商品情報

いいねしたくなるものを集めました。本ページはプロモーションが含まれています。

衣類スチーマー

CSI-RX50とCSI-RX3の違いを比較!日立衣類スチーマー口コミや仕様を調査

投稿日:

日立クロスラインスチームタイプ衣類スチーマーCSI-RX50とCSI-RX3の違いを比較します。

一度の給水でたっぷりスチームが使えてラクラクシワ伸ばしできるCSI-RX50の口コミや仕様を紹介します。

CSI-RX50とCSI-RX3の違いは

 

CSI-RX50は

スチーム量が増えた。

スチーム時間も増えた。

 

CSI-RX3は

価格が安い。

 

つまり

CSI-RX50はスチーム機能を重視するならどうぞ。

CSI-RX3は価格を重視するならどうぞ。

 

CSI-RX50の口コミは

スチームが強いので、襟につかっていたキーピングも最近はご無沙汰です。

使いやすくて余熱時間が短い。前と比べて、連続スチームがついて便利になった。

などのCSI-RX3の口コミからも期待できます♪

 

CSI-RX50の口コミや仕様を含めて詳細は本文をご覧ください。

 

こちらのリンク先で

CSI-RX50を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

日立衣類スチーマー クロスラインスチームタイプ CSI-RX50 オフホワイト
created by Rinker

CSI-RX3を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

日立衣類スチーマー クロスラインスチームタイプ CSI-RX3 ホワイト・オニキスブラック
created by Rinker

CSI-RX50とCSI-RX3の違いを比較

日立クロスラインスチームタイプ衣類スチーマーCSI-RX50とCSI-RX3の違いをそれぞれの良いところを示して比較します。

 

CSI-RX50は

スチーム量が増えた。

スチーム時間も増えた。

 

CSI-RX3は

価格が安い。

 

それでは詳細を確認しましょう。

CSI-RX50の良いところ

スチーム量が増えた

平均スチーム量も約14g/分になり、CSI-RX3(約13g/分)よりも増えました。

また、スチーム温度調節も中温が約140℃となり、CSI-RX3(約135℃)より5℃上がりました。

かけ面温度調節も低温が約110℃で、CSI-RX3(約100℃)より10℃上がり、中温が約140℃で、CSI-RX3(約135℃)より5℃上がっています。

誤差範囲だとは思いますが。

 

スチーム温度調節

CSI-RX50:中:約140℃/高:約170℃

CSI-RX3:中:約135℃/高:約170℃

かけ面温度調節

CSI-RX50:低:約110℃/中:約140℃/高:約170℃

CSI-RX3:低:約100℃/中:約135℃/高:約170℃

スチーム時間も増えた

水タンク容量が130mlになり、CSI-RX3(80ml)よりも50ml増えました。

スチーム量も増えてるけど、タンク容量がそれをカバーするくらい増えているので、スチーム持続時間が連続約9分となり、CSI-RX3(連続約5分30秒)よりも3分30秒長くなっています。

CSI-RX3の良いところ

価格が安い

CSI-RX3はCSI-RX50よりも約8千円安い。(2023年3月11日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値より)

従来品のCSI-RX3は、発売が古いため経年変化がよりあることを理解しておきましょう。

価格はタイミングなどで変動するので、1つの参考にしてくださいね。

 

2023年3月11日時点Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング最安値

CSI-RX50:13,800円

CSI-RX3:5,991円(ホワイト)

CSI-RX3:5,500円(オニキスブラック)

コードが長い

コードの長さが2.5mあり、CSI-RX50(2.3m)よりも20cm長いです。

まあ、2.3mあれば十分だとは思います。

 

 

もう一度確認すると

CSI-RX50はスチーム機能を重視するならどうぞ。

CSI-RX3は価格を重視するならどうぞ。

 

CSI-RX50を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

日立衣類スチーマー クロスラインスチームタイプ CSI-RX50 オフホワイト
created by Rinker

CSI-RX3を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

日立衣類スチーマー クロスラインスチームタイプ CSI-RX3 ホワイト・オニキスブラック
created by Rinker

CSI-RX50の口コミについて

日立クロスラインスチームタイプ衣類スチーマーCSI-RX50の直接の口コミはまだないです。

 

CSI-RX3の口コミをみてみると

洗濯後のニットも軽くスチームを当てながらアイロンするとシワが伸びるので活躍しますし、ハンガーにかけたままアイロン用のミトンを併用して簡単なシワのばしもできるので重宝しています。

出典:価格.com

スチームが強いので、襟につかっていたキーピングも最近はご無沙汰です。

出典:価格.com

使いやすくて余熱時間が短い。前と比べて、連続スチームがついて便利になった。

出典:価格.com

もう少し軽い方がいいですが、普通にアイロンとしても使う事を考えるとこの辺が妥協点かと。

出典:価格.com

ボタンを押すと1分間スチームが出続けるのは地味に嬉しい。

出典:価格.com

などがあります。

スチームもより強く長く使えるCSI-RX50の口コミも想像できます。

 

CSI-RX50を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

日立衣類スチーマー クロスラインスチームタイプ CSI-RX50 オフホワイト
created by Rinker

CSI-RX3を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

日立衣類スチーマー クロスラインスチームタイプ CSI-RX3 ホワイト・オニキスブラック
created by Rinker

CSI-RX50の仕様について

日立クロスラインスチームタイプ衣類スチーマーCSI-RX50の仕様をCSI-RX3と対比して以下の表で示します。

 

 CSI-RX50
CSI-RX3
タイプ衣類スチーマー同じ
ハンガーアイロン(ハンガーショット)同じ
オートオフ同じ
プレス機能同じ
海外対応
全方位対応
立ち上がり時間約30秒同じ
折りたたみ
かけ面温度調節低:約110℃/中:約140℃/高:約170℃低:約100℃/中:約135℃/高:約170℃
かけ面素材セラミック系同じ
消費電力(W)950同じ
収納ケース(袋)
水タンク容量(ml)13080
スチーム温度調節中:約140℃/高:約170℃中:約135℃/高:約170℃
スチーム量平均:約14g/分平均:約13g/分
スチーム持続時間連続約9分連続約5分30秒
カセット式給水タンク
スプレー
脱臭同じ
除菌同じ
水漏れ予防
コード同じ
コード長さ(m)2.32.5
コードリール式
コードリール式(置き台)
外形寸法cm
(幅x高さx長さ)
本体:18×13×8.5cm 収納時(スタンド含む):18.6×15.6×11.3cm同じ
重量(g)
(本体:スタンド含まず)
690同じ

 

それでは、その他の主な特徴を紹介します。

 

充実のアイロン機能

素材に合わせてかけ面の温度が3段階(低:約110℃/中:約140℃/高:約170℃)に調節可能。

スチームも素材に合わせて2段階(約140℃/高:約170℃)に調整できます。

 

ブラシアタッチメント

低温表示の衣類でもあて布なしで簡単。

 

クロスラインスチーム

無駄なく広範囲にスチームを放出します。

まとめ

日立クロスラインスチームタイプ衣類スチーマーCSI-RX50とCSI-RX3の違いは

 

CSI-RX50は

スチーム量が増えた。

スチーム時間も増えた。

 

CSI-RX3は

価格が安い。

 

つまり

CSI-RX50はスチーム機能を重視するならどうぞ。

CSI-RX3は価格を重視するならどうぞ。

 

CSI-RX50の口コミは

スチームが強いので、襟につかっていたキーピングも最近はご無沙汰です。

使いやすくて余熱時間が短い。前と比べて、連続スチームがついて便利になった。

などのCSI-RX3の口コミからも期待できるでしょう。

 

CSI-RX50を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

日立衣類スチーマー クロスラインスチームタイプ CSI-RX50 オフホワイト
created by Rinker

CSI-RX3を検討しているあなたはぜひチェックしてくださいね。⇩

日立衣類スチーマー クロスラインスチームタイプ CSI-RX3 ホワイト・オニキスブラック
created by Rinker

-衣類スチーマー
-

執筆者:

関連記事

TAS-MX6とTAS-X6の違いを比較!コードレス衣類スチーマー口コミや仕様を調査

東芝コードレス衣類スチーマー「La・Coo S」TAS-MX6とTAS-X6の違いを比較します。 コードを気にせず思いのままに。連続スチームでサッとシワのばしできるTAS-MX6の口コミや仕様を紹介し …

NI-FS770とNI-FS760の違いを比較!衣類スチーマー口コミや仕様を調査

  パナソニック衣類スチーマー大容量・360°スチームモデルNI-FS770とNI-FS760の違いを比較します。   さらにパワフル&スピーディーに、ガンコなシワ・ニオイもしっか …

NI-FS790とNI-FS780の違いを比較!衣類スチーマー口コミや仕様を調査

パナソニック衣類スチーマー大容量・360°スチームモデルNI-FS790とNI-FS780の違いを比較します。 時短でしっかり手軽にケア 2WAYタイプ NI-FS790の口コミや仕様を紹介します。 …

CSI-RX70とCSI-RX50の違いを比較!日立衣類スチーマー口コミや仕様を調査

日立衣類スチーマーCSI-RX70とCSI-RX50の違いを比較します。 「プレスアタッチメント」で手軽にプレス仕上げもできるCSI-RX70の口コミや仕様を紹介します。 CSI-RX70とCSI-R …

NI-FS40AとNI-FS430の違いを比較!衣類スチーマー口コミや仕様を調査

パナソニック衣類スチーマーコンパクトモデルNI-FS40AとNI-FS430の違いを比較します。 手のひら感覚で軽々とケア 2WAYタイプ 衣類スチーマーNI-FS40Aの口コミや仕様を紹介します。 …

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくポチッとね♪


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村