商品情報

いいねしたくなるものを集めました。

テレビ

65X9900Lと65X9400Sの違いを比較!4K有機ELレグザ口コミや仕様を調査

投稿日:

東芝 65V型タイムシフトマシン4K有機ELレグザ65X9900Lと65X9400Sの違いを比較します。

レグザ有機EL史上、最高の輝度と引き締まった黒、新世代有機ELパネル搭載のレグザ最高峰モデル「X9900Lシリーズ」65X9900Lの口コミや仕様を紹介します。

65X9900Lと65X9400Sの主な違いは

 

65X9900Lは

より画質が進化した。

よりサウンドが進化した。

動画配信サービスへのダイレクトボタンが充実。

ゲームをより楽しめる。

 

65X9400Sは

価格が安い。

ハンズフリーレグザボイス採用。

2画面表示ができる。

スマートスピーカー連携。

 

つまり

65X9900Lは画質・音質・ゲームなどを重視するならどうぞ。

65X9400Sは価格などを重視するならどうぞ。

 

65X9900Lの口コミは

素晴らしいです。鮮やかで、黒が本当に黒い。視野角が広いのも助かります。

ドラマ等で役者のアップ等が映ったとき、美肌のよりリアリティを感じました。

などの65X9400Sの口コミからも期待できます♪

 

65X9900Lの口コミや仕様を含めて詳細は本文をご覧ください。

 

こちらのリンク先で

65X9900Lを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

TOSHIBA 4Kチューナー内蔵 65V型有機ELテレビ タイムシフトマシン搭載 REGZA 65X9900L
created by Rinker

旧型の65X9400Sを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

TOSHIBA 4Kチューナー内蔵 65V型有機ELテレビ タイムシフトマシン搭載 REGZA 65X9400S
created by Rinker

65X9900Lと65X9400Sの違いを比較

東芝 65V型タイムシフトマシン4K有機ELレグザ65X9900Lと65X9400Sの違いをそれぞれの良いところを示して比較します。

 

65X9900Lは

より画質が進化した。

よりサウンドが進化した。

動画配信サービスへのダイレクトボタンが充実。

ゲームをより楽しめる。

 

65X9400Sは

価格が安い。

ハンズフリーレグザボイス採用。

2画面表示ができる。

スマートスピーカー連携。

SeeQVault™対応。

HDMI端子が多い。

同軸デジタル音声出力端子がある。

外部スピーカー端子がある。

シンクロドライブ対応。

 

それでは詳細を確認しましょう。

65X9900Lの良いところ

より画質が進化した

人間の感性を持ったかのような映像解析能力を備えたより進化した最新のハードウェアAIエンジン「レグザエンジンZRα」を搭載しています。

 

進化した「美肌AIフェイストーンZRα」がより自然な人肌表現をもたらします。

 

進化した「ネット動画AIビューティZRα」がなめらかで高画質なネット動画をもたらします。

 

進化した「地デジAIビューティZRα」が地デジやBS・CSなどのさまざまなノイズを低減しくっきり見やすい映像をもたらします。

 

新世代レグザ専用高コントラスト有機ELパネル

高冷却インナープレートとの組み合わせで、これまでよりも約1.2倍の輝度アップを実現しています。

 

ディープブラックコントロールPRO」が輝く白と黒の締まりを両立し、高コントラストを実現しています。

 

3次元カラーリマスターZRα」がより自然で鮮やかな色彩を高精度に再現します。

よりサウンドが進化した

重低音立体音響システムXHR

新たに開発した10個のスピーカーを90Wの10個のアンプで駆動。センターにもスピーカーを配置して、より自然な音像が画面から聞こえてきます

さらにリアルな音場空間を再現するハイレゾオーディオに対応。迫力のライブ演奏から息づかいまで表現し、サウンドでも深い没入感を味わえます

 

立体音響技術「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」にも対応しています。映画館のような立体的で迫力のあるサウンドを楽しめます

動画配信サービスへのダイレクトボタンが充実

リモコンの上部に配置されたボタンはかんたんに動画配信サービスへダイレクトにアクセスできます

My.Choice1・2ボタンにはお気に入りの動画配信サービスなどのショートカットを登録することもできます。

ゲームをより楽しめる

映像遅延時間短縮で、画像処理の遅延時間を、驚きの約0.83msecに短縮。対戦格闘ゲームなどボタンを押すタイミングが重要なゲームを快適にプレイできます。

 

4K/120P入力対応で、最新ゲーム機やゲーミングPCの4K/120P出力に対応し、早い動きも滑らかに再現します。

 

VRR(バリアブル・リフレッシュ・レート)対応で、映像のちらつきやカクツキを軽減し描画ずれのない滑らかな映像でゲームが楽しめます

 

オートゲームアジャスト機能で、ゲームやゲーム機の種類ごとに設定変更をしなくても、最適な映像にレグザが自動調整。より美しく楽しむことができます。

65X9400Sの良いところ

価格が安い

65X9400Sは65X9900Lよりも約19万円安い。(2022年6月19日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値より)

65X9400Sは型落ち品で、経年変化がよりあることを理解しておきましょう。

価格はタイミングなどで変動するので、1つの参考にしてくださいね。

 

2022年6月19日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値

65X9900L:489,720円

65X9400S:298,601円

ハンズフリーレグザボイス採用

テレビに向かって「オッケーレグザ」と話しかけることで、テレビ本体内蔵のマイクを利用してテレビを操作できます

リモコンが近くにない時は便利です。

リモコンでもリモコン内蔵のマイクで便利な音声操作が別でできるので、その分はX9900Lシリーズと同等です。

2画面表示ができる

 

こちらをご覧ください。

 

スマートスピーカー連携

「OK Google」搭載スピーカー、Amazon Alexa 搭載デバイス、LINE CLOVA 搭載スピーカーに対応していて、それらのスマートスピーカーとインターネットへの接続でレグザの様々な操作を音声でできます

出かけるときのテレビを消すなどは便利に思います。

SeeQVault™対応

 

こちらをご覧ください。

 

HDMI端子が多い

多いということは良いことだけど、あなたは7個までいりますか?

 

HDMI端子数

65X9900L:4(eARC/ARC)

65X9400S:7(オーディオリターンチャンネル、コンテントタイプ連動対応)

同軸デジタル音声出力端子がある

最近では、HDMI端子が便利で主流になっているので、あまりメリットはなさそうです、だから新型では採用してないのかも。

古い同軸デジタル音声出力端子のみの機器とつなぐ時には重宝するかもしれません。

外部スピーカー端子がある

20W+20W(6Ω)の外部スピーカー専用の高効率デジタルアンプを搭載しています。

付属のリモコンでも音質調整が可能です。

アンプなどではなく、外部スピーカーをつなぎたい時には便利です。

シンクロドライブ対応

別売りのレグザサウンドシステム「RSS-AZ55」を接続すれば、本体とシンクロして音声が出力され、ライブや映画などの映像をより迫力ある繊細で豊かな重低音で楽しめます

音声設定もテレビのリモコンできめ細かな音質調整ができます。

レグザサウンドシステム RSS-AZ55
created by Rinker

 

 

もう一度確認すると

65X9900Lは画質・音質・ゲームなどを重視するならどうぞ。

65X9400Sは価格などを重視するならどうぞ。

 

65X9900Lを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

TOSHIBA 4Kチューナー内蔵 65V型有機ELテレビ タイムシフトマシン搭載 REGZA 65X9900L
created by Rinker

旧型の65X9400Sを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

TOSHIBA 4Kチューナー内蔵 65V型有機ELテレビ タイムシフトマシン搭載 REGZA 65X9400S
created by Rinker

65X9900Lの口コミについて

東芝 65V型タイムシフトマシン4K有機ELレグザ65X9900Lの直接の口コミはまだないです。

 

旧型の65X9400Sの口コミをみてみると

素晴らしいです。鮮やかで、黒が本当に黒い。視野角が広いのも助かります。

出典:価格.com

ドラマ等で役者のアップ等が映ったとき、美肌のよりリアリティを感じました。

出典:価格.com

レグザパワーオーディオX-PROⅡ搭載なんで、ホームシアタースピーカーは不要かもです。

出典:価格.com

やはり有機ELは良いですね。画面大きすぎかと心配しましたが、特に目が疲れることも無く、大きさにすぐに慣れてしまいました。

出典:ビックカメラ.com

ゲームを起動時ゲームモードになるように設定することで、ゲーム起動時に動作遅延しなくなります。全体の色味は有機ELになったことから液晶より”暗く”感じますが、それも最初だけです。HDR10対応ゲームをプレイしていると、演出によってHDRのメリハリが出てきます。4Kももちろん対応していることからPS5やXboxでもきれいな映像が楽しめます。

出典:yodobashi.com

などがあります。

新型の65X9900Lは画質・音質・ゲームなどが改善されているので、口コミも想像できます。

 

65X9900Lを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

TOSHIBA 4Kチューナー内蔵 65V型有機ELテレビ タイムシフトマシン搭載 REGZA 65X9900L
created by Rinker

旧型の65X9400Sを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

TOSHIBA 4Kチューナー内蔵 65V型有機ELテレビ タイムシフトマシン搭載 REGZA 65X9400S
created by Rinker

65X9900Lの仕様について

東芝 65V型タイムシフトマシン4K有機ELレグザ65X9900Lの仕様を65X9400Sと対比して以下の表で示します。

 

 65X9900L65X9400S
画面サイズ65V型同じ
パネル方式4K有機ELパネル同じ
画素数(水平×垂直)3840×2160 [4Kパネル]同じ
画面寸法(cm)
幅×高さ/対角
142.8×80.4/163.9同じ
質量(kg)
(卓上スタンド含む/本体のみ)
29.5/28.546.0/31.9
消費電力 定格動作時(リモコン待機時/機能動作時)542W(0.5W/25W)517W(0.4W/47W)
年間消費電力量
(省エネ基準達成率) 
316kWh/年(参考値)240kWh/年(参考値)
チューナー新4K衛星放送 2
地上デジタル 9
BS・110度CSデジタル 3
同じ
映像処理エンジンレグザエンジンZRαダブルレグザエンジン Cloud PRO
4K有機ELパネル同じ
4K高画質AI超解像同じ
美肌高画質美肌AIフェイストーンZRαナチュラル美肌トーン
地デジ高画質AI超解像/地デジAIビューティZRα地デジAIビューティPROⅡ
ネット動画高画質ネット動画AIビューティZRαネット動画ビューティPROⅡ
HDR高画質AI HDRオプティマイザーZRαAI HDRオプティマイザー
HDR対応HDR 10+ ADAPTIVE/HDR 10/HLG HDR/DOLBY VISION IQHDR 10+ADAPTIVE/HDR 10+/DOLBY VISION /HDR 10/HLG HDR
広色域復元3次元カラーリマスターZRα広色域復元PRO
カラーイメージコントロール64色軸同じ
おまかせAIピクチャーおまかせAIピクチャーZR αおまかせAIピクチャーⅡ
倍速対応同じ
動画応答性4K倍速パネル
4K OLEDクリアダイレクトモーション
タイムシフトマシン[過去番組表] 同じ
始めにジャンプ同じ
ざんまいスマートアクセス〇(ボイス機能)同じ
タイムシフトリンク同じ
おまかせ録画同じ
USBハードディスク録画「4Kダブルチューナーウラ録」
「BSも地デジも3チューナーW録」対応
同じ
SeeQVault™対応
簡単連ドラ予約同じ
Wマジックチャプター同じ
みるコレ同じ
ゲーム機能有機EL瞬速ゲームモード同じ
ネット動画同じ
まるごとチャンネル同じ
レグザリンク・ダビング同じ
家庭内LAN動画配信(DTCP-IP対応)レグザリンク・シェア同じ
家庭内LAN動画視聴(DTCP-IP対応)レグザリンク・シェア同じ
レグザリンク・コントローラ同じ
高速レグザ番組表〇(4K解像度対応)同じ
ダブルウィンドウ
レグザボイス/Alexa機能ー/ー〇/ー
スマートスピーカー連携
音響システムレグザ重低音立体音響システムXHRレグザパワーオーディオX-PROⅡ
シンクロドライブ対応
マルチアンプ駆動同じ
レグザサウンドプロセスVIR同じ
音声実用最大出力(JEITA)90W (10W+10W+10W+10W+5W+5W+5W+5W+20W+10W)142W (12W+12W+12W+12W+12W+12W+15W+15W+20W+20W)(非同時出力)
スピーカー(個数)フルレンジ:2個
ツィーター:2個
サイドツィーター2個
トップツィーター:2個
ウーファー:1個、スクリーンスピーカー:1個
フルレンジ:4個
ツィーター:2個
トップツィーター:2個
ウーファー:2個
HDMI®入力端子[1080p(60p/24p)入力対応]4(eARC/ARC)7(オーディオリターンチャンネル、コンテントタイプ連動対応)
HDMI®4K入力対応〇[3840×2160:120P/60P/30P/24P 4096×2160:60P/30P/24P]〇[3840×2160:60P/30P/24P 4096×2160:30P/24P]
ビデオ入力端子(映像入力/音声入力)映像:1/音声:1[L・R]同じ
HDMI®アナログ音声入力端子1(ビデオ入力端子(音声入力)1系統と兼用)
アナログ音声出力端子1(ヘッドホン端子兼用)
光デジタル音声出力端子1同じ
同軸デジタル音声出力端子1
外部スピーカー端子1
LAN端子[10BASE-T/100BASE-TX]1同じ
USB端子4(タイムシフトマシン専用2/通常録画専用1/汎用1)同じ
ヘッドホン端子11(アナログ音声出力端子兼用)
無線LAN内蔵IEEE802.11a/b/g/n/ac同じ
ファンレス設計同じ
クリア音声同じ
色温度センサー(RGBセンサー)同じ
付属品単四形乾電池(2本)、レグザリモコン単四形乾電池(2本)、レグザリモコン、変換ケーブル(ビデオ入力端子用)
転倒防止用クリップ2同じ
転倒防止用ネジ(長)12
転倒防止用ネジ(短)1同じ
転倒防止用バンド1同じ

 

それでは、特徴などは以下の公式の動画をご覧ください。

 

タイムシフトマシン4K有機ELレグザ 「X9900Lシリーズ」にはこの記事の65V型と55V型があります。

55X9900L(55V型 X9900Lシリーズ)

TOSHIBA 4Kチューナー内蔵 55V型有機ELテレビ タイムシフトマシン搭載 REGZA 55X9900L
created by Rinker

参考記事⇒

 

旧型の65X9400Sについては以下の参考記事をご覧ください。

参考記事⇒65X8900Kと65X9400Sの違いを比較!4K有機ELレグザ口コミや仕様を調査

まとめ

東芝 65V型タイムシフトマシン4K有機ELレグザ65X9900Lと65X9400Sの主な違いは

 

65X9900Lは

より画質が進化した。

よりサウンドが進化した。

動画配信サービスへのダイレクトボタンが充実。

ゲームをより楽しめる。

 

65X9400Sは

価格が安い。

ハンズフリーレグザボイス採用。

2画面表示ができる。

スマートスピーカー連携。

 

つまり

65X9900Lは画質・音質・ゲームなどを重視するならどうぞ。

65X9400Sは価格などを重視するならどうぞ。

 

65X9900Lの口コミは

素晴らしいです。鮮やかで、黒が本当に黒い。視野角が広いのも助かります。

ドラマ等で役者のアップ等が映ったとき、美肌のよりリアリティを感じました。

などの65X9400Sの口コミからも期待できるでしょう。

 

65X9900Lを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

TOSHIBA 4Kチューナー内蔵 65V型有機ELテレビ タイムシフトマシン搭載 REGZA 65X9900L
created by Rinker

旧型の65X9400Sを検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

TOSHIBA 4Kチューナー内蔵 65V型有機ELテレビ タイムシフトマシン搭載 REGZA 65X9400S
created by Rinker

-テレビ
-

執筆者:

関連記事

50Z670Kと50Z740XSの違いを比較!4K液晶レグザ口コミや仕様を調査

  TOSHIBA 4K液晶レグザ 50V型 50Z670Kと50Z740XSの違いを比較します。   圧倒的な高画質と、臨場感あふれるクリアなサウンド、驚きと感動をリビングに4K …

8T-C85DX1と8T-C80AX1の違いを比較!8K液晶テレビ口コミや仕様を調査

  AQUOS 8K液晶テレビ8T-C85DX1と8T-C80AX1の違いを比較します。   かつてない臨場感を実現する、XLEDエックスレッド技術搭載8Kテレビ DX1ライン85 …

TH-55LX950とTH-55JX950の違いを比較!4K液晶テレビ口コミや仕様を調査

パナソニック 4Kダブルチューナー内蔵ビエラ TH-55LX950とTH-55JX950の違いを比較します。 LX950シリーズ55V型 明るく色鮮やかな映像と立体音響で楽しめる、充実の液晶最上位モデ …

UN-19F11とUN-19F10の違いを比較!パナソニックポータブルテレビ口コミや仕様を調査

  パナソニック ポータブルテレビ「プライベート・ビエラ」スタンダードモデル(非防水)UN-19F11とUN-19F10の違いを比較します。   在宅ワークの外付けモニターとしても …

UN-19FB10HとUN-19FB10の違いを比較!パナソニックポータブルテレビ口コミや仕様を調査

  パナソニック ポータブルテレビ「プライベート・ビエラ」スタンダードモデル(非防水)UN-19FB10HとUN-19FB10の違いを比較します。   インターネット動画配信サービ …

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくポチッとね♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村