します。     …

CV-NH140とF-YHTX120の違いを比較!衣類乾燥除湿機口コミや仕様を調査

  ハイブリッド方式衣類乾燥除湿機CV-NH140とF-YHTX120の違いを比較します。   シャープのフラッグシップモデルプラズマクラスター25000搭載、ハイブリッド方式衣類 …

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくポチッとね♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村